« 払い込み完了 | トップページ | 音楽をあなたの永遠の友達に »

装甲騎兵ボトムズ 幻影編 第1話「ウド」

昨日、密林に振込みを済ませたので、「ブツ」が届くのはこの土日だと思っておりました。

案に相違し、本日昼前に届きました。

戸惑いつつも歓迎の気持ちを傾かせていた「装甲騎兵ボトムズ 幻影編 第1話『ウド』」。

前評判は様々でした。

またCGか?
キリコは出るのか?
あの三バカに用はない
萌えに迎合するのか?
キリコが出なくてもATが走り回ればいい



ネタバレは控えます。
読書感想文的な記述も得手ではない。でも、よかった。少々「同窓会」「思い出の地巡り」のようなコンセプトのつくりと見られましたが「ニヤリ」とさせられるのではなく「ホロリ」ときてしまうシーンが多かったですね。

「貴様、原隊と階級を言え!」
「バトリングは危険なスポーツだ」
「所詮遊びだ」

…八重がソラで唱えることの出来る懐かしい台詞の渓流…
ココナ&バニラの「キリコものまね」も微笑ましく思えて…

懐かしい声紋、聞きなれた旋律、血の通った人間の筆致…春を待ちわびる、凍えた心の中に、小さな火が灯された…それは戦火の欠片でもあり、情念でもあり、赤い肩の記憶でもあり…

贅沢な望みとしては…ナレーターの銀河万丈さんが喋りすぎかな…仕方ないか、ナレーションとはそういうもの…
相変わらず名調子の予告編。ちょっと鳥肌が立つくらいに興奮しました。

来月も、バニラと地獄につきあわせてもらいます…あれ?

|

« 払い込み完了 | トップページ | 音楽をあなたの永遠の友達に »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

装甲騎兵ボトムズ」カテゴリの記事

コメント

最終巻まで見ていないのですが、良かったですよ!
次巻はクメンに突入して、物語も激しく動きそうですし……
懐かしいのはもちろん、かつ、単なる思い出話に終わることもなく、楽しませてもらえそう。

これが孤影の後の話なのね…というのが最初ぴんときませんでした。

DVDに入っていたピンク色のチラシ読みました?
下の方のQAコーナー見て、おばさんは時代を感じてしまいました。

投稿: 朱鷺 | 2010年3月26日 (金) 16時11分

朱鷺さん

最終巻…って、二巻目が来月ですよね?

ピンクチラシ(ぷっ)見ましたよ。
血圧上げるほどではないですが…ちょいと吼えておきますか(^^ゞ

「これはボトムズに対する…冒瀆だ!」(アナベル・ガトー)

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年3月26日 (金) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288502/33943864

この記事へのトラックバック一覧です: 装甲騎兵ボトムズ 幻影編 第1話「ウド」:

« 払い込み完了 | トップページ | 音楽をあなたの永遠の友達に »