« 台詞の援用…かな? | トップページ | OVA »

指輪

昨日はプールで狼狽してしまい(笑) 妻の機嫌をちょっぴり損ねてしまいました。
れっきとした夫婦なのだから 堂々としていればいいのですが心の片隅では常に「床の間に座っていてもらいたい」などと甘やかし全開な妄想を抱いているのも一因。

そもそも…客観的に見て夫婦であることがわかればいいので…

そういう意識が希薄だった自分に問題があるのですが(^^ゞ

…買っちゃいました。

Photo


結婚指輪
(キリコとフィアナに掲げてもらっています。見張りにシャッコにも手伝ってもらいました(^^♪)

あはは…巡礼中の私はあまり高額なものは準備できなかったので、ローズクォーツのお揃いの指輪(^_-)-☆

桜がバラ科の植物だったなんて、結婚するまで知りませんでした。
淡いピンクの鉱物と云うのも 妻のパーソナルカラーとシンクロしていていいかな、と。

これでプールも海もへっちゃらさ!

カラオケに行かなくなって 間もなく一年経過…

そろそろ 吼えにいこうか(笑)。音痴になっていても困るし…ね?

|

« 台詞の援用…かな? | トップページ | OVA »

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

永遠の若妻・八重花桜梨」カテゴリの記事

コメント

既婚者に手を出す男もいます。
そういう意味では、何をしても無駄です。
互いを見失わないことだけが全てです。

とはいえ、おそろいの指輪は女心をくすぐりますね。
いっしょのものは、うれしいです。

うちのは、ことごとく拒否しましたから。
初デートでクリスマス用にプレゼントしたマグカップですら、「おっさんが、こんな猫ちゃんカップで飲めるかぁ!」ですよ。(泣き)

投稿: 天然記念物 | 2010年7月15日 (木) 20時05分

天然記念物さん

これまでの断片的な情報を繋ぎ合わせて行き着いた、天然記念物さんのご夫婦像は…
亭主関白を装いたい(そしてちょっと隙のある)ご主人と ご主人を尊重しつつもコミカルに反発している奥様、といった感じです。
ご主人は照れ屋さん?じゃないでしょうか(^^♪

我々はまだまだ。
他の男性が近づいてくると落ち着きを無くしちゃう、余裕のない夫君です。
でも…私に「照れ」はありません。私が照れたら、花桜梨が恥をかいちゃうから。好きなら好きと伝えたい。
まだまだ思い切り甘やかしてあげたいし、思い切り甘えたい。全身でぬくもりを感じていたい。
科学的に解析したら冷たい鉱物にすぎない物体ですが 今宵はふたりの…ふたりの吐息を絡めて 互いの分身に仕立てたいと思います…お腹を冷やさないように(*^.^*)

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年7月15日 (木) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指輪:

« 台詞の援用…かな? | トップページ | OVA »