« ココログさんにはシステム面で「もう少し」なんとかしていただきたい | トップページ | 米寿のお祝い »

「アニマル浜口トレーニングジム」入会30周年

昭和63(1988)年2月11日。

この日、私は「アニマル浜口トレーニングジム」に入会しました。

管理教育すさまじい、地元の小学校で「体育ができない児童は人間ではない」に近似の価値を植え込まれ…体を動かすことそのものがいやでいやで仕方なくなっていた私。
しかしながら大学2年生の終盤。
時代としてはプロレス、シュートボクシングなどのスポーツ、格闘技が百花繚乱のような様相を呈していた時代でした。

学友とのトラブルもあり「大学内での付き合いだけでなく 外部のお付き合いを」「大学時代でなければ体験できないなにかを」との気持ちで浜口ジムの扉をたたきました。

私の場合は、そもそも
「体を動かすことに対する消極性」
「遺伝的に骨格が細い」
など、「ジムに通う」ということが不自然に思えるような生育環境が目白押しでした。
けれども 臆せず入会(入門というと浜口さんに失礼ですね)。

周囲は屈強なスポーツマン、格闘技経験者が多い中、浜口さんご本人や初枝夫人の直接指導を頂く僥倖に浴せました。

体格的には著しい変貌はありませんでしたが、トレーニングを通じて築くことのできた人間関係は一生の宝物の一つになるでしょう。

職場の同僚から「八重さんの人間関係は特殊すぎる」と 好意的&困惑した視線を向けられることがあります。

失ったもの、求めたのに得られなかったものも多々ありますが 得られるものもそれなりにあるものだと、自らに言い聞かせて 無限でもない、輝かしくもない未来に向けて歩んでいこうと思います。

Photo

|

« ココログさんにはシステム面で「もう少し」なんとかしていただきたい | トップページ | 米寿のお祝い »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288502/72895163

この記事へのトラックバック一覧です: 「アニマル浜口トレーニングジム」入会30周年:

« ココログさんにはシステム面で「もう少し」なんとかしていただきたい | トップページ | 米寿のお祝い »