« 先輩の寄稿 | トップページ | 「価値観が同じ」を望む難しさ »

春を待ちわびて“第一楽章”(八重花桜梨キャラBGM-1)

今回のお題は「春夏秋冬、あなたが一番好きな季節はいつ?」です。

四季折々に楽しい想い出がある。
四季折々に悲しい記憶がある。

それでも絞り込んでいくと、春と秋です。
「夏は…」「冬は…」とは言わない。それぞれに魅力はあるから。

でもね…

「春(夏/秋)来たりなば、夏(秋/冬)遠からじ」
とは言いませんよね。

「冬来たりなば、春遠からじ」

春には、他の季節と一線を画した躍動感、息吹を感じます。
勿論、花粉症で悩む方もいるでしょう。でも、「日焼けでお肌に染みができる」「ブタクサアレルギーでうんざり」「しもやけ&あかぎれが治らない」など、四季相応に「魅力的でないところ」もありますよね。

それらを相殺しても、春はmore betterであり、私の感性ではThe BESTです。

「ひびきの高校連絡帳」をスタートするとき、無意識に「装甲騎兵ボトムズ」と「八重花桜梨」をコラボさせました。テンプレートはボトムズ。プロフ写真は八重さん。単に硬軟両極の「私の好きなもの」だったからです。
でも、こうして最低(というか、どん底というか)な日々の想いを綴る営みが、リアルに人生の春を待ちわびている自分の心の発露だと考えると、ちょっぴり運命めいたものを感じてしまいます。

川のせせらぎ、草木の芽吹く香り…「小さい秋」ならぬ「小さい春」を見つけに、書を捨てる一瞬があってもいいかな、なんて思います。

ブログネタ: 春夏秋冬、あなたが一番好きな季節はいつ?参加数拍手

|

« 先輩の寄稿 | トップページ | 「価値観が同じ」を望む難しさ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

心に残る歌/音楽」カテゴリの記事

コメント

脳天気なようで、私も春を待っております。
明日、復職のための面談を受けねばなりません。体調はまだよくありませんが、医師に頼んで許可してもらいました。どうなることやら……来るかしら、春。左遷を前提にした復職ですから、どちらにしろ厳しいのは間違いありません。首がつながっているだけ、感謝せねばならないのでしょう。
それでも、春。

投稿: 朱鷺 | 2010年3月10日 (水) 20時47分

朱鷺さん

復職ですか。頑張ってくださいね。
社会との接点が「巡礼」だけ、というのは悲しすぎますよね。
こうしてブログを書き連ねて、色々な方と接するのも心身のバランスを保つための貴重な手段です。

まずは「左遷はさせんぞ!」の気合で扉を叩いてみてください。

応援していますo(*^▽^*)o

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年3月10日 (水) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を待ちわびて“第一楽章”(八重花桜梨キャラBGM-1):

« 先輩の寄稿 | トップページ | 「価値観が同じ」を望む難しさ »