スポーツ

平成25年3月をレビューします

仕事疲れで心身に力が入りません。

食事をして、寝る以外に、能動的に何かしたいと思えず…

折に触れてブログに書けるであろう題材はあったのですが、書く気力がありませんでした。
ブログを書くことで生きていた証を立てる…などという大それたことは言えないのですが、3月に「あ、書いてみようか…でも疲れているし」な内容をまとめて、日記風味で書かせていただきます。

独立して書けたのが
【3月23日“装甲騎兵ボトムズ、最終回放送記念日関連”】
【3月26日“ザ☆ウルトラマン、最終回放送記念日関連”】
でしたね。

それでは…

【3月11日“爆裂山校長、ご逝去の報に触れる”】
「爆裂山?だれ?」と首をかしげる方も多いかと思います。
私と【妻】、八重花桜梨の母校である私立ひびきの高等学校の校長、爆裂山和美さんを演じられました俳優の納谷悟朗さんが3月5日にご逝去。それが報じられたのが11日でした。
私は納谷さんのこだわりを尊重し、声優ではなく俳優と表現させていただきました。
「仮面ライダー」のショッカー大首領、「ルパン三世」の銭形警部、「六神合体ゴッドマーズ」のズール皇帝、「宇宙戦艦ヤマト」の初代艦長・沖田十三など、なじみのある作品群の名わき役でした。そして特筆しておきたいのがウルトラマンエース(変身後)の声です。「てぇぃ!」「とぅわぁぁっ!」など、ウルトラマンのステレオタイプとされがちな「シュワッチ」系の声とは異なる明け声で超獣に立ち向かい、地球の子供たちにも語りかけてくれました。
ブログという、不特定多数の方がご覧になる媒体での記述は控えますが、個人的に不思議なご縁を体験させていただいた方でもあります。
ご冥福をお祈り申し上げます。

【3月12日“WBC東京ラウンド【GAME6】日本VSオランダ”観戦】
恩師の一人から声をかけて頂き、ワールドベースボールクラシックを東京ドームに観戦に行きました。
レフト席、オランダチームのカリアン・サムズ選手の背後あたりが我々の指定席でした。
東京ドームというと、プロレス観戦の機会のほうが微妙に多かったりしますし、座席の窮屈さも気になるところだったのですが、幸い そこそこすいていて、快適に観戦することができました。
当然、日本チームを応援すべくドームに行ったわけですが、至近距離にいたサムズ選手の愛想のよさに思わず癒され(え?)日本チームを応援しつつ、サムズ選手の出番の際には惜しみない声援を送らせていただきました。また来てくださいね(笑)!

【3月16日“プリキュアオールスターズ New Stage2 こころのともだち”鑑賞】
毎回おなじみですが、初日に鑑賞してきました。
今回の主役(?)は妖精のエンエンとグレル。歴代プリキュアが登場し、グレルの心の闇の化身と戦います。
歴代プリキュアが、絵的に動くだけで声を発しないことに不満の声が上がっていますね。否定はできませんが 個人的に馴染のプリキュアはそこそこ喋ったので大きな不満とはなりませんでした。
ただ…
もしかしたらですが
「…オールスターズ」を劇場で鑑賞するのはこれが最後になるかもしれません。
順番的に 私の馴染のプリキュアたちが順次淘汰されるのは耐えられないし、プリキュアでない妖精や一般人が主役になることに、少々ですが違和感を感じるので…
現役プリキュア単体の映画については 引き続き鑑賞できるんじゃないかと思っています。

ブログを書くことも苦痛になるほど消耗する毎日。
人生観を見直さないといけない段階に来ているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上田馬之助さん

プロレスラーの上田馬之助さんが亡くなったそうです。
本年2月20日の更新で、アントニオ猪木さんの話題に触れていますが、猪木選手と坂口征二選手のタッグチームと抗争していたのが上田選手とタイガー・ジェット・シン選手のチーム。

竹刀を振り回し、ライターで相手の目を焼く蛮行を繰り広げていましたね。

「馬之助」という、日本人の名前なのに、金髪で同じ日本人の選手に襲い掛かる姿が理解できませんでした。

そういう「恐怖」を植え付けるのが彼の仕事なのだとしたら、見事にミッションを完遂したのでしょうね。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでサッカーなんだか…

今回のお題「サッカーでいえば、自分はどのタイプ?」

選択肢を列記するのは面倒ですが、提示されているどのポジションにも懐かしい少年の顔が浮かびます。大空くんとか(あえて苗字で書いてみた)、日向くんとか、石崎くんとか、空手殺法の若島津くんとか^p^

サッカーといえば、「ときめきメモリアル(2、ではなく第1シリーズです)」の虹野沙希ちゃんとのロマンスが思い出深いです。とくにドラマシリーズ「虹色の青春」はプレイ終了時に涙滂沱となるほど感動してしまいました。
「ときめきメモリアル2」ならびに花桜梨との出逢いがなければ、虹野さんに壊れていた確率は限りなく高いです。実のところ、八重さんグッズと虹野さんグッズでは後者の方が多かったりします。

ですから虹野さん狙い(?)ならFWとか回答するのでしょうけれども、私は「ひびきの高校バレーボール部」の人間ですからサッカーのポジションには興味がありません。
個人の資質としても、シミュレーションゲーマーであり、机上のファイターなので回答としては
采配は任せろ!「監督」(選択肢の表記そのまま)”
になります。

ちなみに「装甲騎兵ボトムズ ザ・ラストレッドショルダー」にはブラッドサッカーというATが登場します。

Photo_2
「血みどろの蹴球」ではなく、意訳をした場合は「吸血鬼」となりますのでご注意のほど。

ブログネタ: サッカーでいえば、自分はどのタイプ?参加数

| | コメント (2) | トラックバック (0)

…ふざけるなよ…

今回のお題「どれが一番イヤ?」

きわめて異例ですが、課題文を転記します。

テレビで見ているぶんにはいいけれど、もしこの芸能人が自分の身内だったら「ちょっとイヤかも…」と思うのはどれですか? 全部イヤ!というときは、最も敬遠したい人を教えてください。「落ち込んだ顔をしていたら、無理やり気合をいれられそうでコワイ」「家にいる間中、毒舌を聞かされてウンザリしそう」など、シチュエーションを想像してのコメントもぜひ!

そして選択肢は
兄が松岡修造
母親が野村紗知代
父親がアニマル浜口
叔母が泉ピン子
その他


ついでですからスクリーンショットも。

Photo

本件課題は時折話題に上る「プロフなどに代表される“匿名性に立脚したネット上での個人いじめ”の亜種」との第一印象を抱きました。
第二印象も第三印象もさして変わらないと思います。

勿論、ピックアップされた「候補者」に序列をつけていけば「一番イヤ」な人はおのずと現れます…というか、瞥見した瞬間に「ナンバーワン」は決定です。

ただね…人間を侮蔑・敬遠の対象にした出題そのものが気に入らないですね。

そして、「候補者」の中の一人と短すぎない時間を共有し、以後の私の人生に少なからぬ影響を与えられた、ということを申し添えます(要はこのお題は私の恩師を晒し者にしているんです)。

と、いう訳で、私が一番いやなのは…選択肢は「その他」。
具体的には 「こんな失礼な問題を掲出する“コネタマの出題者”が身内」

ブログネタ: どれが一番イヤ?参加数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィギュアって、スポーツのほうのフィギュアですね?

今回のお題「好きなフィギュアスケート選手は?」

過日ブログにて言及した、高校時代の親友Kくんは大のフィギュアスケートファン。ご贔屓のアスリートもいるんじゃないかな、と思います。

他方、私はそれほど興味を持っていないため、これといった選手がいません。ときどき目にする大会でも、日本のアスリートは結構ミスを連発しているみたいで、ちょっぴり頼りなさも感じます。尤も、それは彼らに非があるのではなく、どの国のアスリートが挑んでも同じ頻度でミステイクが発生するものなんだ、と割り切って拝見しています。

以前、NHKのニュースで…盗難・窃盗だったのかな?惣流・アスカ・ラングレーのフィギュアを盗んだ不届き者が逮捕された際、キャスターの女性が「“フィギュア”と呼ばれる人形」みたいな物言いをしていました。

私にとっては、フィギュアといえばフィギュアモデル(人形:ドールにあらず)だったので、ちょっと釈然としませんでした。

Photo

で、勿論私のフィギュアといえば、こちらになります^p^

Photo_2

八重桜の花の中央に息づく雌しべ…(たまにはご愛嬌でheart04



ブログネタ: 好きなフィギュアスケート選手は?参加数

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坊主憎けりゃ…

今回のお題「セ・リーグの開幕騒動、どう思う?」

「セ・リーグの開幕騒動」というよりも“たかが”一球団の“たかが”会長の世間ずれした、世相を省みない暴言、妄言にフォーカスしたくなります。いえ、大勢はそうなりますよね。或いは重症の花粉症患者ではないのかと見まがうような名前の球団オーナーでしょうかね…

「どう思う?」に対する答えとしては、「けしからん」「氏ね!」「原子力発電所に行って、現場で放水作業に従事してきてほしい」という回答を用意するのみです。

家を失い、家族を失い、見ず知らずの人たちと一緒に避難所生活を強いられ、欠伸も、おならも、いびきも気兼なくできない環境に押し込められ、空腹と寒さと将来への不安に苛まれている人たちが万単位でいるというのに きっと渦中のジジィたちはヌクヌクしたベッドに横たわり、美味しいお酒でもかっくらっていびきを立てて寝ているのでしょう…

可哀相に、こういうオヤジがトップに居座り、世間を敵に回すような発言をするものだから、下々の選手たちにもとばっちりが行くのではないでしょうかね。まさに「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」になってしまうでしょう。

何かにつけて「○○を通じて被災者の方たちに夢と勇気を与える」という言葉を耳にします。発言したアスリート、アーティストの方たちとしては、そう言うのが精一杯であり、その発言・志に悪意も邪気もないものと思います。とはいえその言葉を耳にする被災地の方たちにとっては現実的でない響きを包含して届かざるを得ないという悲しい現実もあるのでしょうね。

「衣食住足りて礼節を知る」とも言いますので…

“たかが”球団会長についての記述は過日済ませてあります。
↑この、色が変わっているところをクリックすると、当該記事に飛びますのでご笑覧いただければ幸いです。 




ブログネタ: セ・リーグの開幕騒動、どう思う?参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たかが渡辺恒雄

はじめにお断り申し上げます。

私が初めて購入した(親に買ってもらった)レコードは「タイガーマスク」「巨人の星」ほか、ふた番組の主題歌(OPのみ)が収録されたレコードでした。小学校3年生の頃には夕方5時半前後から再放送されていた「巨人の星」「侍ジャイアンツ」を好んで視聴しておりましたし、男児の定番アイテム「野球帽」は読売巨人軍のものでしたし、手袋も、初めての紐靴も読売巨人軍のデザインのものでした。

巨人軍のファンではありませんが、アンチでもありません。野球中継を視聴する場合は、殆どの番組に巨人軍が登場していました。また、積極的に他球団を応援しているわけでもなく、消去法で行けばご贔屓の球団と同義。総じて巨人軍に好意的とご理解いただいて結構です。

私が独り暮らしをはじめてからの一週間、「ちょっとした手違い」からテレビを視聴できず、ラジオを聴くことになりました。
独り暮らしをして始めてスイッチを入れたラジオから飛び込んできたのは、プロ野球のストライキの話題でした。
「たかが選手」
「たかがファン」
と口にした暴君のことは当時から認知していましたが、今般、とても癇に障る言動があったようですので、一筆啓上させていただくこととしました。

原文ならびにスクリーンショットはつぎのとおりです。

巨人・渡辺恒雄球団会長が16日、3・25のシーズン開幕を厳命した。都内ホテルで行われた燦燦会で「明るい活力を持って、国民の大衆に見せることができるのはプロ野球選手」と、被災地復興のために全力プレーをみせるよう選手に要望した。
 「東日本巨大地震復興支援」として会を始め、壇上に立った渡辺会長。開幕問題に触れ「開幕を延期しろとか、プロ野球をしばらくやめろとか俗説がありましたが、大戦争のあと、3カ月で選手から試合をやりたいと声があり、プロ野球を始めました。フェアプレー、緊張した試合をすれば見ている人は元気が出て、エネルギーが出て生産力が上がる」と力説した。
 燦燦会には約200人の財界人が集まった。大震災に配慮し、選手へのサインや記念撮影の禁止が放送されると、マイクを奪い「だれが言ったんだ!何でも禁止させればいいってもんじゃない。後で懲罰する!」と怒鳴り散らした。
 会長の意見にほかの球団幹部も同調。滝鼻オーナーは「放射能が飛んでくると言っていたが、あれが野球ができない数値なのか。もっと科学的に考えたほうがいい」。清武球団代表も「条件が許せば25日にやりましょうということ」と強調した。

325


【巨人・たかが渡辺恒雄球団会長が16日、3・25のシーズン開幕を厳命した。都内ホテルで行われたたかが燦燦会で「明るい活力を持って、国民の大衆に見せることができるのはプロ野球選手」と、被災地復興のために全力プレーをみせるようたかが選手に要望した。】

「たかが燦燦会」とはどういう会でしょうか?震災で被災し、万単位の犠牲者が出ているというのに、肥え太った親父たちが酒池肉林の乱痴気騒ぎをしたのではないでしょうね?いえいえ、「その場で」酒池肉林になっていなくても、その後にそうなったら同じことですからね。
ラジオさえ行き渡らない、原子力発電所の実情すら情報不足でわからない、いつ救援が、物資が届くかわからずにイラついている被災者の耳目に呑気に野球をしている姿をお届けするのでしょうか?

【「東日本巨大地震復興支援」として会を始め、壇上に立ったたかが渡辺会長。開幕問題に触れ「たかが開幕を延期しろとか、プロ野球をしばらくやめろとか俗説がありましたが】

俗説ってなんでしょうか?
「確かな根拠もなく、世間に言い伝えられている話」
というのが俗説の言葉の定義みたいですよ(爆

震災発生から56日。余震におびえ、流通の麻痺に不便を感じ、原発事故・放射能の飛散に心を痛めるのが精一杯だというのに「世間」が野球の開催云々で意見する暇などないでしょう?

【大戦争のあと、3カ月で選手から試合をやりたいと声があり】

大地震から6日、選手から試合をやりたいという声があったんですか?
参考までに教えてください。「大戦争のあと、3ヶ月で選手から試合をやりたいと声があ」ったという証左となる文献乃至資料をご提示いただけませんか?

【たかが燦燦会には約200人の財界人が集まった。大震災に配慮し、選手へのサインや記念撮影の禁止が放送されると、マイクを奪い「だれが言ったんだ!何でも禁止させればいいってもんじゃない。後で懲罰する!」と怒鳴り散らした。】

懲罰したんですか?

懲罰された方の地位保全に日弁連や東京弁護士会に依頼でも出しておきましょうか? …というか、懲罰されるのは(以下自粛) あなたの暴言・妄言を禁止したいですよ。

【たかが会長の意見にほかのたかが球団幹部も同調。たかが滝鼻オーナーは「放射能が飛んでくると言っていたが、あれが野球ができない数値なのか。もっと科学的に考えたほうがいい」。】

「あれ」ってなんですか?科学的に考えた結果野球ができなかったらしないのでしょうか?いえいえ、前後の文脈から察するに、できなくても一億総火の玉の精神で強行しそうな勢いですよね。

そもそも計画停電開始から三日後の会合で、今後の先行きも不透明だというのに325日開催を厳命ってどれほど浮世離れしているんでしょうか?
電力供給で、計画停電で、予測できない大規模停電で、国民が顔を赤くしたり青くしたりしているのに どんだけ電力の無駄遣いをしようとしているんでしょうか?たかがナイター設備を維持するのに、たかが会場でたかがグッズを、たかがスタンドで売るたかがビールを冷やすのに、たかがお弁当をつくり、維持し、売るのに、電力使いまくりですよね…

たかが渡辺恒雄さん…あなたとジャンプコミックス「北斗の拳」第二巻(その後の愛蔵版とか文庫版での何巻に該当するかは知りません)に登場した「南斗無音拳の使い手・カーネル」の意見具申を一蹴した、デブの軍高官がダブって仕方ありません。

お願いです。たかが国民など相手にせず、そろそろ閻魔大王と杯を交わしてはいかがでしょうか?あなたほどビッグな御仁に比肩できる漢(おとこ)はこの世にいませんから。


以上です。“たかが”一般市民、“たかが”日本人、“たかが”アラフォー、“たかが”巡礼中、“たかが”ボトヲタ、“たかが”郷田さんファン、“たかが”ウルトラフリーク、“たかが”八重花桜梨の夫、“たかが”俄かハトプリファン、“たかが”伊達直人信奉者より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生日おめでとうございます!

さて…2月20日になりました。
過日「プロレスの星 アステカイザー」についての思い出話をさせていただきました。実はアステカイザーの話に触れようと思ったのも、“彼のことを思い出したから”というのが真相だったりします。

今日は…

Photo_5

“燃える闘魂”アントニオ猪木さんのお誕生日です(昭和18年生まれ)。
猪木さんの存在については、アニメ「タイガーマスク」の時代から存じ上げておりました。そして過日フィーチャーしたアステカイザーにも、ゲスト出演されていましたし、健全な男子ゆえ、プロレスに夢中になったときにはやはり ご贔屓のレスラーの上位ランカーとして脳髄に居座っていていただきました。

Photo_6

実は私は、小学校3年生のときに猪木さんにファンレターを送ったことがあります。ときは昭和52年3月頃(この辺、こないだの記事とリンケージできるのでわかりやすいですよね)。
当時20円だった郵便はがきに鉛筆書きで思いのたけを書き込み、アステカイザーのシールを貼って…そこで力尽きて寝てしまいました。

翌朝、母が送り先を「タレント名鑑(姉が購読していた雑誌の付録)」で調べて投函してくれました。

時は移ろい…といっても一月と経たなかったはずですが、小学校4年生になったばかりの私の手元に一通の郵便物が届きました。

中身は…

120

こちらです!

ファンレターへのお返し…でしょうね(・∀・) それ以外の心当たりがありませんからヽ(´▽`)ノ 幸い、大事に大事に…施錠できる場所にしまっておきましたので、今でもそれなりの鮮度を維持しています。

原価は20円(はがき代)に母子の労力程度… お宝鑑定したらどうなるんでしょうね^p^

あまり現金なことは考えないようにしましょうか… これからもお元気で、ますますのご活躍をお祈り申し上げます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

147円の“アステカイザー”

今日の話題に一瞬迷ったのですが、お題・コネタマ系をスルーして、34年前のお話など。

小学校3年生のとき、私は管理教育の影響を受けて、陰鬱な毎日を送っていました。

朝自習:跳び箱
1時間目:マット
2時間目:マット
業間体育
3時間目:鉄棒
4時間目:鉄棒
給食前のお昼休み:鉄棒
給食後のお昼休み:鉄棒
5時間目:跳び箱
6時間目:跳び箱
放課後:マット

もともと体育が苦手だったのか、この担任のスパルタが原因で体育が嫌いになったのかは定かではありませんが、自ら進んで運動したい、と思うようになるまでに回復するには12年の歳月を要しました(筆者注:私は小学校3年、4年、5年、6年とストレス太り。以降はガリガリくんとなり、現在に至っています。どれくらい太っていて、どれくらいやせたのかと言いますと… 小学校5年生のときに穿いていたジーンズの片方の脚に、中学校3年生のときの私の両脚がすっぽり収まる位の落差を持っていました)。

時間割など無きに等しく朝から晩まで飛んだり跳ねたり走ったり…虎の穴のトレーニングセンターか、と誤認してしまいそうです。

そんな私は、帰宅後のアニメ、特撮などを楽しみにしていました… 特に小学校3年の後半、夢中になっていたのが…

Photo

「プロレスの星 アステカイザー」

詳細はぐぐるなり、ウイキを見るなりしてください。
タイガーマスクとは違ったテイストのヒーローでしたが、毎週木曜日18時からの放送を楽しみにしていました。
悪の組織ブラックミストの送り込むサイボーグレスラーを迎え撃つべく、鷹羽俊がアステック樹脂でできたスーツとアステカの秘宝「アステカの星」を額に冠したマスクをつけて悪を倒すお話…

評判はよくなかったのかな?肝心なアクションシーンになると、チープなアニメになってしまうというのがその要因なんでしょうね。
とはいえ当時は夢中になって視聴し、小学館のてれびくんを買って必死に情報収集しました。

当時ヨネザワというおもちゃメーカーからいくつかの玩具が発売されていました。当時は所謂「超合金」系の玩具が百花繚乱状態。アステカイザーのものもありました。

Photo_2

こちら!

勿論、我が家で買ってもらえることはなく、私自身は悶々としていました。
そんなある日、近所の西友ストア(当時は7階建てのビル全てを売り場としていました)6階の玩具売り場で、小さなソフビ人形を見つけました。お値段150円也。
ボクにもこれなら買えそうだ、ということで、一生懸命小遣いをためて…文字通り貯金箱の中に小銭を溜め込んで… ある日の夕方、買いに行きました。昭和52年2月以降、3月までの間…おそらくこの時期だと思います。
当時の記憶を紐解くと、恐らくは公文式教室での勉強を終えて一旦帰宅し、小遣いをズボンの尻ポケットに入れて再度出かけたのでは、と思われます。
公文式に行くときの手提げ袋と赤茶色の半ズボン(真冬でも半ズボンが“校則”でした(ばか))を鮮明に覚えています。
勇んで人形を手にしてレジに… キャッシャーのおばさんの目の前に広がる10円玉、5円玉、1円玉… ニコニコしながら小銭をカウントするおばさんの顔が曇りました。
小学校3年生にもなれば、その原因は容易に察しがつきました。一緒に目で追いながらカウントしていましたから…

3円足りない

147円しかない

何回か数えなおしてくれましたが、そこには147円しかありませんでした。
うなだれて引き上げようと ぶちまけられた小銭をまとめて家路につこうとおもったところ、当該おばさんが「150円頂きます」といいながらレジうちをしてくれました。悪戯っぽい笑みを浮かべて…
このおばさんとは再会することがありませんでした…と、いうか ご尊顔を覚えていなかったため、ひょっとすると無意識に店内ですれ違うことがその後もあったのかもしれません。
たかが3円といってしまえばそれまでですが、私にとっては天の助け、心を救われた瞬間でした。それが証拠に30年以上経過しているのに、私の記憶の中に息づいています^_^;

Photo_3

これですね…おねだん150円也

アステカイザーはその後数年間、手元にあったとおもいますが、恐らくは中学生になるときに、母のホロコーストの対象にされたのだろうと思います。

Photo_4

私のヒーローの一人であるアステカイザーですから、もちろん いつか語ろうと思っていました。なぜこの時期に語る気になったのか…それはまた後日ということでm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月11日といえば…

いまから23年も前の話になります。この時間帯であれば、いまのように拙宅にいたと思いますが、午前中はちょっとした興奮に心を奪われていました。
当時は大学二年生(三年生に進学するまでの間の「春休み」)。中学では文科系クラブ(の、副部長)、高校では ほぼ帰宅部。小学校時代の経験から、身体を動かすことそのものが恐怖だった私でしたが、一念発起し「大学時代でなければ経験できないことを」と浅草雷門をくぐりました。

左手を眺めると、後にアルバイト先となる「常盤堂雷おこし本舗」の店舗。的屋のお兄さんが時代遅れなゼンマイ仕掛けのロボットを売っていて、その先には金物屋さん。路地を入った先に「そこ」はありました。

まさか今に至るまで影響をもたらす人物との出会いがあるとも思っていなくて…

「その世界」をまったく知らなかった私は、奥様の手引きでいろいろと教わることになり、今となっては想像できないのですが、ご主人を4時間半/週独り占めにして新しい世界での生活を楽しんでいました。

娘さんも文字通りビッグな方になり、いまとなっては隅っこで黙々とメニューをこなしていたガリガリのイモ兄さんのことなど忘れているでしょうね。

いまだにご主人とは接点もありますし、その活躍が報道されれば心はぽかぽかになります。

あの頃のご主人と同い年になったようですが、頑張らないとね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)