« 「残酷な天使のテーゼ」を重用する風潮に思うこと | トップページ | 何年か経てば、また別バージョンのボックスがリリースされるんでしょうね »

佐倉市立美術館訪問

新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、世間では外出を控えるのが当たり前な風潮になっていますね。

以前にも言及しましたが、私は今年の2月15日以降、娯楽目的の外出を一切していませんでした。

2月の「プリキュア感謝祭」への参戦も断念。
東京駅地下一番街 キャラクターストリートにある「プリキュアプリティストア」「ウルトラマンワールドM78」訪問も見合わせ。
そこまで徹底した理由の一つは、母の存在でした。4月に父が他界し、心身ともに弱り始めている母の姿を見るだに、私の軽率な行動を遠因としてコロナ乃至あまり歓迎したくない疾病に罹患させてしまうのはしのびない、また私自身 コロナにかかりたくもなかったので ずっと外出を控えていました。

とはいえ職場で若手社員と食事をするだに、節度を守った外出を愉しんでいるようで、少々羨ましくも感じた次第。

そしてとうとう昨日(2020年10月3日)、外出に踏み切りました。

とはいえ誰に会うでもなし。行き先は佐倉市立美術館でした。

実は昨年12月にも「小林ドンゲ展」で訪問しました。昨年3月から身体障害者となってしまった私ですが、僅かなメリットは こういった美術館・博物館の入場料が優遇されている点。すべての美術館・博物館がそうではないのでしょうが、佐倉市立美術館の場合 入場料は無料でした。

今回は特に「入館してなにかを観たい」という意識はありませんでした。

主目的は

Img_011430

 

花寺のどか/キュアグレース とのお出かけにありました。

このキャラ撮りスティックですが、SNS映え(?)させるためのグッズで 私が入手したのは3種類目になります。折角入手したのに私自身の入院、父の他界、コロナ問題、熱中症問題と「外出を控えなければならない」事象が続いてしまい ほぼ半年の期間を空けての「お出かけデビュー」となりました。

今年のプリキュアは キャラクターもストーリーも音楽も秀逸ですが 外部環境に道を阻まれ かつての王道を進みづらくなっているようです。

順当に展開するならあと四ヶ月ですが、ムリにスキップすることなく、丁寧に昇華し、フィナーレまで頑張って欲しいと思います。

|

« 「残酷な天使のテーゼ」を重用する風潮に思うこと | トップページ | 何年か経てば、また別バージョンのボックスがリリースされるんでしょうね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「残酷な天使のテーゼ」を重用する風潮に思うこと | トップページ | 何年か経てば、また別バージョンのボックスがリリースされるんでしょうね »