« 確かに愛したとき | トップページ | タンブリング »

笛吹けど踊らず

少年時代からよくありますね。

学級班のリーダーを押し付けられて、何かを指示すると…不本意でも渋々指示をすると…人は動かない。

大人になって…「やって見せ、言って聞かせてさせてみて、褒めてやらねば人は動かじ」…なんとなく脳内ディスクの片隅に保管しておいたフレーズ。

うんうん、その通り…それでも「人は動かじ」なんですよね(^^ゞ

見返りを求めない、と理性は理解していても、感情的には「故に、こう帰結して欲しい/動いて欲しい」という気持ちが芽生えてしまう。

こうして欲しいと望んで当たり前。

相手の思惑通りに動かなくて当たり前。
私自身が「動かなかった」経験を持っているから。

人にも神にも従わないアニメキャラに傾倒していながら、実生活ではなんとなく期待して/じれちゃうんですよね。

笛吹けど踊らず…ちょいと気分転換に、散歩でもしてきますよ(^^ゞ

|

« 確かに愛したとき | トップページ | タンブリング »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人を動かすのは大変。面倒くさい。
説明するのに30分かかるなら、昼休み15分削って、自分でした方が早い。自分でやった方がずっと楽。思い通りになるし。
でも、自分でみんなやってしまうのも、よくない。

自分みたいなタイプは、一人で完結する仕事を、離れ小島でやるのが、一番精神的に楽なんだろうと思います。でも、世の中そういうわけにもいかないので、面倒くさいんですよね。

投稿: 朱鷺 | 2010年4月18日 (日) 15時11分

朱鷺さん

あるある…
社内報の編集をしていたとき、依頼をした原稿がアップしないので、面倒になって自分で書いてしまいました。
入稿しようとしたときに「八重さん、原稿を書く前に確認したいんですけど…」

あらあら…

入稿しようとしたときに「原稿書けました」といわれるよりは傷は小さかったですけどね(^^ゞ

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年4月18日 (日) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笛吹けど踊らず:

« 確かに愛したとき | トップページ | タンブリング »