« 平塚駅 | トップページ | たまには家族のことでも書いてみる »

U40のウルトラ人です

今回のお題「もしもメンバーの一員になるなら、どのアニメがいい?」

話がそれますが、ちょっぴり、というか結構疲れています。
この一年、バトリングを繰り返してきましたが
「次に繋がる場合だけ連絡します」
「ますますのご健闘をお祈り申し上げます」
「…(連絡途絶)」
の洪水。またマッチメーカーにいたっては
「お話を伺いたいので一度お越しください(交通費自腹で)」→「輝かしい経歴ですね!いい案件があるんですよ!一件だけ(そのためにお呼びしたんですけどね)」→「残念でした。いい案件が見つかりましたら“こちらから”ご連絡します(以後、音沙汰なし)」
といった塩梅。

我ながら、よく心身のバランスを保っているな、と感心したり呆れたりです。

で…

お題に戻りましょうか^p^

Photo

↑こちらが選択肢です。

ひとつひとつ検証していきますね。

【問題文】
富士子って…峰不二子のことでしょうね。文字を間違えないでほしいです。
【ワンピース】
チョッパーとかルフィーとか、爆乳のお嬢さんが登場することは知っていますが、腰をすえて一話たりとも視聴したことがないので選択できません。
【宇宙戦艦ヤマト】
愛、平和…美しい言葉の影に隠れて、主要メンバー以外の大量死。私の人生経験上、主要メンバーにはなりえませんので、パス。
【ルパン三世】
アダルトテイスト満載のアニメ作品ですね。次元大介とか、ちょっぴり魅力ですけど、生活が安定しそうにないのでパスです。
【ドラゴンボール】
何回となくブームの波が来ているようですが、ワンピース同様一話たりとも視聴したことがないので選択できません。

で、私がメンバーの一員になりたいのは…
「ザ☆ウルトラマン」に登場した「U40(ユー・フォーティー)のウルトラ人」です。回答は番組名を答えるようですから「ザ☆ウルトラマン」ということになります。

1
(左から星川ムツミ隊員、ヒカリ超一郎隊員、アミア(ジョーニアスの妹)人間体、ウルトラマンジョーニアス人間体)


科学警備隊の隊員とか、ヒカリ隊員の後任とか言えれば優等生チックですが、つまるところ戦わなきゃいけないし、これだけどろどろしている地球人社会にうんざり、というところがあります。
劇中に登場したU40の人たちは社会通念上「ウルトラマン」と呼称される容姿風体に変身するものの、地球人と同様の容姿で日常生活を営み、科学と自然が融合した環境を謳歌し、(一応)争うことなく暮らしているし、戦闘要員でなければ戦うこともない…
まさに地上の楽園…宇宙の楽園ではないかな、と思います。

Photo_3 Photo_4
(写真上段:アミア(ウルトラヒューマノイド)、写真下段左から:エレク、ロト、ジョーニアス(いずれもウルトラヒューマノイド))


本稿前段に私が「泣き言」を書いたのには理由があります。
ザ☆ウルトラマンを想起すると必ず、最終回でのヒカリ隊員のことば
「誰もが自分を信じて戦うべきだから。誰にも頼ってはならないから」
が脳内再生されるからです。

私の現状、他力本願など論外です。ですから件(くだん)のせりふを自分に言い聞かせて歩んでいくしかない。でもそれは社会との隔絶、孤高のヒーローを気取ることとはイコールではない…

「誰にも頼っては」と戒める自我があり、それでもそれを支える存在がいる、すくなくともそういう存在がいることへの喜びを強調したくて前段で拗ねさせていただきました。

ブログネタ: もしメンバーの一員になるなら、どのアニメがいい?参加数拍手

|

« 平塚駅 | トップページ | たまには家族のことでも書いてみる »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ウルトラマン&ウルトラマンシリーズ」カテゴリの記事

コメント

ドラゴンボールもワンピースも一回も見たことないんですね。
って、べつにどうってことありませんけど。
ドラゴンボールは、通して見ていなくても、「かめはめ波」や「亀仙人」「クリリン」あたりは意味が通じる、ぐらいが一般的かなと思っていたのですが、そういうものでもないんですね。

アニメ版ウルトラマンのキャラの絵は初めて見たような気がします。松本風?時代を感じます。

投稿: 天然記念物 | 2010年11月10日 (水) 17時11分

天然記念物さん

「かめはめ波」や「亀仙人」「クリリン」のみならず、ピッコロやブルマ、べジータ、ベジット、フリーザなどの単語はわかります。
動いているところも観ているのですが、いかんせん、興味の外だったので腰をすえてみた記憶がありません。

アニメウルトラ…松本テイストになっていますね(笑)
添付画像からはわかりませんが、ジョーニアス人間体の顔は「コンドルのジョー」に似て…いるところがあります(爆)

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年11月10日 (水) 17時37分

やはり、その時代の画風というか、雰囲気とかありますよね。

テレビ版ボトムズのキリコの体格とかを見てると、前時代の「巨人の星」とか連想しますもの。イプシロン見ると「闘将ダイモス」のリヒテルを思い出しちゃうし……

投稿: 天然記念物 | 2010年11月10日 (水) 17時55分

天然記念物さん

仰るとおり。キリコの第一印象は星一徹でした(太腿辺りも含めて^q^)
トレンドから外れ、独創性を求めることの難しさをアニメウルトラは体現していますね。

ザ☆を語るとき、私が「いの一番」にすることは特撮ウルトラ至上主義者への説明と説得(?)です。
一目見て「ザクだろ?これ」という相手に「スコープドッグ」を説明するよりも大変です。

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年11月10日 (水) 18時04分

(*゚ー゚*)今晩は懐かしいですウルトラレディアミアっち
松本美女なんですねえ
おやすみなさい

投稿: 名無しさん | 2011年9月15日 (木) 22時15分

「名無しさん」さん

松本美女に一応の敬意は払います(プロレスファンが力道山“という人”に敬意を払う程度に)。
十分独立したキャラだと思いますよ。変身後のボディーラインも魅力ですしね。

おはようございます

投稿: 八重花桜瑠 | 2011年9月16日 (金) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U40のウルトラ人です:

« 平塚駅 | トップページ | たまには家族のことでも書いてみる »