« 帰って来ました | トップページ | クッキーと紅茶です »

津波→遡行→潜入→肉迫→後継者→暗闇→出会い→再会→脱出

お陰様で「ひびきの高校連絡帳」もスタートして昨日で4ヶ月が経過しました。
これも偏に当校に遊びに来てくださる方たちのお陰と厚く御礼申し上げます。

国内の多くの沿岸区域が震撼しましたように、昨日は全国規模での津波騒ぎでした。

私もチリで起きた地震の影響で日本に「津波」が襲ってくるなどとは考えておらず、あるミッションを実行に移してしまいま「した」(^^ゞ

毎月最終土曜日&日曜日、私の憧れ、キリコ・キュービィを演じた郷田ほづみさん主宰の「劇団湘南アクターズ」は、アトリエにて「ワンコインシアター(通称「ワンコ」。「ワ」です。「ウ」じゃありませんからね)」を開催しています。
500ギルダン硬貨1枚で、本格的なお芝居が楽しめるという画期的なイベント(「1ギルダン」は「1円」と読み替えてください)。
今回で何回目かな?郷田さんに対面したのは6回目。ボトムズイベントが1回、通常公演が1回、なのでワンコは4回目ですね。

今回は「湘南即興バトルクライマックス」という企画で、なんと「無料」でお邪魔することが出来ました。
参加を決意したのは昨日の朝(二日目=準決勝&決勝)。前日の晩に劇団スタッフに席の空き具合を確認し、翌朝の気分次第、ということで優柔不断に過ごしておりました。
午前9時半頃地元を出発。10時15分には山手線の車中におりました。
そこでアナウンスされた内容は「津波が接近しているため東海道線は平塚どまりとなります云々」。
行き先は平塚なのですが、本当にそこまでいくのか、という懸念が残りましたので東京駅に到着するや否や、東海道線「快速アクティー」に乗り込みました。
横浜に近づいたあたりで「11時過ぎに気象庁からの連絡があります。運行を取りやめるかもしれません」みたいな内容のアナウンス。
行くも地獄、止まるも地獄。横浜なんぞに用事はありません。
意地になって座っていたところ(いえ、立っていても結果は同じでしたが)なんとか11時半前後に平塚着。

Photo_4
結果、私の乗っていた電車が「最後の一編成」だったそうで、以降、東海道線は運休になりました。

Photo
逆境を「遡行」し、本陣に「潜入」、郷田さんに「肉迫」するためマクドで腹ごしらえをし、駅に直結したショッピングモールで立ち読み。


Photo_2
13時50分頃にはアクターズのビルに到着。

Photo_3

見知った劇団員の方と軽く挨拶。

「湘南即興バトルクライマックス」の要諦ですが
出来上がった台本があるわけでなく、その場でテーマを与えられて、即興でお芝居を作り上げていく、というものでした。

3分の3セット(ステージ1・2・3)で1つのストーリーを作らねばならない。
テーマにそって即興でストーリーを作らねばならない。
チーム内から1人、監督を選出せねばならない。
監督は、ステージ毎に、テーマを決めなければならない。
監督は、ステージ毎に、キャストを選ばなければならない。
監督は、チームメンバー全員を登場させなければならない。
選ばれたキャストは、そのステージ中に必ず登場しなければならない。
(パンフレットより抜粋)


即興ですから、監督の自由になるのはメンバーの選出とテーマの決定だけ。テーマもその場に居合わせた観客から出題されるというシビアさ。
メンバーは目配せするのがやっとだったのではないでしょうか?
因みに私がステージ1のために準備したテーマは「アンケート調査員を装ったストーカーの晩餐」。幸か不幸か、各チームリーダーが私の書いたテーマをピックアップすることはありませんでした(^^ゞ

優勝チームの中には某SNSで知り合い、その時点ではリアルで会っていない方たち二名がおれらました。
郷田さんや、郷田さんのDNAを受け継いだ「後継者」たちが同じ「暗闇」の中にいる、というシチュエーションが、私にとってはとても価値ある経験となりました。
寸評をされる郷田さんは、(もちろんお立場上、当然ですが)厳しいメッセージを発信していました。

私のように「皆と同じ時空を共有できて」などというのではなく、プロを目指す方たちですから、厳しく自他を見つめていたのでしょう。

終演後は 名前だけを互いに知っていた劇団員との「出会い」、何名かの旧知の劇団員と「再会」、そして郷田さんと立ち話。ボトムズ情報も入りましたが、とりあえず公知になっているものでした。
振り返ってみると「『孤影再び』のアフレコしたんだよ」という昨年10月の情報が最も貴重だったのかもしれません。
あ、「まだポタリアには会っていないよ」だそうです。

満足して平塚駅を「脱出」し、家路に就きました。

東海道線が品川駅で「交代の運転士がいないので、降りてください」というお粗末な対応をしてくれましたが、常識的な時間帯に帰宅。

それなりに楽しい一日でした。

で?ここでクイズです。「ブルーの太字で記述した言葉の中で、ボトムズサブタイトルでないのはどれでしょう(^^ゞ」

|

« 帰って来ました | トップページ | クッキーと紅茶です »

ニュース」カテゴリの記事

劇団湘南アクターズ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

装甲騎兵ボトムズ」カテゴリの記事

コメント

津波!

被害が出なくて、よかったです。(降ろされたのは、被害?)

ボトは考えるともんもんしてしまうので、出るまで極力考えないようにしています。……ポタ、出るのね。

演劇は厳しい世界なんでしょうね。そういう切磋琢磨のバトルをするとは。ものを表現するというのは大変なことなんですね。

投稿: 朱鷺 | 2010年3月 1日 (月) 16時42分

朱鷺さん

せーかい!
湘南だけに「TSUNAMI」が脳内再生されちゃいますね。
ポタはクメンの大統領という役どころらしいですよ。

演劇の世界は思っていた以上に厳しいでしょうね。観客の面前で辛口寸評されてしまうんですから。
でも、だからこそ観に行きたいと思います。

高校時代に「ボトムズサブタイトル一気読み」が出来た私もロートルですね。「後継者」を忘れていました。

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年3月 1日 (月) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288502/33584456

この記事へのトラックバック一覧です: 津波→遡行→潜入→肉迫→後継者→暗闇→出会い→再会→脱出:

« 帰って来ました | トップページ | クッキーと紅茶です »