« まだやってるんですか? | トップページ | 歩行者天国 »

At Uoodo

エーティー・ユードゥ ではありません。

二軒目のバトリング先が、限りなく黒…むしろカ○トに近いということで、両親も大反対。「バトリングにいくくらいなら外出して1円でも多く稼いで来い」との方針転換があったため、幸か不幸かまったりとした昼下がりを過ごしております。

午前中はプリキュアを視聴。まともに見始めたのが昨年暮れからだったのが幸いしました。こういう可愛らしいキャラ&心打たれるストーリーだとはまってしまう確率が高いのですが、番組も次回で終了。
なんらかの購買意欲がわいても、市場から殆ど姿を消していそうなので却って助かりました。

とはいえ「次の次のバトリング」に備えるため、紙の挑戦状を書き溜めておりました。

久しぶりにFMラジオに耳を傾けたところ、「シューマン ピアノ協奏曲イ短調作品54第一楽章」が耳に入り、思わずペンを止めて姿勢を正してしまいました。

ご存知の方もおられると思いますが、この曲は「ウルトラセブン第49話『史上最大の侵略 後篇』」のクライマックスシーン、アンヌ隊員にモロボシ・ダンが正体を明かし、拉致されたアマギ隊員を救出、続けて双頭怪獣パンドン(改造パンドン)と戦い、M78星雲に帰還するまでの間流れ続けた、特撮フリークにとっては神格化されたクラシックミュージック(の、ひとつ)です。
当時のクオリティとしては秀逸な、そして現在再視聴してもなんら見劣りしない、というか現代の特撮作品のほうが陳腐に見えるほどの重さ、艶っぽさをもった特撮ドラマだったと思います。

ひとしきり聞きおえてセットしたディスクが「装甲騎兵ボトムズ サントラ第1集“ウド”」。アルファベット表記するとAt Uoodoです。何度耳にしても“最低な”気分にしてくれる名作ですね。乾裕樹さんのサウンドに触れたのは昭和58年の夏。林間学校から帰宅を急ぐ途上にあったレコード店で購入したカセットテープでした。
特典として貰ったポスターもいまだに保管してあります。

後年、秋葉原ワシントンホテルの「バロン」というクラブで乾さんのフュージョンが流れていたときがあり、その中に「いつもあなたが」のインストゥルメンタルが混じっていたのを耳にして狂喜した記憶があります。

月並みですが「歌は流れるあなたとともに」といったところでしょうか^_^;

さて…午後からはクメンでも聴いて、心の中だけでも熱帯にしましょうか…

|

« まだやってるんですか? | トップページ | 歩行者天国 »

心に残る歌/音楽」カテゴリの記事

装甲騎兵ボトムズ」カテゴリの記事

コメント

30項目のところでしょうか?
まあ、それでいいんじゃないでしょうか。

ボトの音楽はいいですよね。
懐古厨とか言われちゃうんでしょうけど。
今のが良くないとかじゃなくて、それを聴いていろいろ感動して、大人になった今があるということで……やっぱ、懐古厨?

投稿: 天然記念物 | 2011年1月23日 (日) 14時58分

天然記念物さん

30項目のところです(相手に対する礼儀もあるので、例の書き込みは非表示にしてあります。ご容赦ください)。喉から手が出るほど…なんですけど、ネット上の書き込みも芳しくなかったので 見送りにせざるをえません。

クラシック音楽だって、回顧厨ですもの、気にすることはないです。
高校時代、年賀状配達のアルバイトをしていたときに脳内で「ジ・ユニバース」と「スクランブル」、「ウド・シティ・ブルース」を脳内再生しながら自転車を漕いでいたことが昨日のことのように思い出されます^p^

投稿: 八重花桜瑠 | 2011年1月23日 (日) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288502/38576641

この記事へのトラックバック一覧です: At Uoodo:

« まだやってるんですか? | トップページ | 歩行者天国 »