« ピカチュウ~ ハンバーガーデート再び☆ ~ | トップページ | うにの軍艦巻き »

肉じゃが

!!!

ど、ど、どうしちゃったの?
これ…きみが作ったの?


(/ー\*)



o(;△;)o

いや…そんな顔しないで…
美味いよ…ちょっと味が濃いけど…


(*^.^*)

お袋と一緒につくったの?

182
 

o(*^▽^*)o

(ぎゅうぅぅっ)


んぁっ…そんなにしたら苦しいよ

|

« ピカチュウ~ ハンバーガーデート再び☆ ~ | トップページ | うにの軍艦巻き »

恋愛」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

永遠の若妻・八重花桜梨」カテゴリの記事

コメント

えらい。お義母さんと一緒に台所っていうのは……
経験ないけど、そういう目にはあいたくないです。やり方が違うの目に見えてるもん。
旦那の母から料理を習うことはありませんでしたが、旦那から「これは味噌汁じゃない」といった駄目出しは結婚当初ありました。彼のなじんだ味覚と違うということで。

だいたい、台所の主導権をどちらがもつか、というのが嫁姑戦争の大きな火種ですからね。民俗学的には「主婦権」という言葉があって、その象徴がしゃもじだったりするのです。(ちょっと、うんちく)

そんなこんなで、嫁が姑に料理を習うというのは大変なことであります。ねぎらってあげましょう。

投稿: 朱鷺 | 2010年6月28日 (月) 21時59分

朱鷺さん

やり方もなにも、花桜梨は料理が得手ではなく、スキル的には小学生レベルだったはずです。ブラックコーヒーしか煎れられず、みかんの缶詰を開けるのが精一杯。
こと料理については知識が「白紙」に等しく むしろ癖のない状態でお袋と一緒に台所に立てたのかもしれません。まるで空白の状態でCに出逢ったFのように…

これからも順風満帆とは思えません(^^ゞ昨日と今日で正反対の様相ですから。

とはいえ今日の努力にご褒美を…ピカチュウだけでは満足しない…でしょうね…

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年6月28日 (月) 22時13分

御褒美というのは「もの」そのものではないと思います。何かをくれた、してくれた、というときに相手が自分のことを考えていてくれたんだと感じられることが御褒美。手渡されたものよりも、これを私にやろうと思ってくれたんだと思えることがハッピー。
手渡されたのがピカチュウでも、「これを私にやったらどんな顔するのかなって考えてくれたんだろうな」と思えたら、ハッピーです。

あなたが、料理のできない花桜梨さんがあなたのためにがんばったんだと感じ取れることがハッピーであるのと同じですね。

投稿: 朱鷺 | 2010年6月28日 (月) 22時26分

朱鷺さん

ボクが/花桜梨が、花桜梨の/ボクの喜ぶ顔を想像して、何かをなすことができた一日。
なんだか身体が、心がポカポカするものなんですね。
ボクが淡々と授業を受けている間、なれない環境に一人ぼっちで、昨夜「あんなこと」も経験した彼女は気持ちのどこかに負荷を感じていたはずです。
それでも新しい一歩を踏み出してくれた。
ボクの方がちょっぴり遅れをとった感も否めませんが、今夜はボクの腕の中で、思いっきり甘えさせてあげたいと思います。

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年6月28日 (月) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肉じゃが:

« ピカチュウ~ ハンバーガーデート再び☆ ~ | トップページ | うにの軍艦巻き »