« キュアビューティの携帯ストラップ | トップページ | バスルームの睦みあい2012(笑) »

ソープオペラ再び

大型連休に突入しましたね。
巡礼を終えて、新たな生活のリズムに体を馴染ませているまっただ中。実は4月27日の夜を迎えるまで、大型連休が到来したことや、28日~30日がひとまず三連休なのだということに気づかずにいました。
毎日の業務で曜日の感覚や暦の流れ、季節感、そのほとんどに興味がない状態が続いていたので。

海上自衛隊の海上勤務の方たちが、毎週金曜日にカレーライスを食べることで時間の感覚を取り戻す、といったお話を聞いたことがありますが、私の場合は毎週日曜日に「スマイルプリキュア!」を視聴することで曜日の感覚を正常に保っています^_^;

さてさて、とにかく三連休(笑)。半年ぶりに平塚行きを決心しました。

郷田ほづみさんをはじめ、劇団で懇意にしてくださっている方たちには就職の報告は済ませてあったのですが、就職後初の訪問。ちょっと緊張しました。

通勤定期券を使うことができるので、少々電車賃が浮くのでは、との皮算用をしておりましたが、通勤経路とクロスする部分が少なかったので、あまり定期券の恩恵は得られなかったみたいです^_^; 予想通り、大型連休とあって電車内はいつもよりも混んでいました。家族連れ、その他グループの歓声に少々圧倒されましたが、こういう事態を見越してプレイステーションポータブルをカバンに忍ばせておきました。このゲーム機を購入したのは6年前ですが、付属のヘッドホンを使用したのは今回が初めて。周囲の喧騒に背を向けて、「第二次スーパーロボット大戦Z 再世編」をプレイしながらの平塚道中となりました。

11時30分頃、平塚駅に到着。そのまま駅に直結している「平塚ラスカ」というショッピングモール内の「リヴィエラ」というレストランへ。前回もリヴィエラで食事をしたのですが、今回は「ヘルシーハンバーグ」で腹ごしらえ。 前回からファミレスではなく、ラスカの中のレストランを積極活用しようと方針変更しています…が、平塚到着から劇場での受付までのタイムラグを考えると、東京駅周辺で食事を済ませて、13時ころに平塚に到着するようなスケジュールもいいのかな、などと考えるようになりました。

食後は平塚駅周辺…会場のアトリエ湘南がある南口とは反対の北口に降りてみました。私の母は平塚大空襲の被災者であり、焼夷弾の雨の中を逃げ惑っていたと聞きました。当時の住居表示も記憶していたため、それらしき地域(いまだに名前が残っていました)を散策。とはいえ不案内な状況だったので、散策を切り上げて会場に向かいました。

観劇友達のJ嬢と合流(?)し、劇場内へ。今回は久しぶりに郷田さんがキャスティングされているため…だと思うのですが お客さんの出足も好調だったようで。

ソープオペラのストーリーは、半年前とあまり変わっていませんでした。が、上演時間(前半)がなんとなく短く感じられました。後刻郷田さんに伺ったところ、毎回余剰な描写を省いて上演時間をコンパクトにしていると。納得。
劇中では奥さんに黙って転職を決めたり家の購入を決めたりしてしまう旦那さんとか
浮気がばれて修羅場(?)を演じる夫婦とか(笑)
記憶喪失に陥った奥さんに翻弄され、悩み苦しむ旦那さんとか
さまざまな描写がなされていました。

私は独身…

1

\(;゚∇゚)/

いえ、三次元では独身なのですが、夫婦生活を営む中で、独りよがりにことを運ぶ旦那さんの立ち居振る舞いに共感できる部分があり、ある意味怖くも感じました。さすがに黙って家を買うとか転職するということはないでしょうけれども、コミュニケーション不足で夫婦間の感情がすれ違う、互いのベクトルが違った方向に向かってしまうというのは起こりうることなので、将来の(え?)参考にしたいと思います。

また、登場人物の一人が「好きなものを探して/好きなことが見つかると思うから」という理由でアメリカ滞在を希望し、当該登場人物の兄&夫から咎められる描写があります。

「最初から全部を好きになれることなんて稀だ/そんな奇跡は起こらない/好きの割合をちょっとずつ増やしていくものだ」というセリフを前回も聞いたのですが、毎日仕事で疲れている私の胸に幾度も突き刺さりました。

ともすると2年7カ月の巡礼生活を忘れて、仕事に不満を抱いてしまいがちですが、日々の暮らしの中で腹に据えかねることがあっても、少しずつ“好きの割合”を増やしていきたいな、とは思っています。

上演後は郷田さんと久しぶりの談笑。事務所の前に屯していると、おなじみの演者の方たちが行きかい、目礼の洪水(笑)
殆どが巡礼中に知り合った劇団員の方たち。彼らの存在がなければ、幾度も心を折ってしまったことがあったでしょう。この場を借りて、改めて謝意を示したいと思います。

平塚に足を運んだ回数
郷田さんにお目にかかった回数
は一致しません^_^;
それはボトムズイベントで幾度かお目にかかり、反対に平塚にお邪魔した時に郷田さんが不在だったときもあるためです。
自身でブログを読み返せば回数はわかると思うのですが、数字的なことよりも心を癒す場所がある、その幸せを甘受したいと思います。

前回訪問時の記事はこちらになります。

【追記】
いい機会なので調べてみました。
湘南テアトロ☆デラルテ(旧称:湘南アクターズ)観劇実績
《平成21年》
4月(平塚)、9月(二宮)、11月(平塚)
《平成22年》
1月、2月、6月、11月(いずれも平塚)
《平成23年》
2月、6月、10月(いずれも平塚)
《平成24年》
4月(平塚)
というわけで、訪問回数は11回、郷田さんにお目にかかったのは10回

ボトムズイベント参加実績
《昭和60年》
夏「『ザ・ラストレッドショルダー』完成記念試写会」
《昭和63年》
3月6日「ボトムズ・ファイナルイベント(『レッドショルダードキュメント 野望のルーツ』完成記念試写会)」於:日本教育会館(九段下)
《平成18年》
2月12日「ボトムズまつり!」於:新宿ロフトプラスワン
《平成19年》
2月24日「キュアメイドカフェイベント“ファンタムクラブ”」於:キュアメイドカフェ(秋葉原)
《平成20年》
12月21日「『ペールゼン・ファイルズ劇場版公開記念』忘年会だよ!全員集合!」於:阿佐ヶ谷ロフトA
《平成22年》
6月19日「『装甲騎兵ボトムズ幻影篇』スペシャルイベント 同窓会だよ! 全員集合!!」於:阿佐ヶ谷ロフトA
9月3日「ボトムズナイト」於:テアトル新宿
10月25日「ボトムズフェスティバル」於:ショウゲート試写室(渋谷)
《平成23年》
1月8日「『孤影再び』初日舞台あいさつ」於:新宿バルト9 
1月16日「大河原邦男先生サイン会」於:模型ファクトリー(新宿丸井内)
5月26日「高橋良輔監督サイン会」於:有隣堂ヨドバシAKIBA店

というわけで、ボトムズイベントは11回、うち、郷田さんが出演されたり 多少でもお話しできたのが4回です。

|

« キュアビューティの携帯ストラップ | トップページ | バスルームの睦みあい2012(笑) »

湘南テアトロ☆デラルテ」カテゴリの記事

装甲騎兵ボトムズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288502/45075206

この記事へのトラックバック一覧です: ソープオペラ再び:

« キュアビューティの携帯ストラップ | トップページ | バスルームの睦みあい2012(笑) »