« ナイトメア | トップページ | 手当ての濫発の予感 »

ダイ・ハードばりのスーパーアクション

えっと…今回のお題「ブルース・ウィリス出演映画で好きな作品は?」

結構前の話ですが、レンタルショップでアクション映画を借りようとすると、掲題のようなコピーがたくさん踊っていました。
要は「ダイ・ハード」に匹敵するアクションが繰り広げられる…らしいんですね。

で、申し訳ないんですが 私は「ダイ・ハード」を観たことがありません。
故に「ダイ・ハードばり」と言われても理解できませんでした(^^ゞ

彼の存在を強く意識したのは、映画「ジャッカル」です。
フレデリック・フォーサイスの「ジャッカルの日」のリメイク版(?)ですね。実際にはオリジナルと比較し「似て非なるもの」との烙印を押されたようですけれども…それなりに面白かったですよ。
ロシア人の女性捜査官も、アメリカ人の黒人警部もとても魅力的でした。共演のリチャード・ギアも素敵でしたね。
ジャッカルのモデルとされたのは、ベネズェラ出身のテロリスト「イリッチ・ラミレス・サンチェス(通称:カルロス・ザ・ジャッカル)」らしいですね。
カルロスを扱った映画「アサインメント」がほぼ同時期に公開されており 落合信彦先生の小説を好んで読んでいた私は両方とも観させていただきました。

薄っぺらな「平和」の影で、どろどろとした命の遣り取りが繰り広げられる。そういう世界があることを知ったのはプラスかもしれませんが、あまり…いえ、全く関わりたくない世界ですね。

と、いう訳で、お題についての回答…選択肢は「その他」。映画名は「ジャッカル」です。

ブログネタ: ブルース・ウィリス出演映画で好きな作品は?参加数拍手

|

« ナイトメア | トップページ | 手当ての濫発の予感 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ダイ・ハードは、大学生の時に、彼氏でも何でもない男性と二人で劇場で見ました。(別に、お互いその気なしなので、問題なしです。)公開時に見たときはそれなりに「アクション」にインパクトを受けました。
後日、テレビなどで見た感じでは、アクションそのものより、主人公の人間性や夫婦の心情(奥さんを演じた女優さんも良かった)の描写の方が興味深く思えました。そういう意味で、それなりの良作だと思います。

「ジャッカル」はみたことないです。「ジャッカルの日」のリメイクとは、いきなりハードルが高い気がしますが……機会を見て鑑賞したいと思います


投稿: 朱鷺 | 2010年5月17日 (月) 19時24分

朱鷺さん

実は先日来、駅前の書店で「ジャッカルの日」を立ち読みしています。それを映画化した「ジャッカルの日」のビデオがあるので、こちらでも概要はつかめるんですけどね。

「ジャッカル」は「~の日」に較べると、娯楽要素が強く さほどハードルを感じないで済むと思います。ただし「ジャッカル」は「~の日」に較べると人の殺され方が凄いので…そういう描写が好きでないのでしたらパスしたほうがいいと思います。

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年5月17日 (月) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイ・ハードばりのスーパーアクション:

« ナイトメア | トップページ | 手当ての濫発の予感 »