« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

ご注文は“ねずみ”ですか??? ♯1「出会い」

平成29(2017)年、1月22日(日)7時半ころ、我が家に珍客が舞い込みました。

私は勤務の関係で就寝が深夜になるため、朝の7時台ではまだまだ寝ぼけ眼。トイレに向かうために階段を降りようとした私の背後で…

“カサカサッ”

…と、物音がしました。

階段の踊り場には、ゴミ捨てように備蓄しているコンビニ袋が何枚かあるのですが、それにしても“カサカサ音”が大きかった。
隙間風でも吹いたのだろうかと思いつつ、用を足して自室に戻ろうとして階段をあがろうとした刹那、視界に小さな影が!

私ももうじき齢(よわい)50(笑) 図鑑を見なくても正体はわかった。

ネズミ…鼠…ねずみ…

ゴキブリとは毎年(なぜか毎年一匹)対面している私ですが、ねずみを自宅内で見るのは私も家族も初めて。

階段から“駆け下りてきた”ねずみは階段曲がり角にあるステップと手提げ袋の隙間に飛び込み、背中を丸めて息をひそめている。
すかさず認知症の父を叩き起こし(完全にボケているわけではないので日常会話は70%理解できるし、“ああしろこうしろ”といえば従うくらいの能力はあります)「ねずみがいるから捕まえるのを手伝ってくれ!」と懇願。

返ってきた言葉は

父「今、何時だ?」
私「( ̄◆ ̄;) 7時半だけど」
父「それじゃ、ご飯(炊飯器)に火(電源)を入れて…」
私「( ̄◆ ̄;) いや、だからねずみがいるんだってば…ねずみだよ」
父「…?」
父はそのままトイレに入って用を足していました。

そうこうしている間に“監視下にあった”ねずみは人間の視線を感じたのか、潜伏場所を飛び出し、階下に走っていってしまいました。

かくして決して短くない、ねずみとの不毛の戦いが始まりました。
こちらをクリックして頂くと ♯2「罠」 にジャンプします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

認知症の父が私のシャツを焼いてしまいました

かねてよりストーブの上空で洗濯物を乾かす習慣のあった両親。

とはいえ老いと云うものは残酷なものです。

母は骨粗鬆症の影響で
父は認知症の影響で

長押からぶら下がっているハンガーに洗濯物を津することができない状態になっていました。

今では長押にS管をフックして(つまり床面/ストーブに“より”接近させて)ハンガーを吊るして洗濯物をぶら下げるしかできない状況になっていました。

母は明敏…とはいえ若いころとは異なりますし、俊敏に身を翻すことができるわけでもない。
父は認知症罹患以前から「Aの場合は〇、Bの場合は×」という「場合分け」が全くできない人でした。

故に母が「私(母)がいるときだけ、ストーブの上(上空)に洗濯物をぶら下げて乾かしてもいい。私がいないときには乾かしてはいけない」といったところで判断がつくわけがない。

再三にわたって「条件分けなんかしなくていい。どんなときでもストーブの上に洗濯物を干すことは控えろ、否、するな!」ときつく言っていたのに母も「場合分け」を続けて父の愚行を放置していた。

その結果がこの為体。

2_2

買ったばかりの“あったかシャツ”が台無し。

結局今後は「何があっても誰がそばにいても 洗濯物をストーブの上空では乾かさない」と誓わせました。
が、誓った直後に「せせら笑い」。

どれだけ自分が不始末を犯そうと
人の持ち物を傷つけようと
火事の遠因を作ろうと

中っ腹になり、憎まれ口を利き、反省の片鱗もなく被害者をコケにする…

生涯初めて…私は父を蹴飛ばしました…

掛け値なしに 父より先に死にたいと思っています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年(平成29年)は、郵便転送届を提出しません

年賀状が届きました。

毎年30名前後の友人知人、恩師やかつての上司とのやり取りをしています。

その中に、毎年「旧住所」で投函してくる人がいます。

私が一人暮らしをやめて実家(自宅とほぼ同義)に戻ってきたのは平成21年の秋。
勿論即座に「転送届」は出していました。
平成22年1月に届く年賀状が旧住所なのはやむを得ない。
しかしながらその後7年の間に住所の訂正ができていない友人知人の神経が分かりません。

具体的な数字は控えますが「きわめてわずかな」人たちからの年賀状だけ。
毎年郵便局に足を運ぶのも面倒くさいので、今秋は意識して郵便転送届を出さないことにしました。

最後の気配りとして、旧住所で投函してくる友人知人に昨日メールで「住所を現住所に訂正して投函してください」という主旨のメールを送りました。未送達のリメールが届いていませんから、メールアドレスに間違いはなく、無事に届いているものと解釈します。

それでも訂正してくださらなかった場合は「配達準備中に調査しましたが あて所に尋ね当たりません」と突っ返されてしまうでしょうね。周章狼狽するかもしれませんが、知ったことではありません。

その場合は自分で賀状を見ることなく、書くことなくご家族に丸投げで年賀状に向き合っていたのだと解釈させて頂くだけです。

それで交流が途絶えるのなら 以て瞑すべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年が明けました

昨年あれだけ大騒ぎしたSMAP解散騒動(笑)

37万5千人のジャリタレ愛好者の願いもむなしく、無事に解散してくれたようですね。
提灯ライターの菊地陽子は今年から何を食い扶持にするのか興味津々です。

私は別にSMAPが特別嫌いという訳ではなかった。ただ所謂「解散騒動」が起きて以降の提灯ライターの迷走ぶり(笑)ファンのCD購入運動などを悉く唾棄してきた。
繰り返す。
SMAPを悪く言っているのではない。

騒いでいた提灯ライターと「勇気と感動をありがとう」メンタリティ全開の一部の市井の人々の姿に困惑していただけ。

新年スタートですね。

「勇気と感動をありがとう」。次は誰に寄りかかりますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »