« キリコか○子か、それが問題だ… | トップページ | 守ってあげたい »

大人しい話?

今回のお題「あなたにとって何才からが大人だと思う?」

以前も類似のお題がありましたね。

で…回答としては選択肢の「オトナと思ったそのとき」をチョイスしました。

何歳になったから/何かの権利を持ったからといって大人になったとは言い切れないのがわが国の実情ですね。権利と義務をある年齢になると押し付けられ、バランス感覚を持たずに権利ばかり行使すると義務の重みに潰され、漸く大人への第一歩を踏み出す。

私はよく、歴史上の人物Nと、アニメの主人公Cを引き合いに出します。
彼らは…現代の我々の感覚とは乖離した水準で成熟し、敵に立ち向かい、神をも欺きます。しかしそれは彼らが戦禍に巻き込まれ(後に巻き込み?)、極限状態の中で「生」を渇望したからこそ、著しい速さで「大人」になったのだと思います。

他方、同じ立場に立たされても右顧左眄するだけで全く成長できない人もいたのでしょう。
喜びも悲しみも、優しさも冷たさ・厳しさも包含して…時として目的のために「泣いて馬謖を斬る」覚悟すら持てたときが「大人」になったときだと考えます。

私?勿論大人ではありません。



ご参考
ウルトラセブン(本編)の公式年齢は17,000歳ですが、M78星雲では「青年」。彼も大人ではないでしょうね。そこが「悩める超人」としてのセブンの魅力です。
弟子のレオ、息子のゼロを直接的/間接的に鍛えて…17,043歳(?)の彼は大人になれたのかもしれません(^^ゞ

ブログ学園

ブログネタ: 【ブログ学園】あなたにとって何才から大人だと思う?参加数拍手

|

« キリコか○子か、それが問題だ… | トップページ | 守ってあげたい »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

キリコは、「立派な人間」とか「できた人」ではないけど、大人でした。モラトリアムな時間が許されなかったからこそでしょう。綺麗事ではない「生」への渇望。それが生きる舞台設定のリアリティがあの世界の魅力でした。
ボトの最大の魅力は、やはりキリコだと思いますし、全てはその彼の内面を描ききるための設定であり、リアリテイだったのだと思います。

自分は……なんとか生きてますけど、覚悟が足りないから、四十路でも「おこちゃま」ですね。

投稿: 朱鷺 | 2010年4月20日 (火) 17時51分

朱鷺さん

私は職場の先輩にナポレオンのことを熱く語ったときに「彼が生きた時代は戦って生き残るしかなかった。だから彼は若くして将軍/執政/皇帝へとのぼりつめることができた。それを以って自分自身を子供だと嘆いたり、未成熟な周囲を非難すべきではない」と諭されたことがあります。

キリコについては過日話題提供した「泣き言を言っている暇があったら…」をはじめとした、大人の言動が魅力ですね。
一部のクリエイターが表面ばかり捉えるから「ハードボイルド小説の登場人物のような物言いをするパイロット」&「スーパーロボット化したAT」が疾駆する物語がウケたりする。

キリコが私の傍に居たら…殴り殺されているでしょうね…

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年4月20日 (火) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大人しい話?:

« キリコか○子か、それが問題だ… | トップページ | 守ってあげたい »