« ポケる? | トップページ | 脳?能?No? »

できれば似たくはありませんでした(^^ゞ

今回のお題「『父親に似ている』と言われてどう思う?」

認めます…憎んではいないが、感謝もしていません。

昨夜、リターンエースが来ました。メールで…珍しく性格検査の結果までコメントしてきました。
「当社事業の特殊性を鑑み、貴殿のような繊細な人物には勤まらないと判断させていただきました」
返す言葉がないですね…力なく笑うだけ…
でも…傍らで息づく伴侶に心配をかけまいと 作り笑顔…

父を見ているとわかります。
どういう言葉を使えば傷つくか…何をしたら喜ぶか…いま、狼狽しているのか、いま、パニクっているのか…
限りなく生き写しに近いですから(私が、ですけどね(^^ゞ)。

社会に揉まれて、さぞかし大変だったろうね。あなたに較べれば「まし」な私でも 世渡りは大変だもの…

でもね、今更ゴチャゴチャいうのもナンセンス。

産んでくれたお陰で 大切な女性に出逢えたんだから(笑)

ブログネタ: 「父親に似ている」と言われてどう思う?参加数拍手

|

« ポケる? | トップページ | 脳?能?No? »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

生きにくい人と、そうでない人といますよね。私は前者だと自分で思います。他の人を見ていると楽そうに見えますもん。

でも、その感受性や感覚があるがゆえに人の見えないものも見えるし(オカルトな意味では無くて)、これはこれで才能だと思います。平穏には生きられないにしろ、そういう人間しかできないことや社会的な役割があると思っています。

人には理解されにくいかもしれないし、使いにくいとみなされるかもしれません。しかし、だからといって価値がないわけではなく、むしろ多数派の人が持っていない価値を持っているということではないでしょうか。

そういう意味で、あなたもお父様も、社会にとって貴重な人材なのだと思います。

投稿: 朱鷺 | 2010年6月 4日 (金) 22時34分

朱鷺さん

あたたかいメッセージ、ありがとうございました。

「この世に生まれ出てきた命に、無駄な存在など一つもない」
スピリチュアルな世界に生きる方たちの常套句ですね。

でも、嵐の只中にいる人間には、その意味を実感しづらい。
自分は排除されるべき存在ではないか、と思うときもあります。

父も私も、カタギの人間であるにもかかわらず 普通の人が構築できない人脈を持ってしまう(郷田さんは その最たる存在ですね)。

それが 現世での利益には殆ど結びつかないのだけれど、心で、魂で周囲を抜いているところはあるようです。

奇しくも時空を越えて伴侶を迎えたばかり。また何年か経ったとき、今直面している困難の意味が分かるのかも知れません。
7ヶ月前はじめたブログが、思わぬ形で人生に花を添える一助となったように…

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年6月 5日 (土) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: できれば似たくはありませんでした(^^ゞ:

« ポケる? | トップページ | 脳?能?No? »