« 自ら命を絶った友人の遺作 | トップページ | 湘南テアトロ☆デラルテ本公演「いつでもマリハナ」(初日)【その2】 »

湘南テアトロ☆デラルテ本公演「いつでもマリハナ」(初日)【その1】

【序】

実に3年ぶりの平塚訪問&テアトロ☆デラルテ観劇となりました。

前回の訪問は平成25年1月末(笑)。「スマイルプリキュア!」の最終回放送の前日。
実は あの日は平塚駅前のホテル“T”に宿泊しており、プリキュアの最終回はホテルで視聴しました。

その後、仕事が忙しくなったのに加え、昨夏(平成27年) 原因不明の左肩骨折(左上腕骨頸部骨折)に襲われ、多発性骨髄腫(←色が変わっているところをクリックすると、病気の説明ページにジャンプします。返す返すも「この病気でなくてよかった」と実感します)という物騒な病気まで疑われるに至り、平塚訪問&湘南テアトロ☆デラルテ訪問に3年ものブランクが生まれてしまった次第。

漠然と「人並みの寿命をまっとうする」ものだと思っていた私の命は、ひょっとすると明日にも潰えてしまうのかもしれない…そういう危機感を抱きながら悶々とした日々を過ごして参りました。

Photo
命の期限が早足で近づいている懸念を抱いたため、終活として「出棺の際には“炎のさだめ(インストゥルメンタル)”を流し、棺の中にはアーマーマグナムの模型を収める」よう、遺言まで書くに至りました。
昭和58年から33年間、意地を以て応援し、愛してきた「装甲騎兵ボトムズ」と郷田ほづみさん。「命懸け」「真剣勝負」をチャラい人間が口にすることは多々ありますね。
私自身がまさか「命懸け」という台詞を運命に押し出されるように口にするときが来るとは思ってもいませんでした。

かつて「宇宙戦艦ヤマト」劇中にて「いま生きているんですよ。次の瞬間も生きる権利があるんです」と口にしていた古代進の言葉を反芻しながら日々を過ごし、平塚に向かう朝を迎えました。

【出発】

午前中は骨折の影響で動かなくなっている左肩のリハビリ。いったん帰宅し、昼食をとってから、いざ 平塚へ。

平塚訪問時のささやかなお楽しみ「東海道線のクロスシートに座って車窓から風景を眺める」作戦を狙っていましたが この3年でJRの路線も変わっていたのですね。
東京駅始発の東海道線には巡り合えず、上野方面からやってきた「JR上野・東京ライン」と称される路線を走っている電車に乗って平塚に向かいました。
幸い、クロスシートに座ることができましたが、ここで一つ困ったことが…

宿泊を前提に出発したため荷物がやや多め。「網棚」に荷物を置こうと思ったのですが…“左肩が動かない”

リハビリはしておりますが、諸般の事情で回復は遅々としており、簡単に言うと…ガンプラに喩えると「右肩はマスターグレードガンダム、左肩はベストメカコレクションのガンダム」といった感じに、可動域に差異が起きています。それ故「左手を添えて右手で網棚に荷物を置く」という、なんでもない動作ができなくなっていました。
マナー違反だとは思いましたが、相対的に軽い荷物の入ったバッグをブルンブルンと振り回し、遠心力で網棚に放り投げました。

車窓の風景を目にしつつ「次回はいつお邪魔できるかわからないし もしかしたらこれが(健康上の都合から)最後になってしまうかもしれない」と少々沈んだ気持ちでいたことは確かです。

【平塚到着・チェックイン】

久しぶりの平塚駅前。「湘南テアトロ☆デラルテ」の活動の場であるアトリエ湘南のある平塚駅南口に降り立ちました。
これまでとは異なる風景に一瞬戸惑いました。
実は私は「平日に平塚に来たことがなかった」のです。
目の前を行き交う高校生と思しき若者。のみならずハロウィン当日とあって、商店街にお菓子をねだりにあるく子供たちがそこかしこにいました。

電車の中で少々睡魔に襲われていた私は気付けを兼ねてコンビニでアイスクリームを…

踵を返してホテル“K”を目指しました。

“T”よりも宿泊料が安いこと、線路沿いにあることを魅力に感じて選択。
荷を解いて小一時間ほど… そろそろアトリエ湘南に向かおうかと思って部屋のトイレ(&バスルーム)の扉を開けたところで珍事件。

便座に茶色い飛沫が残っていました。

「トイレでコーヒー牛乳を飲んだのだろう」と言い聞かせ…られるわけもなく、フロントに連絡。慌てたスタッフがやってきて、当初予約した部屋とは別の二人部屋に案内されました。
トイレに先客の糞尿の形跡を残すようなクリーニングって、いったいどういう了見なんでしょうね。かなり困惑しました。

気を取り直してアトリエへ…

(ちょっと長くなりましたね。別稿にて続きを書かせて頂きます。こちらをクリックください)

|

« 自ら命を絶った友人の遺作 | トップページ | 湘南テアトロ☆デラルテ本公演「いつでもマリハナ」(初日)【その2】 »

湘南テアトロ☆デラルテ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南テアトロ☆デラルテ本公演「いつでもマリハナ」(初日)【その1】:

« 自ら命を絶った友人の遺作 | トップページ | 湘南テアトロ☆デラルテ本公演「いつでもマリハナ」(初日)【その2】 »