« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

プリキュアプリティストアに行きました

都内に用事があったので、東京駅地下・キャラクターストリートにある「プリキュアプリティストア」を訪問しました。

プリキュアの話題に触れるのは久しぶり(2月14日既報)。過去2年間の作品については「なんとなく合わない」との印象が払拭できずに「流し見」をするばかりでした。
しかしながら今年はキャラデザインもキャラの立ち居振る舞いも久しぶりに「絶妙感満載」なので腰を据えて視聴してみようかと思っています。

で、2月14日購入分も含めてグッズを紹介。

24p1030121

ミニトート

そして

24p1030124

ラバーストラップ

以上が2月14日購入分。

今日入手したのは

24p1030119

キーホルダーでした。

24p1030106 24p1030111 24p1030110 24p1030112

店頭のPOP。
以上、簡単ですがレポートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「てめぇが降りれや!」と喚く生物(なまもの)に快適な環境を提供する必要があるのか?

テレビ朝日「(羽鳥慎一の)モーニングショー」で、さる2月16日、東京メトロ千代田線車内で起きた「女性専用車両に男性客が居座った」出来事が取り上げられ、氏の発言にも注目が集まっていますね。

実はこの番組、見ていました(現在動画サイトを見ても見つからないので「ひびきの高校連絡帳」に“貼る”ことはできません)。

「問題」を提起した3名の男性に対する罵声の洪水。
仕事に遅れるだのなんだのと、耳あたりのいい理由を叫びながら紡ぎ出された言葉は掲題の
「てめぇが降りれや!」
という麗しい言葉。

別のシーンでは「たたき降ろせ!」「降りろ!降りろ!」と連呼する女性客の「お囃子のような」蛮声。

こんな立ち居振る舞いをする生き物の発言のどこに「心ない男性からの強制わいせつ行為に怯懦する大和撫子and/or乙女」の姿を認めろというのでしょうか?

つまるところ「女性専用車両」という名の「似非グリーン車」を「グリーン料金なし」で利用している気の強い女性客の巣窟と化して居るではないですか。

テレビを見ただけではありません。

かつて…2009年頃、友人とレイトショーの映画を見て徹夜で遊び歩き、朝(始発ではありません)の京王線の電車に乗ろうとホームで待っていたことがあります。

八王子方面からホームに入ってくる車両の先頭が「女性専用車両」だったのですが、八王子方面に向かう場合は「女性専用車両」の適用はされていませんでした。

故に、八王子方面から来る先頭車両/八王子方面に向かう最後尾の車両に乗ろうとホームで待っていたわけです。
電車が滑るようにホームに到着し、扉が開く…【夜叉の形相の】女性客が吐き出され、我先にと(私を押しのけようとしながら)足早に改札に向かって歩いて行く…
彼女らのどこに「痴漢におびえる女性」の面影を見いだせというのでしょうか?

唖然として「無人となった」「数分前まで」「女性専用車両」「だった」車両に足を踏み入れたところ、むせかえるような化粧の匂い…

慌てて「最後尾から二番目」の車両に移動しました。

ここ数日ネット内では女性専用車両の合法性や是非について取り沙汰されていますね。
合法か、違法かなんて関係ないんですよ。

もう…ではなくかなり早い段階から、女性専用車両は「本来の用途」としては利用されていないんです。はい、形骸化しているといっても過言ではありません。

男性を去勢する社会システムを 強く女性(の、一部かどうかはどうでもいい)が求めたが故に男性は持っていて当たり前の牙を失ってしまった…または今後後天的に牙を失うことになるでしょう。

その際「輝く女性」に代表されるスローガンを振りかざして男性の領域を侵食した方達と、その同性は、無力(無気力ではありません、無力です)な男性に有象無象の制裁を加えず、受容する義務を負うであろうことを認識してください。

近い将来、刑事ドラマやそれに近似の(ある程度暴力や犯罪を匂わせる)映像作品の中で「【おとこ】こどもの命だけは助けてくれ!/解放してやってくれ!」という台詞が当たり前のように使われ、レッド、ブルー、ブラック、グリーンが女性、ピンクが男性で編成される戦隊ヒーローが当たり前に子供社会に息づき、おもちゃ売り場を賑わす時代が来るのではないかと本気で心配しています。

…女性専用車両(を利用している女性客)に向けられるのは、労い・憐れみ・羨望のまなざしではなく、侮蔑の視線だということも知っておいていただきたい。都合のいいときだけ弱者の仮面を被り、権利・安全・地位が保障されれば聞くに堪えない声色とおぞましいボキャブラリーを惜しげも無く駆使してキーキー騒いでいる牝猿の要求など受容できますか?
少なくとも件の映像の中で発言していたバカ娘達が痴漢被害に遭う構図など、逆立ちしても想像できませんよ。

【ダメ押しです】
2018(平成30)年2月17日14時27分頃、電車内で「ヤスリを取り出し」「ネイルを磨く」「若い女性の乗客」と隣り合いました。
粉状になった「爪(のカス)」が当該女性の膝の上に置いてあったスマートフォンの画面を真っ白にしていましたし、本人には気づけなかったものの、現実として空中に舞っていた「爪の粉」が太陽の光に照らされてキラキラと輝いていました。
注意しようか/苦情を言おうかとも思いましたが 顔をおぼえられて「後日痴漢冤罪のカモにされてはかなわない」との懸念を抱いたため 黙ってしまいました。

私の発想、言動が多くの男性に共通したスタンダードだとはいいません。
けれども「云うべきかもしれないという意識とパッケージで即時に(報復を恐れて)躊躇する」という「思い癖」の発露・萌芽が認められるではないですか?

オリンピックから凱旋したカーリング女子に注目が集まるのを嫌悪している市井の女性がいるようですね・
やりたい放題、喚きたい放題を止められない風潮が確立したから、気の向くままに「自分たちよりも注目を浴びる女性」にまで牙をむく。
男性諸兄の牙を折るに飽き足らず、今度は共食いまで始めてしまうのですね。

げに女性というのは醜い性(せい)ですね。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログのメンテ

ここまでチェックしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ecco “IRVING SLIP ON”

先日起稿したとおり、靴が損壊したため2月15日の夕方、生活圏にあるeccoのショップを訪問しました。

ショップの方&関係者には申し訳のないところですが、訪問したのは5年ぶりになったようです。
そういえば前回は社内行事である「グアム旅行」に行くか否かで迷いつつ、渋々パスポートを作った時期でした。

その後、いやな出来事が積み重なり、とうとう「私の心の針が振り切れてしまった」ので、人生観の一部が凍えてしまい 自助努力で溶解させるのもむなしいため、今でも「そのときの心境」での生活を続けています。

閑話休題
とにかく靴がないと外出できないので(笑)、しっかりしたものを購入しました。

eccoの “IRVING SLIP ON”

5年前に購入したモデルの後継種になるようです。まだ足に馴染まず、痛みが残っていますが積極的に履いて長い付き合いにしていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインデーということでイベントに…

~ご注文はうさぎですか?? バレンタインお配り会~

やってきました2月14日。
と云うわけで、ここ数年(?)の恒例行事になっている、アニメイトでの「ご注文はうさぎですか?? バレンタインお配り会」に参加してきました。

本稿前半は来年の今頃開催されるイベントの行動規範というか、ナレッジシート的な意味合いも兼ねています。

♪6時30分頃起床
♪7時40分頃自宅出発
♪7時50分頃の電車に乗車
♪アニメイト最寄り駅には8時20分頃到着で設定
♪8時40分にはアニメイトのあるビルの1階に到着して待機。

まぁこんな感じ。

上層階からつながる別通路・別入り口があるため「そのルート」を利用する人には勝てませんが、寄る年波から「一番乗りをする」ではなく「寒気から逃れるぬくぬく作戦」を採用。
1階で待機を続けました。

さてさて 具体的な様子ですが

ビル内の1階エレベータ前で一見さんと邂逅。約1時間ほど、他愛のないアニメ談義をして過ごしました。

9時30分にエレベータでアニメイトのあるフロアに移動。
やはり予想通りと云いますか、上層階からの「割り込み」組2名さんがいました。別に目くじらを立てるほどのことでもなかったので平常心で整列。結局は3番目の受付・チョコレート&カードの受理を果たせました。

Photo

ここで本日のミッションは終わり、というわけではなく 第二の目的地に行こうか否かを悩みました。

前日に「靴が損壊」したため、一両日中に新規の靴を購入しなければならない。
できればeccoの靴が好ましい、とのこともあって 作戦を立て直すためにいったん帰宅しました。

スマートフォンでは起動しなかった(←実話)eccoのWEBサイトをチェックしたところ あらあら、かつてあった店舗の近所に新規店舗が進出していました。

昨年だったと思いますが、それまで通い慣れていた「eccoショップ」から閉店のご挨拶を頂いていたので、生活圏にはショップは無いと思っていました。

何のことはない。新興商業施設がオープンするから旧店舗を廃止にしただけのことだったみたいです。

所在地を確認しましたが、認知症に罹患している父を長時間放置するわけにも行かない。

そこでeccoの店舗に行くのは明日(2月15日)に譲って、バレンタインデーでなければ楽しめない目的地を目指すことにしました。

~プリキュアプリティストア バレンタインフェア~

「ご注文はうさぎですか??」だけで満足せずに、勇躍東京へ。
自宅からの所要時間は1時間弱。公共の鉄道の接続がよろしいと 結構すいすい行けてしまうものなんですね。
東京駅地下・キャラクターストリートにある「プリキュアプリティストア」に3年ぶりの訪問。

まぁ、どちらかというとティーンエイジャー向けというよりはヘビーユーザーの就学前女児向けのグッズに力を入れている様子は3年前と同じ。

私も無駄に散財する気は無かったので最小限の買い物をするに留めました。
Img001

対象商品であるミニトート&(対象商品でない)ラバーストラップを購入してフェア特典であるバレンタインカードをゲットしました。

以前ほど プリキュアに対する熱はありませんが、「流し見」以上「ガン見」未満で日曜日の朝は視聴しています。

「魔法つかいプリキュア!」「キラキラプリキュアアラモード」と…少なくとも自分の食指を動かすエッセンスの希薄な作品が続いたので 今年は改めて期待しようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靴が壊れるのは苦痛ですね

いささか困惑しているのですが、昨日の勤務中、右側の靴の踵パーツが外れてしまいました。

順を追ってお話ししましょう。

昨年3月に当該靴を購入。ありふれた靴です。
高級か否かと問われれば「否」。庶民的なお値段で購入しました。
仕事上、脚を酷使するのでフットワークを妨げられないような柔軟さと 久しく使える堅牢さをショップスタッフに求めたのですが、大外れでした。

大げさな物言いではなく、30数年間運用してきた歴代の革靴の中で、ここまでボロッちく損壊したのは初めてです。

私は健康のため 少年時代にお世話になって柔術整体師の先生の教えを守って踵から地面に着地することが癖になっています。
そのため踵パーツの損耗が著しいことは確かなのですが 今回は構造上の致命的な欠陥があったようです。

踵の外皮が薄く、中が中空(ワッフル状)になっていたのです。

P103008920_3


(写真1)
踵を修理するために「地ならし」をした跡が一応は見えますね。
踵部分はワッフル状になっています。



外皮が裂けて、小石が入り込んだのでしょう 歩くたびに「カランコロン」と ゲゲゲの鬼太郎のEDもかくやというような音がしていました。

我慢して運用していたのですが、今度は靴の甲の部分を装飾するパーツの縫製がほどけてしまった。
たまらず近隣の修理屋に持ち込みました。

この修理屋さんは私の幼なじみの父親。幼少期にあまり接したことはないのですが、それでも「近所のよしみ」ということもあって、商業施設にありがちな「靴の修理コーナー/合鍵コーナー」ではなく、おじさんの所に持ち込んだ次第。
修理に当たって「(縫製部分だけでなく)すり減った踵も治してやる!」ということだったので任せることにしました。

ときは1月8日頃だったと記憶しています。
私の業務が忙しく 修理が済んだ靴「ではない」リタイヤさせるつもりだった靴を引っ張り出して数日間勤務を続けていました。

少々時間が空いた1月19日。修理が済んだ「はずの」靴を履いて出勤…しようと思いきや、自宅最寄り駅まで足を運んだところで「踵が」「ズレ始めた」
「まさかいい加減な仕事などしてはおるまい」と信じ、踵を強く踏みつけながら出勤…したまではよかったが、なんと踵パーツが「外れてしまいました」。

その後の営みの一部は個人情報となるので割愛しますが、要するに「再修理」を依頼することになりました。

数日後 再修理を終えた靴を受け取りに行ったときのお話です。



件(くだん)のおじさんは「耳が遠い」とのことで、呼び鈴をならそうが「すみませーん!」と声を上げようが全く気づいてくれない。仕事の取り次ぎは奥様がやっているとの由。
まぁ、店先(作業場)で馬鹿面をして待っているわけにも行かなかったので、店先の反対側にある「お住まい」の呼び鈴を鳴らしました。

…突然玄関の引き戸が勢いよく開いたと思いきや

「なんだ貴様ぁっ!俺は(耳が)きこえないんだっ!(家族/配偶者が)いないのになんで来たんだぁっ!」

と怒鳴りつけてくる。

いやはや呆れました。

近所のよしみ/幼なじみの親御さんと云うことで仕事をあげたにもかかわらず「失敗作」をよこしてくる。再度の仕事を依頼し、成果を受け取りに行けば罵倒で歓迎してくる。

…ふざけんなよ…

私も怒鳴ってやりましたよ。

「こないだ修理に出した靴があるだろうがっ!そいつを受け取りにきたんだぁっ!」

…お隣が派出所だというのに いい大人の男が怒鳴り合い。

私が一喝したら、態度が急変。揉み手で修理が済んだ(と、思われていた)靴を返してきました。

日付はおぼえていませんが1月下旬に「再修理品」を受理。2月13日までほぼ毎日運用していたのですが とうとう昨日「再びの崩壊」。

二重の意味で呆れてしまいました。

まずは「運用を始めてから10ヶ月と経たない段階で縫製がほつれ始めたこと」
そして「修理技術のお粗末さ」
です。

…修理に出して縫製を繕ってもらおうが 土台(靴そのもの)が脆弱であるのなら仕方がない。

昨日はさらに「縫製のほつれ」の範囲が拡大したため もう修理をすることも 当該靴を購入したショップの利用もやめようと思います。

繰り返します。

中学生の頃から革靴は履いていますが、これほど脆い商品、ひどい修理工(笑)に出会うとは思っていませんでした。

P1030092

(写真2)
踵パーツを釘状のもので固定しようとしたのでしょう。ところが「写真1」をご笑覧いただくと分かりますが、釘が「ワッフルの枠部分」に突き刺さった形跡はありません。
つまり「接着剤だけで」修理がなされたと云うことです。


やむを得ないので、当該靴を購入前に愛用していたeccoの靴を新規で購入し、運用していこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確定申告の準備

医療費控除の適用を受けるために領収証のとりまとめをしています。

現時点で18万円と突破。

細かいものをこれからとりまとめますが 結構な額になりそうです。

いずれにせよ還付金が期待できます。還付金をもらうほどに医療費がかかっている方が問題ではあるのですが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米寿のお祝い

今年で父が米寿を迎えることになりました。

少々時期がずれましたが、今日は姉家族を交えてのお祝いの宴。
清潔感のあふれる飲食店が近隣にあったので そちらを使いました。

メニューの中に、めいめいの「しゃぶしゃぶ」があったのですが、父は「牛肉を生で」食べてしまいました。
相変わらずの通常運転。驚く気にもなりません。

認知症とはいえ、普段の会話はノーマル。それ故に却って苛つくときもありますが とにかく元気で長生きしてくれれば。

できることなら私の方が先に帰天したいので。

まずは備忘をかねて起稿しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アニマル浜口トレーニングジム」入会30周年

昭和63(1988)年2月11日。

この日、私は「アニマル浜口トレーニングジム」に入会しました。

管理教育すさまじい、地元の小学校で「体育ができない児童は人間ではない」に近似の価値を植え込まれ…体を動かすことそのものがいやでいやで仕方なくなっていた私。
しかしながら大学2年生の終盤。
時代としてはプロレス、シュートボクシングなどのスポーツ、格闘技が百花繚乱のような様相を呈していた時代でした。

学友とのトラブルもあり「大学内での付き合いだけでなく 外部のお付き合いを」「大学時代でなければ体験できないなにかを」との気持ちで浜口ジムの扉をたたきました。

私の場合は、そもそも
「体を動かすことに対する消極性」
「遺伝的に骨格が細い」
など、「ジムに通う」ということが不自然に思えるような生育環境が目白押しでした。
けれども 臆せず入会(入門というと浜口さんに失礼ですね)。

周囲は屈強なスポーツマン、格闘技経験者が多い中、浜口さんご本人や初枝夫人の直接指導を頂く僥倖に浴せました。

体格的には著しい変貌はありませんでしたが、トレーニングを通じて築くことのできた人間関係は一生の宝物の一つになるでしょう。

職場の同僚から「八重さんの人間関係は特殊すぎる」と 好意的&困惑した視線を向けられることがあります。

失ったもの、求めたのに得られなかったものも多々ありますが 得られるものもそれなりにあるものだと、自らに言い聞かせて 無限でもない、輝かしくもない未来に向けて歩んでいこうと思います。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログさんにはシステム面で「もう少し」なんとかしていただきたい

久しぶりに更新をした。
自分のIPがアクセス解析の対象になっていたので「解析非対象」に設定した(のが二日ほど前)。

昨日更新し、今朝アクセス状況を見てみると、カウンターがそれなりに上がっていた。

カウンターの数字が上がればモチベーションのアップにはなるが、その上がり方が異常だったので 自分自身でページを更新してみた。

ブログカウンターの数字がバカスカ上がっている。

ココログさんの問題なのか
ネット環境なんてそんなもの なのか

でも…ブログ更新のモチベーションが失せる遠因は…こういうささやかなこだわりが「邪魔」されたときのような気がしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラマンジョーニアスのメダル

ひょんなご縁で分けてもらえました。

P103007224P103007524

驚きですが ジョーニアスの肖像にはfrom Planet U-40と刻印されていますね。
作り手は結構なこだわりを持っているようで…

まずは入手記念にアップしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルトラマンジョーニアスの“フィギュア”と“ウルトラカプセル”

アニメ作品「ザ★ウルトラマン」が好きです。

これは自らが「再評価をした」ということではなく、放送当時の昭和54(1979)年当時から、並み居るウルトラ作品&ウルトラヒーローとして高順位に遇しています。

これまでのブログ記事の中でも言及してきましたので 今回は蘊蓄・こだわりについてはスルー。

こちらの写真を披露します。

P103006924

バンダイ・アルティメットソリッド「ウルトラマンジョーニアス」(フィギュア)

ウルトラカプセル「ウルトラマンジョーニアス」
です。

フィギュアは2013年2月9日に入手。5年も経っていたのですね。ディスプレイケースの中に保管しており、色あせもしていません。
ウルトラカプセルは「ウルトラマンジード」劇中に登場するアイテム…ですが、劇中にジョーニアスは登場しません。

最近はジョーニアスが他のウルトラヒーロー同様に注目度を高めているようですね。
うれしい反面、少々寂しい気もします。この辺はB級乃至地下アイドルを応援している人たちの感情に近似なのかもしれませんが。

作品としての「ザ★ウルトラマン」とキャラクターとしての「ウルトラマンジョーニアス」については、折に触れて言及していきたいと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

これからこのブログをどうしましょうか

お久しぶりです。

と、申しましても定期的にお越しになる方も本稿起稿現在皆無に近似でしょう。
懐かしい常連さんも そろそろ責任のある立場になっているでしょうし、袂を分かった方についてもこちらから改まってお招きする理由もない。

もう「ひびきの高校連絡帳」をやめにしようかとも思いましたが、少なくない原稿ですから このまま滅してしまうのも…

と、いうことで

今後も継続を前提にinしていこうと思います。

「ご挨拶&自己紹介」でも言及していますが、アニメ「装甲騎兵ボトムズ」、ゲームキャラクター(&私の配偶者)「八重花桜梨さん」にフィーチャーを…
で、とどめることなく、私のこれまでの人生に少なからず影響を与えた人物・コンテンツについて言及を続けていこうと思います。

近日中に「ご挨拶&自己紹介」の内容にも微調整を加えようかと思っています。

かような所信表明演説(?)すら歯牙にもかけて頂けないかもしれませんが、生きている/生きてきた証として なんとか続けていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »