日記・コラム・つぶやき

こりないですね

悪質事業者

| | コメント (0)

キュアグレースのバースデーカードを入手しました

一連の新型コロナウイルス騒動によって、本年2月中旬から 不要不急の外出を控えておりました。
時期的に政府が本腰を入れて発信を始めた時期よりも「前倒し」だった感も否めません。
しかしながら 命に関わる事象とあれば、警戒しすぎても警戒しすぎることはないと思って「不要不急の外出」を控えておりました。

その「外出」の範疇には「プリキュアプリティストア訪問」も含んでいました。

実のところ、「非不要・非不急」の目的で、都営地下鉄新宿線・京王線を利用して幡ヶ谷まで移動する用事はありました。
馬喰横山で乗り換えをすれば、さほどの「寄り道」とならずに東京駅に足を運ぶことも可能だったのですが「慎重には慎重を期して」避けていました。

これに伴い、困った事態が発生しました。

今年の作品「ヒーリングっど プリキュア」の推しメン(?)の誕生日が3月9日であったために、恒例の「バースデーカード」の入手が困難となったことです。


Photo_20200623151601


昨年の「スター☆トゥインクルプリキュア」ではキュアセレーネ/香具矢まどか(11月23日うまれ)

Photo_20200623151701


一昨年の「HUGっと!プリキュア」ではキュアエトワール/輝木ほまれ(4月8日うまれ)
を、それぞれ推しメンとしていたのですが あろうことか今年はセンターポジションのキュアグレース/花寺のどかに「キュン♪」となってしまったのが困難の始まりでした。

Precure10225scaled200619




Photo_20200623151501



そして私自身が4月8日~10日まで「某疾病」を疑われて検査入院
4月17日には父が他界。

プリキュアどころか、娯楽属性のコンテンツが意識から霧消するような時間が長時間・長期間続きました。

漸く普段の生活リズムを取り戻せたと思い、プリティストアに照会しましたが「今年は東映アニメーションの通販サイトでのみ頒布されていた」との説明。
慌てて当該サイトに紹介しましたが「頒布期間は終わり、頒布対象となる商品は品切れ」とのこと。

途方に暮れていましたが メルカリにて出品されていたものを確認し、早速購入。

なんとか入手することができました。

今年はコロナ騒ぎで「放送休止」が約2ヶ月続いた同シリーズ。「途中打ちきり」「話数短縮」などの憂き目に遭わないようにと願っています。

| | コメント (0)

【クリアファイルその1】土屋太鳳さん

話材がないときは、画像遊びでもしようかと常々思っております。

また、折角入手することの出来た小物類も やがてはしまい込まれたり、故意・過失を問わずに消滅してしまったり…

なので気の向くままに 手元の「小さなお宝」をアップしようかと思っています。

トップバッターは
「土屋太鳳」さんのクリアファイル。

土屋太鳳さんは好き嫌いの激しい(好かれる/嫌われるの温度差が大きい)女優さんですね。

過剰に庇うこともありませんし
過剰にヨイショすることもありません。

かつて劇場で鑑賞した「ウルトラマンゼロ THE MOVIEMOVIE 超決戦! ベリアル銀河帝国」にて、ヒロインであるエメラナ・ルルド・エスメラルダを好演。
以降、スッポンのように食い付いてチェックしているわけではありませんが、時間に余裕があるときには出演しているテレビドラマ、テレビ番組を見ています。

1p1030614
1p1030642

 

こちらは「雪見だいふく」のノベルティですね。
デザインは二種類あったはずですが 勤務を終えてから、アイスが溶けないようにするためにはそれほど(アイスを)大人買いできるわけでもなし。
比較的「好みの表情」の方を選びました。


| | コメント (0)

京成電鉄「3100形デビュー記念乗車券」

今まさに「台風19号」の猛威に晒されている拙宅です。
はい、実際に家が揺れています。

こんなときにどうかとも思ったのですが、本日(勿論午前)5時10分過ぎ。
台風の予兆として雨が降り始めている中 私は生活圏にある京成電鉄の駅に足を運びました。

目的は掲題の通り、京成電鉄が発行する「3100形デビュー記念乗車券」を手に入れるためでした。

私は鉄オタというわけでもないのですが、普通の男子児童なみに「でんしゃ」は好きです。

20年近く前、一度だけ 新京成電鉄のくぬぎ山基地に遊びに行ったことがあります(その程度です)。

勤務地が改まったため、これまでとは違ったパスケースが必要になりそうだったので タイミングもよろしかったため 朝一番で買いに出かけました。

昨日 駅員さんに「いつから販売開始ですか?」と訊いたところ「始発が動き出したら発売ですよ」の答えを頂いていたので、始発の後に家を出ました。

台風の絡みもあるので「こんな朝早くから記念切符を買う人はいないだろう」と思っていましたが、私の前に3名ほどいたらしいですね。

好きな人は好きなんだろうな…


小学校6年の冬、私は胃カメラ検査を受けたのですが、その帰りに駅の窓口で記念切符をおねだりしたのが初体験。
しかしながら そのときは「完売です」と言われて 残念な思いをしました。

25p1040168



これからもつかず離れず、フィーリングがあったとき、心の琴線に触れたとき、買ってみようかと思っています。

| | コメント (0)

花火大会

散髪にいきました。

頭髪をチョッキンチョッキンしてくれているおばさんと、他愛のない雑談。

「この辺の花火大会っていつでしたっけ?」
「昨日だよ。花桜瑠くん、行きたかったの?」
「いや、ちょっと訊いてみただけです(^_^;)」

こんな会話。

中学校2年生の時を最後にして、夏祭り・盆踊りというのには足を運んだことがない(筈です)。
甥が遊びに来たときに お祭りに連れて行ったのは母だったはず。
そう、中学校3年生 ~受験勉強の真っ最中~ の時分から、夏祭りには行っていないのです。

でも、ときどき思い出してしまう、中学の時の二人のガールフレンドのこと。

初めてのガールフレンドとの営みの方が、重く、息苦しい。

でも 息苦しくしてしまったのは自分に責任がある。12歳~13歳…小学生の延長戦の意識のまま中学生になっていた私が、私よりも意識が大人になっていたガールフレンドを落胆させてしまったのだから。

二人目は
全くタイプが違った娘。
中学二年生になって、多くの学友がそうであったように 背伸びをして、大人ぶって、ちょっと悪ぶるのが「格好良い」と思っていた。
いえいえ
「そうしないと“男子社会”で泳いでいけなかった」
というのが 本当のところでしょう。

そんな中、なんとはなしに見てしまった彼女の裸体。

見てしまったことがバレたわけではないのに、私は妙に責任を感じて、その娘を意識し、気づいたら好意に変わってしまっていました。

夏休み前の「裏磐梯国民休暇村」でのキャンプ ~林間学校、と云いましたっけ~ でも近づいてしまい、続く夏休みもこまめに逢っていたような気がします。

Photo_20190825231001

二人で待ち合わせて市内の夏祭りに行き、花火大会にも(笑)
こうやって書きだして、振り返ってみると、しっかり恋仲になっていたみたいですね。

年の離れたお兄さんがいました。
「結婚の話が持ち上がって、親御さんの反対に遭って喧嘩になっている」
なんて話を聞いていましたから、10歳近く離れていたのでしょうか。

私と“彼女”で花火を眺めていたところにやってきました。
どうやら「もう遅いから帰ってきなさい」だったのか、事前に所定の時間になったら合流する予定だったのか分かりませんが、とにかく“お兄さん”がやってきて“彼女”を促していました。

「この子、ボーイフレンド?」

私も“彼女”も照れ隠しでクビを横に振るばかり。

でも“お兄さん”に「ボーイフレンド」と疑っていただけて、ちょっぴり嬉しかったのを おぼえています。

振り返って見ると
美人でもない
(失礼ですが)勉強が出来たわけでもない
けれども ちょっと絡み合いたくなるような娘、だったのでしょうね。

元気にしているかな…

夏の終わりが近づいてくると、ついついノスタルジーに浸ってしまいます。

| | コメント (0)

11年ぶりの「ウルトラマンフェスティバル」

2008年以来足が遠のいていた「ウルトラマンフェスティバル(ウルトラマンフェスティバル2019)」に参戦して参りました。

何故ウルフェスに全く行かなくなってしまったのか。
一つは入場料の高さにありましたが、それとあわせて2008年当時お付き合いのあった「同好の士」達との軋轢も一因になっていました。

今年もサンシャインシティのプリキュアイベント「スタートゥインクルプリキュア おほしSUMMERバケーション」には足を運んだものの「ウルフェス」は例年通りスルーするつもりでした。

けれども同僚のTさんからお誘いの声がかかり、二つ返事で応じることに。

かつての同好の士と鉢合わせしたらどうしよう、との懸念もありましたがそれを理由に自らの行動を過剰に制限するのも如何なものかと思い2019年8月23日、車中の人となりました。

体に障害があるため「上り方面の満員電車」は避けたいところ。Tさんとも相談し、京成モーニングライナーを利用して都内に向けて出発。

ひとりでだんまりを決め込んで移動するよりも、車中で職場の話に花を咲かせて憂さ晴らしがてら移動するというのも結構い楽しいものですね。

当日券を購入し、ライブステージの入場券を交付して貰っていざ、入場。

25p1040108

膨大な数&高いクォリティのジオラマが入り口から所狭しと並んでいました。

既にライブステージ開催まで20分を切っていましたので、冒頭のジオラマを見て 続きはライブステージの後で…ということでステージ会場に入場しました。

無料の席で、会場内の中央よりもやや後方に陣取りました。
ふたつ前の席には背の高い男性(笑)、隣に座っている男児は興奮して椅子の上でもぞもぞ動き回っていたりで、鑑賞の環境は快適とは言い切れませんでしたが…やはりスーパーの屋上などのキャラクターショーとは一線を画していますね。

9070

特に嬉しかったのはウルトラマンジョーニアスの登場。しかもスーツは「実写バージョン」ではなく、本来あるべき「アニメバージョン」。
現在放送中の「ウルトラマンタイガ」で活躍しているU40出身のウルトラマンタイタスとの共闘には素直に拍手を贈りました。

25p1040113

その後はジオラマを見て、財布の中身と相談しながら記念グッズを購入して会場を後にすることに。

25p1040114

これまで何度かウルフェスに足を運びましたが、時には当時面識のあった(複数の)ウルトラ俳優さんから招待券を頂いての参戦・観覧という時もあり、久しぶりの入場で自ら2,300円の入場料を払ったときには純粋に「ちょっとお高いな」と感じました。
けれども スタッフさんの対応も丁寧でしたし、展示物のクォリティを考えれば相応のお値段かな、などとも感じました。

25p1040116

来年も参加… したいですね(笑)

Tさんからのお誘いを待って またウルトラの世界を堪能するのもまた楽しいのかな、と思いました。

9069

(締めはやはり ウルトラマンゼロで♪)

| | コメント (0)

久しぶりの「プリキュアプリティストア訪問」

厳密には先月(2019年1月)にも足を運んでいます。

けれども何も買わなかった…物販品を買わないからブログで記述しないというのもどうかと思いますが(^_^;) まぁとにかく何もせずに東京駅地下のキャラクターストリートを後にしました。

今回(2019年2月26日)は実質的に「スタートゥインクルプリキュア」が始まってから初の訪問となりました。

テレビ本編ではようやく3人目のプリキュア“キュアソレイユ”が登場しましたが、どういう訳か、私がチェックしているプリキュアが変身していない。

狙っているわけではないのですが、パブ画像を目にしたときに大体「今年は…」と気になるキャラクターを見定めているのですが、決まって「なかなか変身しない/プリキュアに覚醒しない」。

昨年の「輝木ほまれ/キュアエトワール」や7年前の「青木れいか/キュアビューティ」などがその例になります。

今年は「香久矢まどか/キュアセレーネ」に注目していますが、まだ変身していない。

ビジュアルだけで「推しメン」にするのはどうかと思っているのですが、暫定的にこのキャラクターを今年はチェックします。

と、云うわけで 覚悟を決めて散財してきました。

25p1030598t25p1030600t

現状、どうやって化けてくれるか分からないのでおとなしめな散財となりました。

何はともあれ 週末の「初陣」を待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジェル ~とある商業施設で目にしたもの~

先日とある商業施設に足を運びました。
エスカレーターに乗りながら、壁に掲出されているイベント告知用のポスターを見て違和感を抱きましたが…「何か変だ」くらいにしか思わず、次の階に…

更なる上階を目指してもう一度エスカレーターに乗ったところ、やはり同じポスターが目に飛び込んできました。

エンジェル…


Sns
「キュアエンジェル」って誰?

驚きました。
1年をかけて放送されてきたコンテンツのキャラクター名を間違えて、しかも印刷して告知してしまうなんて…

いえ、憤りは感じませんでしたが少々驚きました。

正しくは「キュアアンジュ」ですよね(笑

腰を据えてみていたわけではない…と云いたいところですが、結構真面目に視聴していたのでこの「名前の間違い」はちょっと頂けませんでした(^_^;)

因みにその後、キュアアンジュの名前に訂正されて告知は続いています。

よかったよかった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八重花桜瑠抱きつく「早川さぁぁぁん!!!」

久しぶりに自らのHNをタイピングしました(^_^;)

愛妻のとは一文字違いのHNなので、無意識に最後の一文字を「梨」にしてしまうところでした。

タイトルは『倉科カナ抱きつく「トライガー!!!」』というニュース記事へのオマージュです(笑)

NHKで放送されているドラマ10「トクサツガガガ」、後輩から奨められて視聴を始めたのですが、面白いですね(^_^;)

私は特撮もアニメも…さらに始末の悪いことに(古風な表現で云うと)男の子向け・女の子向け関係なくコンテンツを楽しんでいるので 劇中の登場人物の殆どの言動・心情が理解できますし、応援したくなります。

80年代…思春期の入り口でしたね、アニメージュという雑誌に出会ったことがヲタク人生の始まりでした。
当時はガンプラブーム前夜であり、私のような趣味の持ち主は「幼稚っぽい」と蔑まれるのが普通でした。
インドア系の娯楽ですから体育系就学児童・生徒からの迫害もありました。今風に云うと「苛め」だったのでしょうが 当時は「そんなもんだ」と思っており「なんでぼくの”好き”を悪く云うんだ」みたいに思っていました。

時間は流れて私も50を越える年齢になっています。
ひょんなことから職場には「プリキュアファン」であることがばれてしまいましたが 通報者(笑)の案に相違して職場の面々からは好意的に見て頂いており プリキュアの玩具を二つほどプレゼントされました。
「ばらされる」以前よりも、居心地が良くなってしまいました。

「自分の“好き”に とやかく言われる筋合いはない」

そう信じて日夜歩んでいます。

「トクサツガガガ」
劇中では主人公の仲村叶が戦隊ヒーローの一人“シシレオー”の、サブキャラクターの吉田久美が“トライガー”のキーホルダーをバッグにぶら下げていますね。

私も触発されて キーホルダーをつけることにしました。

それが
25p1030579t
こちら♪

快傑ズバットのキーホルダー♪

もう20年近く前の商材のようですが 今般めでたく入手できました。

私にとって快傑ズバット/早川健さんと 彼を演じた宮内洋さんは、郷田ほづみさんと並んで、私の人生に影響を及ぼした人物(詳細はこちらをクリックしてご笑覧ください)

NHKにしては珍しく「見応えのある 面白い」ドラマです。

最後までぶっちぎりで視聴しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COCO'S訪問(2回目(^_^;))

さて、2月4日にお腹いっぱい&懐トホホなくらいに堪能してきた
「COCO'S ×ラブライブ!サンシャイン!! 輝け!みんなの笑顔キャンペーン」。

一度の訪問で我慢満足するつもりだったのですが、思わぬチャンスが転がり込みました。

「ひびきの高校連絡帳」でも断続的に発信してきましたが
私は2015年6月14日に原因不明の骨折に見舞われました。
多発性骨髄腫の疑いがあったため事前の検査が長引き、約三週間後の7月9日に手術。
手術は成功しましたが その後のリハビリの進捗が思わしくなく 結局3年半をリハビリに費やしてきました(現在進行中です)。

しかしながら主治医の判断で 間もなくリハビリは終了。

残念ながら障害が体に残ることに。

主治医のご厚情で「身体障害者手帳」の交付申請をすることとなりました(認定(?)され、交付されるかどうかは未知数です)。

そんなわけで本日市役所に行くことになりました。

諸事情あって(準備に手間取り)、市役所に着いたのがお昼休み直前。幸い手続きはすんなり進んだので その足で再び市役所近隣のCOCO'Sへ…

125p1030545

幸い本日も好天であったため、改めて幟の記念撮影をして店内に。

本日オーダーしたのは

225p1030542_2

小原鞠梨嬢おすすめの「粗挽き牛肉のボロネーゼスパゲッティ」、黒澤ルビィ嬢おすすめの「やみつきカリカリポテト」

325p1030543

国木田花丸嬢おすすめの
「白玉ぜんざい ~バニラアイス添え~」

でした。

三品オーダーしたような形ですが 後者は二点のセレクトメニュー(1オーダーとしてカウント)。

正直 カリカリポテトのボリュームに圧倒されました。
ファストフード店のポテトよりは細身でしたが 圧倒的な分量でしたので 食べきることが出来るのかと危惧しましたが、結果的には完食できました(お腹にこたえませんでした)。

お楽しみのクリアファイルも手に入れることが出来ました。

前回入手分も併せて再度(&すべて)掲載しますね。

150p1030551_2 250p1030553_2 350p1030553 4p1030552 525p1030557 625p1030555


私が足を運んだ店舗というのは どちらかというと辺鄙な場所にたたずんでいる店舗でした。
だからでしょうか、私と近似の嗜好の方の気配は無く、景品も途絶えることなく貰える遠因となったようです(個人情報も絡むため、どの店舗かは言わず語らずにしておきます)。

こういうコラボキャンペーンに参加するのは久しぶり。
少々お高い出費でしたが、純粋に「お昼ごはんを食べた」と考えて、後日の食費で調整しようと思います(^_^;)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧