芸能・アイドル

話題が尽きないのか、話題を振りまきたいのか

かつて「女子高生のカリスマ」と賛辞された女性アーティストの離婚発表が話題になっていますね。
私はこの方の音楽にさほどの影響は受けませんでした。が、以前に藤原紀香さん、大沢たかおさんが出演されていたドラマの主題歌を歌われていた、ということで印象に残っています。

職場近所のディスクショップを覗くと 当時は彼女の作品がヒット商品として平積みに棚を飾っていましたが、楽曲にしても、当該アーティストの容姿にしても 買うほどに魅力を感じなかったので そのままスルーしていました。

「耳が聞こえなくなった」ですとか「お姉さんみたいな知人の死」を、故意か過失か存じませんが「姉の死」と誤認させるような発言をして一部のユーザーからは「上から目線だ」と批判されたりもしていました。一昨年の国営放送の音楽番組にはウエディングドレスで出演されたそうですね。

しかしながら一時の勢いというのが失せたのか 最近ではニュートラルな感情を持っている方たちも批判的なスタンスをとっているようです。

申し訳ありませんがマスコミを介して話題を振りまきすぎですね。

離婚という個人の事情を
マスコミが嗅ぎつけたのですか?
違いますよね?
マスコミにリリースしたんですよね?
リリースする必然性はないと思いますけど
自分からカミングアウトすることで脚光を浴びたんですよね?
東日本大震災を理由に離婚の決意をした(少なくとも震災を遠因にしている)云々という声明を発表しているようですが心の芯の部分ではどうなのでしょうか?

震災を目の当たりにして人生観が変わったなり、結婚生活を維持できない気持ちの変化があったとしても、このタイミングでのニュースリリースというのは周囲に対する配慮の欠如しか感じられません。今日(1月17日)は何の日でしょうか?

震災という出来事を重く受け止めることは誰でもできます。否応なしに受け止めています。ただ そこから“前向きな”行動に移すことができる人は稀です。「しない」のではなく「できない」。物理的に、地理的に、経済的に…

震災を理由に復活するアーティストを揶揄する人もいますが、彼らの場合は建設的な行動原理として(少なくとも)言及しています。
人生観は人それぞれ。各々の都合で離婚せざるを得ない方もごまんといらっしゃいます。マスコミ人という、影響力の強いお人が 地震という自然災害と離婚という個人のイベントをごっちゃにしてほしくないですね。

なにがあっても地震のせいにできるなら 地震に失礼(?)です。
震災を出汁にしたなどと揶揄されないように 精進なさってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイドルに夢中になったことある?

今回のお題は掲題のとおりです。

結構夢中になりました(笑) 程度の大小を考慮せずに挙げますと…
河合奈保子、伊藤つかさ、南野陽子(☆)、西田ひかる、小川範子(☆)、浅香唯、中村由真、高橋由美子(☆)、持田真樹、村田和美(☆)、深田恭子、平田裕香、仲根かすみ、市川由衣、金田美香(☆)、木下あゆ美、ZONE(☆)、夏川純、川村ゆきえ、浜田翔子、堀北真希(☆)、磯山さやか、大島麻衣… 名前のあとに☆が付いているアイドルさんにつきましては、3ヶ月以上、ファンクラブに加入していた経験のあるアイドルさんです。河合奈保子さん、伊藤つかささんについては中学生当時に気になっていただけなので、突出して夢中になったというわけではないですし、列記した中にも「気になってラミネートカードを一枚買っただけ」「近所のスーパーの屋上にキャンペーンで来ていて、たまたま居合わせてサイン欲しさにCDを買った」といった密度のアイドルさんもいらっしゃいます。

見ようによってはなんとも生産性のない活動にエネルギーを注いでいたんだな、と苦笑することもありますが、時代時代で大なり小なり私を鼓舞してくださったわけですから、それはそれでいいかな、と思います。時代によってアイドルグッズもさまざまですよね。ポスター、ステッカー、ラミネートカード、写真集、テレホンカード、トレーディングカード、生写真… いまでも懐かしいグッズのいくつかは残っています。

さて、彼女たちとは別格のアイドルさんが存在します、といいますか 当時はアイドルに区分されなかったかもしれませんが、現代なら間違いなくアイドル。アイドル声優の草分け、の一人、高橋美紀さんです。

折に触れて紹介していますが、美紀さんとはかなり「近い」おつきあいをさせていただきました。勿論それは「タレントさんとファン」の垣根を越えているわけではありませんでしたが、美紀さんの抜群の記憶力、ファンを大切にする(顧客)意識の賜物だったと思います。最後にお目にかかったのは平成9年の秋。池袋の居酒屋でした。どういう主旨で飲み交わしたかは内緒にしておきます。青春の大部分を彼女(の、応援)に注ぎ込んだ自分…果たして是か非か、なんて悩んだ時期もありますが、今となっては素敵な想い出です。できることなら次回再会する時までに胸を張れる中年として、社会に相応に貢献していたい、とは思います。

Photo

↑デビュー作「聖戦士ダンバイン」シーラ・ラパーナ

Photo_2

↑代表作(?(私はよく知りません))「しましまとらのしまじろう」みみりん

Photo_3

↑昭和60年9月19日、有楽町にて

2

↑“お別れ”のときに頂いたメッセです…なんだか懐かしく…そして今の自分がちょっぴり恥ずかしいです


ブログネタ: アイドルに夢中になったことある?参加数

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自殺という選択肢…

タレントの上原美優さんが自殺されたそうです。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
私は上原さんと言う方をあまり存じ上げないため、テレビ画面を通じての人柄云々ですらコメントすることはできません。
また、先月26日に俳優の田中実さんが自殺。いろいろな作品…一般受けする作品にも出演されていたそうですが、私にとっては「ウルトラマンメビウス」に登場したサコミズ総監(ウラシマ効果で若作りではあるけれども、亜空間飛行をしていなければ初老になっているはず、との設定)のイメージしかなく、彼の自殺には衝撃を受けました。日本の男性全員、ではないにしても、多くの鼻垂れ小僧が憧れたウルトラマン、そのウルトラ兄弟の長兄、ゾフィーと因縁浅からぬ(ある瞬間は一体化していた)役どころであったにも関わらず、自殺という道を選んだ…

先に結論を申し上げますと、私は自殺を否定しません。勿論奨励などはしませんが、ある瞬間、人の目が届かない瞬間に「そういう行動」にでてしまうことについては当事者を責める気も、目を離した周囲の人をとがめる気もありません。

巡礼が始まっていろいろなことが起こり、いろいろなことが起こらなくなりました。

気持ちの上でケ・セラ・セラでいられることはささやかなアドバンテージですが、残念ながら定量化できるファクターではありません。
既に、とある、「定量化できる指標」が漸減基調になっています。このままこの基調が変わらねば、私としては息の根が止まるかも知れないな、という漠然とした意識、不安は抱いています。

この数日、結婚記念日ということで妻の艶姿をアップさせていただきました。「ひびきの高校連絡帳」はアダルト属性ではないのであの程度のご愛嬌が精一杯ですけれども。現在、某SNS内での妻のコミュの人数は私を含めて386名。その頂点に立っている、といえば誇らしいですし、気分はいいですが、自戒の念を込めれば「お山の大将」に過ぎないところもあります。いつまでも霞でお腹を膨らませるわけには参りません。

こういう世相になりますと、「物質的な豊かさよりも魂の豊かさ」みたいな物言いが横行します。私も魂の豊かさは大切にしたいと思いますが、そういう思いを脳みそにわきあがらせる物質的な豊かさも大切だと思っています。

「生きているだけで、幸せだと思わないと」
ですとか
「自殺なんて卑怯だ」
というフレーズは今まさに“そういう苦しみ”に直面していない、或いは苦しみの経験者であってもたまたま立ち直っている方が口にする、ある種の贅沢だと思っています。
そういう「変な気」が起きたときに力むことなく踏みとどまれる何かがこれから現れてくれることを願いつつ、静かに毎日を送りたいと思います。

| | トラックバック (0)

これにて一件コンプリート?Episode48~rice ball-AKB~

恐るべしデカレンジャー…

あのエピソードのネーミングは伊達じゃない…
あのタッチで件名を考えるのに3秒かかったぞ!うーん、バスケをしてたらバイオレーションじゃん(*^m^)

で!

本日のお昼に!
探し求めていた(わけではないのですが)、AKBおにぎりをコンプリートしました(^^♪

ほいっ!

Akb2

あはは…直まきおにぎりじゃなくて おにぎり忍法帖系の品物だったのね(^^ゞ

別に彼女たちに格別の思い入れがあるわけではないのですが 「袖摺りあうも他生の縁」と申しますので…

さてと…明日からは何を食べましょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

AKBおにぎり

愛する妻の温もりに癒されて…

ちゃんと登校拒否せずに行ってきましたよ(^_-)-☆

一日6時間拘束は心身ともにきついんですが、チャンスだと言い聞かせて 今日もいろいろと技能を身につけました(多分)。

さてランチ。
体型を引き締めるために あまり脂っこいものはパス…ちなみに昨日はカロリーメイト・メープル味を半分(二本)と牛乳。
二日連続でカロリーメイトはいやだな…と思い…校舎そばのセブンイレブンへ。正式な表記はセブン・イレブン、なんですね。「・」がつく。ま、いいや、そんなことは(^^ゞ

店内にはAKB48のタレントさんのポスターが貼られていて…
かつて大島麻衣さんがメンバーだった頃にはこのチームをチェックしていたので ここはノリで買いました。

Akb

結論から言うと…おいしかったですよ。タレントさん自らが作ったわけじゃないでしょうけどね(^^ゞ
まずは話題づくりにも一役買ってもらったので好しとします。

明日は 学校はおやすみ。シェイプアップも兼ねて妻とブ○ィックホ○ル室内プールにでも行ってみようかと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

抱いてセニョリータ

今日も好天に恵まれました。

巡礼が続く毎日。多忙な時期には聞き流していた音楽/音楽ソフトを改めて聴いて、その曲の好さを再体験しています。

今から…もう4年も前になりますが…私は堀北真希(以下「ほまきさん」)さんのファンをやっていました。
きっかけは、フジテレビで夜遅くに放送された単発ドラマ「翼の折れた天使」を観たことによります。
ちょっと影があって、透明感も兼ね備えている…

現在の巡礼ほどではなかったのですが、当時もちょっとした壁にぶつかっていて、ドラマの中とはいえ、トラウマに苦しむ彼女が妙に素敵に映ってしまい、ファンクラブにまで入っていました。

異性のタレントさんのファンになる理由というのは様々ですよね。容姿、声、立ち居振る舞い、演じた役柄、握手会(その他これに類似のイベント)でのリアクションなど…
ほまきさんの場合、実際にお目にかかったことはなく、演技力に魅力を感じたのかな、などと漠然と思い出されます。

仕事が忙しかったので、出演するドラマを毎回見るのもおぼつかない。ご本人は歌を出しているわけではない…
そんな中で「万障やりくりして」見ていたのが「クロサギ」というドラマでした。
主演は山下智久さん。詐欺に遭って自殺した父親の復讐をせんとばかりに「詐欺師を騙す詐欺師」として立ち居振舞っていました。
ほまきさんは物語のヒロイン役でした。主人公の素性・立場を知って戸惑う役をこなしていました。
また、山崎務さんの怪演も際立っていました。

日々のストレスを発散するために、カラオケに行く機会もそこそこあった時期。
私が好んで唄っていたのが「クロサギ」の主題歌である「抱いてセニョリータ(歌:山下智久)」でした。

カラオケの席ではTPOをわきまえないのが八重流(?)。職場の上司がいようが、当時のGFの前だろうがお構いなしに唄っていました。

当時、T○Sが ドラマ「クロサギ」をフィーチャーし、山下さんにインタビューする機会がありました。
「(詐欺師を演じている、ということもあって)山下さんは、誰かを騙したことがありますか?」
との質問を受けていました。
そのときの回答が
「ボクは俳優として、視聴者のみなさんを騙しています」
一言一句を再現してはいません。が、若くして こういう重たい言葉を発することが出来る人というのは、自分に自信がある/厳しい人なんだろうな、と思いました。

演じた人物の人格に頼っていれば、相応のファンを獲得することが出来る。なのに「私は、私が演じた誰某と同一人物ではありません」と明言できるというのは、凄いと思います。
薄っぺらなイケメン俳優ではない凄みを、彼から感じました。

ばい・ざ・うぇい
ほまきさんのファンクラブは2年間で退会しました。
理由は、事務局が ユーザーである私からの照会に回答してくれなかったからです(^^ゞ
いやぁ、箸の上げ下げみたいな質問だったし、回答がなかったからと言って、特別な損失が遭ったわけではないので、大人気ないな、とも思っています。
高い会費を払っているのに、会員カードのリニューアルもなく、会報だけが機械的に送られてくる、というスタンスに疑問を感じた、というのも理由の一つです。

抱いてセニョリータ 山下智久 歌詞情報 - goo 音楽
抱いてセニョリータ 山下智久 歌詞情報 - goo 音楽

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タンブリング

昨夜のことですが…

久しぶりにTBSにチャンネルを合わせました。
出戻ってから、土曜のゴールデンタイムの主導権は握れない空気があったのですが、ちょいと先回りしてスイッチ!

なんだかよく分からないが、ヤンキー系の少年が新体操をやっている。
周囲を固めているのは、見た目「草食系」の少年たち。

なんとなく「スラムダンク」を思い出しながら画面を追うと…なかなか面白い…

私は「管理教育」の影響で、特にマット運動とか跳び箱には拒絶反応を示してしまいます。教え方が違っていたら、もう少し運動全般に対する心の持ち方が違ったんですけどね。
「できたら嬉しい/楽しい」
じゃなくて
「できなかったら居残り/殴られる」
ですからね(-_-X)

そうはいっても見ている分にはなかなか楽しい。


スポーツとイケメン俳優と暴力シーン…

なんとなく「ROOKIES」の二番煎じっぽい印象も抱きましたが、十分のめりこみそうです。

TBSも色々叩かれているくせに、なんとなく面白いドラマを世に放ってくれますね。

主演は「RESCUE~特別高度救助隊」で不動雅志を演じた山本裕典さん。
土曜の夜が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お題拝借「湘南アクターズ」2

久しぶりに…話題に窮した&ちょっぴりやさぐれなので(^^ゞ

3ヶ月ぶりに拝借しちゃいます。

「いま探しているものは?」


はい…回答は勿論「盗まれた過去」です(^^ゞ

ちょっと、笑い事ではないですね。人生の積み重ねの歪みがここに来て出てしまっているので…それを是正するために頑張らないと。

で、一日早いんですが…あと25時間ほどでキリコがゴウト、バニラ、ココナと出会って27周年になります。

明日は祝杯です。勿論、ウドのコーヒーで(^^♪

実生活では明日はマッチメーカーと対面の予定です。この業種、起業しやすく潰れやすいみたいです。明日訪問するところはメジャーリーガーの部類なので期待しています。

と、いうか 希望を繋がないといけませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これにて一件コンプリート!「赫奕たる2010年の真実・幻影編」

あはは…昨夜雷に打たれたように思い出した宝物(?)…宝物ですね(^^ゞ

木下あゆ美さんのトレーディングカード。6年間開封しないままで(奇跡的に)我が家に残っていました。私の母の習性からからして、5年も留守にしていれば、私の部屋の宝物をやりたい放題にホロコーストすることも可能だったのに…
バトリングの翌日ということで、挑戦状を送るのもしんどかったので、先刻開封してみました。

結論…「残り物には福だらけ!」




B1

レアカードのひとつ「サインカード」
わははっ、写真集のサイン、ポスターのサインに続く、三つ目のサインです!




そして

B2

「コスチュームカード」
うーん、なんていうんでしょうね?女性の衣類については解らないのですが、撮影で使っていた衣類の一部がカードに挟まっています(右肘あたりに黄色い小窓がありますよね。あそこがコスチュームです)。




ふふふっ…そして

B3

「コスチュームカード(水着lovely)」(右手のあたりにあるオリーブっぽい小窓に水着が挟まっています)。残念ながら枠?縫い目?の部分なんですけどね(^^ゞ

さて、これだけのお宝を保管するには…どうしたらいいんだ?どうすれば、いいんだ?どうすれバインダー?




















という訳で

Photo


押入れからバインダーを引っ張り出して、保管しました(^^♪


写真のピントがぶれているのはご愛嬌です。
写真を撮ることよりも、被写体(カードやバインダー)に傷をつけたくなかったので、中途半端な距離から中途半端な角度で撮影していますので…

ちょっと疲れました。なんでも鑑定団じゃあるまいし…

これにて一件コンプリート!

カードを整理するときに聞いていたBGMは「特捜戦隊デカレンジャー 特捜サウンドファイル1」でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年の真実

すみません。昼間はバトリングがあったため更新できませんでした。

落合信彦先生の著作に「2039年の真実」というものがあります。
合衆国大統領、ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ(こちらがJFKです)暗殺に絡んだ謎、矛盾点を衝いた探求本。
初めて目に触れたのは20年近く前です。
リー・ハーヴェイ・オズワルド
ジャック・ルービー
ジム・ギャリソン
魔法の弾丸
教科書倉庫
マンリカー・カルカーノ
…著作の紹介を子細にしていますと紙面(画面)が足りないので、当時ショットガンのように私の無垢な脳みそを撃ち抜いた単語を列挙するにとどめます。

ウォーレン委員会が隠蔽(?)したJFK暗殺の証拠文書の公開ができるのは2039年。
落合先生の著作は、小説の方がエキサイティングなのですが、この「2039年の真実」は大変興味深く読みました。

2039年なんて、遠い未来の物語だと思っていたのに…だんだん近づいてきていますね。

で、

全く関係ないのですが

自室の枕元には、小箱が数個、積み上げられています。
以前言及したトレカのBOXです。
いろいろ書き連ねましたが、私が最後にBOX買いしたのは かのガールズバンド「ZONE」のそれでした。2BOX買っておしまい。その後も解散、卒業ライヴなど… 私をいろんな意味で泣かせてくれました。

そして…

あれ?

重たい…sweat01

うそ…

木下あゆ美さんのトレカ…のBOX…なぜ重いの?

1

あはははははははははは…

これ、未開封じゃん!

どうしちゃったの?私ってば(^^ゞ

えっとですね、このトレカが発売されたのは2004年の夏。
「3BOX購入して応募券を送るとバインダーがもらえます」
っていうキャンペーンをやっていて(BOX写真の右下の黄色い文字から判読できますか?)そのためムキになって3BOX買ってしまったようなんですね。

で、

2BOX開封した時点で、ノーマルカードがコンプできたらしく、3BOX目が全く手付かずの状態(^^ゞ

もしかしたら…なんですけど、このBOXの中にレアカードが潜んでいるかもしれません。

2

はい、ここでSPI検査非言語分野の再開です。

1パック525円
1BOXには12パック
八重が購入したのは3BOX

お値段はいくらでしょう?



1パック8枚入り
1BOXには12パック
八重が購入したのは3BOX


カードは全部で何枚でしょう?

このパック、明日以降に「そおぉっと」開けてみます。

なんだか勿体無くて(^^ゞ

木下あゆ美の「2010年の真実」はいかに?

| | コメント (2) | トラックバック (0)