« 利いたふうな口をきくな! | トップページ | ちょっとため息 »

誰でしょうね…

今回のお題「仕事が楽しくなる理想の上司といえば誰?」

今の私には禁句?あはは、そうかも知れませんが、遠慮なく書かせていただきますね。

まず出題者様に…出題頁に登場している「筋肉笑い(男塾筆頭・剣 桃太郎)」している「外資系企業の『ボス』」みたいな写真はご遠慮ください。
笑顔の下でホロコーストのトリガーに指をかけているのがみえみえです。

まず論外な上司は直前の上司・S原のようなタイプですね。
デスクに座って指示を出すだけ。部下が壁にぶつかってアドバイスを仰いでも「俺は『成果物A』が欲しいといった。やり方は君に任せる」と、なんだかスマートな物言いをするふりをして その実アドバイスをする経験も知識もないタイプですね。
「相談事がある」と言って、飲めもしないのに居酒屋での時間を用意しているのに、自分自身のC国駐在員(実情は左遷)だったときのラーメンの屋台の話ばかりして、部下の悩みに耳を傾けない。

本題に戻ります。
日本人の「ことなかれ主義」の残滓が感じられても、最後の最後の最後には、部下の楯になってくれる人物がいいですね。

理想、という意味では「宇宙警察地球署署長 ドギー・クルーガー」が筆頭に挙げられます。部下の危機に駆けつけ、圧倒的な実力で状況を好転させるセンスは秀逸。また、部下の成長を促すために 徒に最前線の業務に顔を見せない、といった程よさも魅力です。

が!

ここまで理想的な上司を挙げてしまうと 世間の上司は困ってしまうでしょう。

譲歩案、と言っては失礼ですが、本稿では CREW GUYS JAPANのトリヤマ補佐官(「ウルトラマンメビウス」に登場)を推薦します。

2
(写真向かって右側がトリヤマ補佐官。左はGUYS JAPANのサコミズ隊長(実はウラシマ効果により、生理的な加齢をしていないGUYS JAPAN総監です))

物語の序盤…というよりも、その殆どのシーンで「ことなかれ主義」的な立ち居振る舞いを見せ、異星人に対する偏見を持ったような発言もする。おまけに上司たる総監に媚を売ろうとするなど 部下の視線では「勘弁してくれよ」といいたくなるファクター多数。

1

でも、物語終盤、部下であるヒビノ・ミライ(似非ジャーナリストによって、ウルトラマンメビウス本人であると暴露されていました)の引渡しを迫ってきた 国家安全保障局の高官に対する毅然とした態度が、それまでの「勘弁してくれよ」を一掃してくれました。

普段は少々トンチンカンでも構いませんが、部下のピンチには身体を張って立ちはだかる…一線を越えたときには「大切なものを守る」毅然さを内包し、温かい心を忘れていない…。
せめてこういう人物を「理想の上司」として挙げたいです。

Photo
(最後の最後にこんな素敵な笑顔をかわせる上司…素敵ですよね…)

ブログネタ: 仕事が楽しくなる理想の上司といえば誰?参加数拍手

|

« 利いたふうな口をきくな! | トップページ | ちょっとため息 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いい上司にはめぐり合えないものですね。手柄は自分のもの、失敗は部下のせい。どんなに困難な状況でも、「何とかしろ」の一点張り。そういうところで仕事をすると、努力した分だけ搾取されるのだということを、この年になって理解しました。

普段は頼りなくていいから、いざというときに盾になる、という姿勢だけでも見せてくれたら、まだついていけるんでしょうけど……やれやれ。

投稿: 朱鷺 | 2010年5月 6日 (木) 14時14分

朱鷺さん

実感こもっていますね(^^ゞ

S原とは別の上司(役員)が解雇(解任)されたときに「全ては仕事の遅い八重のせい」と主張して、地位保全の裁判を起こしそうになったことがあります。
実際には意思決定能力のなかった当該役員の失態である、とメールのログで判定されたのですが…組織での職位が高くなれば高くなるほど、地位保全の言い訳を増やすことが出来るというのは悲しいことですね。

「アンタは人間のクズだな!」(ル・シャッコ)

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年5月 6日 (木) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰でしょうね…:

« 利いたふうな口をきくな! | トップページ | ちょっとため息 »