« キャプテンフューチャー | トップページ | サイゼにて »

Birthday City

中学校三年の冬。
勿論、受験勉強に専念していました。
当時の記憶は…学校がないとき。特に冬休みは…

午前中:勉強
お昼:「超人ハルク」を見ながら昼食→雑誌の付録についてきた「太陽の牙ダグラム シミュレーションゲーム」を姉と短時間プレイ(考えてみると、ゲームに付き合ってくれた姉の気遣いに脱帽です)
午後:勉強
午後6時~8時:なんとなくアニメを総なめ

そんな中で、印象に残っているのが「六神合体ゴッドマーズ」「太陽の牙ダグラム」
双方とも金曜日の夕方の時間帯の放送。ある時期まで放送時間帯がかぶさっていました。最近は死語のようですが「裏番組」だったわけです。

私は両方とも見たかったのですが、放送当初は「ゴッドマーズ」を推していました。
二作品の放送時間帯がずれたのは随分早い時期だったようで二作品のいずれかを見ることができないが故のフラストレーションというのを あまり感じませんでした。

ゴッドマーズを話題にすると、必ず否定的な常套句を受けます。
「あれ、『マーズ』と全然違うじゃん」

ゴッドマーズは横山光輝先生の劇画「マーズ」を素材としてアニメ化される…筈だったのですが、スポンサーの意向で「原形をとどめない」番組にさせられてしまいました。

私は「マーズ」のアニメ化作品として注目したのではなく、「太陽の使者・鉄人28号」の後番組として「ゴッドマーズ」に触れたので、全く抵抗がありませんでした。

男の子の視点に立ちますと、六体のロボットが古代遺跡、あるいはそれに準ずる環境の中から主人公を守護するために集合し(駄洒落じゃないですよ)、合体するというフォーマットは素直に受け容れられるものでした。

特に私の好きだったロボットは「ガイヤー」でした。
一年後にボトヲタになった身としては不謹慎なのですが、名前を呼べば飛んでくる/両手をコクピットにかざすだけで動いてくれる コンパクトサイズのロボットに、好感が持てました。

回を重ねるごとに受難の道を歩むマーズ。今で言う腐女子さんから歓迎され、テレビ局で葬儀まで挙行されたマーグ。

美形キャラ。
はいはい、好きでしたよ。そして私が注目したのがロゼでした。
出自はよくおぼえていませんが、敵勢力において、洗脳されたマーグの監視役として地球を襲ってきた美少女。
後にマーズに助けられ、敵勢力を裏切り、マーズに愛情を抱く。

Jpeg

ガンダムの台頭があったとはいえ、アニメのヒロインといえば、いまだに「松本零士風」のキャラがもてはやされていた時代。

別にCVの鵜飼るみ子さんの声に萌えた訳ではありませんが、とても惹かれるものがありました。

そして私の”ロゼへのお熱”が火柱を上げてしまったのは、第24話「反陽子爆弾・バクハツ!?」というエピソードでした。
当時のロゼは敵勢力(ギシン星)を裏切り、マーズを手引きする立場にいました。
ズール皇帝の攻撃を受け、爆風に飛ばされる描写があります。

そのとき…

見えちゃったんですね(^^ゞ

Photo_3 

中学校三年生の少年には、刺激が強すぎました(ズール皇帝、ちょっとだけ褒めてあげます)

後に「マーグの意思」を伴った光の中で「薔薇の騎士」に変身する際も、ちょっと、いえ、かなり刺激的な描写があり、歓喜の声をあげたような気がします。

さて、この「六神合体ゴッドマーズ」。1982年冬の「お正月映画」として公開されました。
当時の宣伝文句は「お正月は これ一本」。お正月映画としてのアニメが、これ一本だったのかな?私は塾で知り合った 他校の生徒と二人で観に行きました。学校のルールだったか否かは覚えていませんが、律儀に学校の担任に報告までしました。
なんとまあ、真面目な生徒だったんでしょう!

映画の主題歌が「Birthday City(歌:川原田新一)」でした。

テレビ主題歌の ちょっと切迫した印象の強い主題歌とは違い、とても優しい雰囲気の曲でした。

気づかないうちにDVDがリリースされていたゴッドマーズ。買い逃しです。いずれブルー・レイで再登場の折には、手に入れてみたい・と・思います。

|

« キャプテンフューチャー | トップページ | サイゼにて »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

心に残る歌/音楽」カテゴリの記事

コメント

私はマーグ萌えしませんでした。昔から腐女子要素がなかったんでしょう。

ロゼ、好きでした!超能力で戦うヒロイン。次のフローラが出たときは「ひっこめ!」と正直思いましたもの。マーグの監視役、敵役から始まって、マーズに共感し、妹との対立を乗り越える。結構、たくましいヒロインじゃなかったでしょうか。

私的には、鵜飼るみ子さんといえばロゼですね。モニカちゃんもいますけど……

投稿: 朱鷺 | 2010年2月 4日 (木) 10時57分

朱鷺さん

あの「マルメロ星編」というのは中弛みしていましたね。
見所はガッシュとミカの悲恋くらい。
フローレの意志薄弱さは、当時から指摘されていました。
ズール復活までの時間稼ぎだったのかも。
鵜飼るみ子さんにはラジオ番組にリクエストして、ロゼ声で「八重くん、お誕生日おめでとう」と呼び掛けて貰ったことがあります。

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年2月 4日 (木) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Birthday City:

« キャプテンフューチャー | トップページ | サイゼにて »