« 十年一日というべきなのかなんともはや | トップページ | 国を失う、後ろ盾を失うということの寒々しさ »

マーグというのは、ロゼにケチをつけないと魅力を語れないほどにせこいキャラクターなのか?

~ゴッドマーズ腐女子襲来~

昨年暮れ、某SNSのお題で「アニメに登場する双子のキャラクター」が特集されたことがあります。

私は「聖闘士星矢」に登場する双子座の黄金聖闘士に言及してもよかったのですが「六神合体ゴッドマーズ」の明神タケル&マーグに言及しました。すると…まだ居たんですね「ゴッドマーズ腐女子」が(笑)
私はタケルとマーグを推すと同時に「マーグの魅力が今一つわからない」という愚見を披歴したのですが なんというか、腐女子が釣れてしまって(^_^;) まぁ、仕方ないのかな…

要するに「マーグの魅力が分からない」と発信した私に「マーグマンセー」な女性が絡んできたわけです。

「ああ、まだこういう女性がいるんだ」

と、残念感満載で脱力しました。

~なぜマーグの魅力を語らずにロゼの落ち度(?)にこだわるのか~

その後…喧嘩腰ではなかったのですが意見交換をさせてもらいました。

09031303160212

(写真向かって左側がマーグ、右側が明神タケル(マーズ))

当該女性ユーザーの主張の根幹は「マーグを殺したロゼが許せない」「マーグを殺したくせに弟のタケルを好きになって云々」と(笑)

いや、「ロゼを好きになってくれ」「ロゼを許してやってくれ」なんてこちらから要求していない。
「ロゼの何処が悪いんだ?」と聞いたわけでもない。
また私に対して「ロゼが好きな理由」を問われても答える義務は無い。
ただ、見ず知らずのネット上の人間に絡んで来て、相手が好いているキャラクターをこき下ろすという方法ではなく、ご自分が好きだと言っているマーグの魅力について話してくれればよかった。

それがたとえ周囲から見て「それの何処が魅力的なんだ?」と言われようとも、一応「蓼食う虫も好き好き」で こちらから能動的に攻撃等しはしない。

ところが「マーグのここが好き」ではなくて「ロゼのここがいけない」というコメントばかりが私にぶつけられてきた。「今は2015年(当時)であって1982年ではないのに…」当該女性はどのような気持ちで私に絡んできたのか…

~結局マーグの何処に魅力を感じたのですか(笑)?~

ハッキリ言います。私はマーグの魅力が分かりません…あれ?魅力はあるかもしれないですね(笑)
結局ゴッドマーズに登場する双子の兄弟の魅力というのは、その出自の悲劇性に立脚しているモノだと思うわけです。

マーグだけにフォーカスするなら、双子の弟を地球に送り込まれたことを幼い段階で知ることとなり、当該弟の返還を懇願する母親を目の前で殺害された。
天涯孤独の身になって暗愚のふりをして仇敵であるズール皇帝一味の動向を探り、それが発覚して洗脳され、たった一人の身内となった弟と敵対することを強いられ、最後はロゼの誤射(?)によって落命する。

それに美少年というエッセンスが加わっているモノだから、世の腐女子のツボを捉えるのも無理はない。

~マーグが殺されなかったら?~

「マーグの魅力」そのものではなく「そういうところをマーグの魅力だと言い聞かせて」キーキー騒いでいる女性の気持ちはわからないでもない。
でもちょっと聞いてほしい。ロゼがマーグを殺さなかったとしても、マーグの魅力は変わらなかったでしょうか?マーグのファンからロゼが疎んじられることはなかったのでしょうか?

答えは否、だと思います。

マーグは「死んだからこそ」タケルよりも人気を博した。
生きていたら何が起こるかわかりますか?
窮地に陥ったタケルを心理的のみならず物理的に支援できる。おそらくはゴッドマーズを操縦することもできたでしょう。

そんなマーグに腐女子は魅力を感じるのでしょうか?

~マーグマンセーな腐女子さんに“もっと残酷なお話”をしてあげましょうか?~

マーグが死ななかったら、番組の構成上、タケルをヒーローに据え置くために戦線を離脱することも考えられた。たとえば復興したギシン星に戻って、遠くからタケルを見守るとか。その際、マーグの傍にいるのは誰が濃厚でしょうね?

(下記画像上段の)日向ミカ(笑)?
それとも(下記画像下段の)明石ナミダ(爆)?

600930365656160507
1605071


洗脳が解け、心理的に疲弊し、肉体的にはタケルほどに強靭とは思えない彼の傍には、適度に…心身ともに“強い女性”が必要になるのではないでしょうか?

ゴッドマーズという作品の根幹には「愛」という言葉が流れ続けています。
疲れ切ったマーグと、甲斐甲斐しくマーグをいたわる女性…その間に 恋慕の情が産まれないと言い切れますか(笑)?
まさかその「いたわる女性」がルイ(ロゼの妹)だなんて考えにくいですよね?

そう、マーグが存命であった場合、ロゼは「別の理由で」腐女子に憎まれるでしょう。



私はマーグが死んだからこそ魅力的だったのだと思います。
そしてマーグが生きていようが死んでしまおうが、ロゼが腐女子に憎まれることは確定していたのだと思います。

マーグが死んだから「マーグを殺した憎い相手」として。
存命だったら「恋敵」として(笑)

いまだにSNSのゴッドマーズコミュではマーグのコスプレをして悦に浸っている女性…腐女子の言動が目立ちます。
「装甲騎兵ボトムズ」というとATの模型のことばかりが採り上げられるのと同じように、「六神合体ゴッドマーズ」と云えばマーグのことばかり(笑)

~ロゼを「子供を産む機械」と遇するマーグ腐女子の身勝手さ~

一つだけ毒を吐いてやりましょうか?

かつて「ジ・アニメ」「アニメディア」「マイアニメ」などのアニメ雑誌の中で「タケルとロゼを結婚させて男児を産ませ(笑)マーグ二世にすればいい」という声があがっていました。
当時私は14歳。修学旅行で訪れた東海大学海洋科学博物館で、「どうすれば(人間の)赤ちゃんが産まれるのか」を知ったばかりでした。
タケルとロゼを裸にして性行為をさせる?

2007年に「女性は(子供を)産む機械」という発言をして叩かれた政治家がいましたね。
世のゴッドマーズ腐女子は1982年(笑) 政治家の発言よりも四半世紀も前にロゼを指さして「マーグのコピーを産む機械」のように発言していたのですね。

当時私は猛烈な嫌悪感を催しましたよ。徒に長生きさせれば、結局レゾンデートルを歪曲されて神々しさを失ってしまうであろう少年の延命を望んだのみならず、死んでしまえば同じ顔の人間をつくるために 目の仇にしている少女を「産む機械」のように遇して夢を語る…

ふざけなさんなって…

~ロゼ、きみは美しい~

Photo_2

私は当時、ゴッドマーズが大好きでした。いまだにカンペンケースや下敷き、カレンダー(1983年の卓上カレンダー)などを持っています。

でも今になってみると、毎回おなじみのプロットを繰り返す作品そのもに魅力を感じることが難しくなり いまだにマーグマンセーを放言する腐女子のふるまいを苦々しく思うような状況です。

そういう人たちと交わらなければいい。そう思いつつも 忸怩たる思いを抱きながら、心のアルバムをめくっています。

|

« 十年一日というべきなのかなんともはや | トップページ | 国を失う、後ろ盾を失うということの寒々しさ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遊びにきますた~♪

まぁ他人の趣味は他人の趣味

こんなに熱く語れてちょいと羨ましくなりました^^

奥さんの趣味をとことん理解できる方が怖いから

お互い理解できなくて大いに結構(笑)

なぜゴキブリが嫌いか?というように

ただただ好きなものは好き、嫌いなものは嫌い

多分、いろいろ理論的に言葉を尽くしても

毛頭嫌いなのだろうな
婿と舅、嫁と姑
分かり合えない関係もあってよし!

ちなみに私は当時チャコの声にハマってましたね~
パックインミュージックは青春でした
声優アイドルありがとう!

チャコの声は私の趣味なので、異論は大いに結構(笑)

嫌いな人がいても良し!(いや、ダメか?)

テレビ漫画(古い?)の感想なんてのは

十人十色でなくちゃ面白くない

しかしなんかこう、レインボー戦隊の皇帝にしろ
総裁Xにしろ
ズルイ?ユルイ?皇帝にしろ

昔の悪役ってこーゆーイメージなんだと改めて……

ちなみにビルの街をガオ~♪鉄人は好きだったが
(あ・ヨミ様と突っ込みどころ満載のバビル2世も)
さすがに年代の新しいゴットマーズ見たことないので、ちとスマソ

投稿: 別人28号 | 2016年5月14日 (土) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288502/63755158

この記事へのトラックバック一覧です: マーグというのは、ロゼにケチをつけないと魅力を語れないほどにせこいキャラクターなのか?:

« 十年一日というべきなのかなんともはや | トップページ | 国を失う、後ろ盾を失うということの寒々しさ »