« カレーといえば「彼」でしょう | トップページ | サンタマリアの祈り »

明神礁からはガイヤー、私の机からは下敷き

昨日、「六神合体ゴッドマーズ」を話題にしました。
その時代その時代で、ご贔屓のアニメキャラクターは変わってしまいますが、ゴッドマーズ放映当時はギシン星の少女、ロゼにご執心でした。

で、

ちょっと記憶の糸を手繰ったところ…手元にこんなものがあるのを思い出しました。

Photo_2
えっへへー、「六神合体ゴッドマーズ」の下敷き。
他にもゴーショーグンとかクラッシャー・ジョウの下敷きがありました。勿論ボトムズも(^_^)v

デザイン的には番組終了時期のものかもしれません。

ゴッドマーズグッズは、他にもカレンダー(1983年版)、定規、映画公開時の前売り券&記念のサンクスカード(フィルム製の免許証のようなもの)、そして組み立てていないプラモデルなどがあります。

全て存在を確認してありますが、安全のため、殆どが「大掃除をしないと取り出せない」場所に封印してあるので…機会があったら紹介します。

さらに!

1983年某月某日に放送されたラジオ番組「ペアペアアニメージュ(パーソナリティは三ツ矢雄二、鵜飼るみ子のご両人)」の録音テープも発見(放送日はわかっていますが、私の誕生日をぼかすために某日表現にしています。ごめんなさいm(__)m)

ロゼの声で「八重くん、お誕生日おめでとう」と囁いてもらった音声が再生されました。

30年近く前のテープなので かなり劣化していましたが、それでも宝物ですね。
なんにせよ、見つかってよかったよかった(^^♪

|

« カレーといえば「彼」でしょう | トップページ | サンタマリアの祈り »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この下敷き見た覚えがある!!そうだそうだ、このデザイン。懐かしい!!ゴッドマーズは、キャラが美麗でしたね。ロゼはすっきりキリりだけど、ぱんつ見せてくれたり……
横山氏の「マーズ」とは全く別物というか、私的には無理につなげる必要もない感じです。ほとんど、アニメオリジナルな内容でしたし……あれはあれ、これはこれ、ですね。

それにしても、いろいろ持ってらっしゃいますね。私は収集癖がないのと、ものもちが悪いので、全然駄目です。

投稿: 朱鷺 | 2010年2月 5日 (金) 00時17分

朱鷺さん

私が世間で言う「アニメショップ」で購入したアニメグッズの中では初期のものです。

初期のゴッドマーズグッズはタケル(マーズ)とゴッドマーズ(ロボット)の組み合わせのデザインが多く、いかにも男子向けのグッズだったと思います。
ところがゴッドマーズを歓迎しているのは女性ファンだったということが明確になり、グッズのデザインも変わっていったのではないでしょうか。

当時、ズールに洗脳されるマーグの描写が話題になる一方(失神する腐女子さんがいたそうです)、
薔薇の騎士に変身するときのロゼの描写は全く話題にならなかったんですよね(あの変身プロセスは当時の水準としてはかなりアブなかったはず)。

ロゼは普段はキリリとしているのに、時々か弱い一面を見せてくれる。
そして見えそうで見えないコスチュームで男子を焦らしてくれたという面で、特別な才能があったのだと思います。
前のゴッドマーズネタの1枚目の画像も、凝視するとかなりアブないです。塗り忘れても、あのままでも 中学生の男子には刺激が強すぎました。

健全な男の子の戯言とご容赦ください。

PS
ロゼが薔薇の騎士に変身するカットが掲載されたアニメディアを先刻発見しました。

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年2月 5日 (金) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明神礁からはガイヤー、私の机からは下敷き:

« カレーといえば「彼」でしょう | トップページ | サンタマリアの祈り »