« 生卵が割れません | トップページ | 平塚にて »

ランナー

春と冬を行ったり来たりの日常。

汗ばんだり、肌を粟立たせたりしながら、キーボードに向かっています。
時節柄、卒業、卒業式の話題に触れたくなりますが、それはまた項を改めて、或いはいつでも、何度でも。

私の日常。朝、ご近所さんがシャッターを開ける…その鈍った振動に蹴って起こされるように、一日をはじめます。

巡礼を第一義におき、さまざまな手段を講じる。

難民センターでの対戦相手探し
マッチメーカーへのオーダー
ネットを介しての挑戦状の送付

ひとしきり終わると、ポカリと胸に空洞が出来てしまい、午睡の誘惑と戦って勝ったり負けたり。

16時になると、防災無線から子供たちに帰宅を促す童謡のメロディが流れてくる。
寂寥感。
無為に一日が過ぎ去ってしまうようで、無情に流れるメロディが微妙に恨めしく感じられます。

とはいえ こうしてブログに遊びに来てくださる方との絆が出来て、少しずつ心の隙間が埋まり始め、少しだけ 救われた日々を過ごせるようになって。
忘れていたのですが、一昨日でブロガー生活が3ヶ月を経過しました。
我ながら驚きですが、毎日欠かさず書き込めています。

前項で ちょっとほろ苦い、人様との営みについて触れました。

「言いたいことをはっきり言う/言え」
それを前面に押し出してきた相手。

思わせぶりな言動で「行間を読んで」欲しかった自分。

綺麗事を言いつつ、結局のところ 行間を読むことを互いが要求していました。

実は私がSNSをやめるにあたって、最後に書いた「日記」のタイトルは「ランナー」でした。

「ランナー」というタイトルの歌は複数存在します。特に有名なのは爆風スランプのそれでしょうか?

私は「超時空要塞マクロス」のEDの「ランナー(歌:藤原誠)」を意識して文章を綴りました。それを知らない相手ではなかったので。
「このままだったら、もう、あなたとはさよならですよ」、「さよならが近づいているんですよ」と訴えたかったのに、その人から記入されたコメは爆風スランプのランナーを題材にし、下ネタに集中した話。

それが直接の引き金ではなかったのですが、それまでの蓄積(前項参照)があったので、これ以上の交流はないだろう、ということでSNSの画面を閉じました。

さて「ランナー」。
今、改めて聞いてもいい曲ですね。
歌の中では再会の光明がある歌詞構成になっていますが、実社会での「その方」との再会はなしです。
自分で言うのもどうかと思いますが、草食系の私としては人との距離を保つことに かなりのエネルギーを要します。寂しさなんて 欲するわけがない。それでも、永遠にさよならです。

この歌を聴くと、ちょっぴり胸がチクンとなりますが 捉えようによってはこの歌が私を前に押し出してくれます。

いつか傷も、前進した記憶も、今日の記憶もひっくるめて懐かしめるように。

忘却と懐古。矛盾していますがこの二つが人の心を癒すんでしょうね。

いずれカラオケで唄ってみます(おい、甥、そろそろ行こうぜ!)。

|

« 生卵が割れません | トップページ | 平塚にて »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

心に残る歌/音楽」カテゴリの記事

コメント

私は行間が読めません。読みません!と宣言するつもりはないのですが、努力してもどうもずれているようなので……
こちらへお邪魔するようになり、八重さんとお友達になったつもりで、いろいろとお話させていただいていますが、励ますべき時でない時に励ましたり、説教じみたものいいになっていたり……してるんだろうなと思います。ごめんなさい。

個人的には、ブログって、言葉でやり取りしているのに、案外言葉が通じていないものだなと思います。おんなじ日本語を使っているんだけど……非常にもどかしくもあり、でもそれが限界なのかなと。通じ合っていると思っていること自体が幻想なのかもしれません。

それにしても、一緒にカラオケに行ける甥っ子がいていいですね。思いっきり吼えてきてください。

投稿: 朱鷺 | 2010年1月30日 (土) 21時43分

朱鷺さん

そんなに自分を責めないで下さい。朱鷺さんみたいな常連さんが来て下さって励みになってます。

「だからさぁ、解るだろう?オレのいいたいことがさ!」
っていう会話を誰しも相手に求めてしまうんでしょうね。

噛み砕いていたら、ブログの文字数ってとんでもない分量になっちゃいます。

さてさて、明日はささやかな楽しみでお出かけです。
余裕があれば、ブログでもアップします。

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年1月30日 (土) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランナー:

« 生卵が割れません | トップページ | 平塚にて »