« どこだっ!どこだっ!どこだっ! | トップページ | かたどり »

平和の戦士たち

今、ストレス発散に「スーパーロボット大戦α」というゲームをプレイしています。
10年ほど前のゲームソフトだと思いますが、プレイステーションのハードが奇跡的に動いたので、再度プレイしています。

戦闘シーンにあわせて、懐かしいアニソンのインストが流れる!
カットインアニメで、当時のロボットの迫力が甦る!

粋なBGMにのって、オリジナルロボットが豪快な技を繰り出す!

うんうん!ステキじゃん!

(本稿で記述する「オリジナルロボット」というのは、マジンガーZやゲッターロボなどのように、既にアニメ作品として一般に認知されたものではなく、このゲームシリーズ、もしくはそれに付帯して世に送り出された 独自の発想のロボットを指します。後にアニメ化された「オリジナルロボット」もいますので、DVDレンタル等でチェックしてみると楽しいかもしれません)



ところで…

キャラクターモノに散見されるのですが、もともと「歌」を目的に作曲された楽曲と、本来「曲」が先行していて、後付で歌詞を追加した楽曲、が、ありますよね。

スパロボを例にすれば、オリジナルロボットが躍動感溢れる活躍を見せている際にバックで流れる音楽に、水木一郎さんや串田アキラさんが歌をつけている。

マッチングすればいいんですが、なんとなく自分が抱いていたイメージと乖離していたりして ときにはドン引きしてしまいます。

スパロボαには龍虎王というロボットが登場し、ケレン味全開で悪のロボット軍団を倒してくれます(あくまでも例示ですので、R-GUNパワードが好きだとか、レビ・トーラーに萌える、という方はそのように読み替えてください)。
で、バックに流れるのは「我ニ敵ナシ」という音楽。
私は 某国を心底嫌っているのですが、このロボットの出自が当該某国なので 少々複雑な心境です。こういうジレンマは、スーパーロボット系の主人公の鉄拳制裁の対象になりますが まあ深く考えないようにしています。
銅鑼の音に続いて、アップテンポの音楽が流れ、必殺技炸裂!

最近になって、これらの音楽に「歌詞」があることをカラオケボックスで知りました。
「どんな歌なんだろう?」と思って、ついつい探究心で動画サイトなどをチェックしたら…

唄っていたのは御大・水木一郎さん!

でもね…ああ、いかにも兄尊、という印象が拭えませんでした。

インストだけの音に、無理やり歌詞を詰め込んだ感じ…。

ゲーム音楽に限らず、アニメでもそーゆー現象はありますよね。

解りやすいのは「ルパン三世(第二シリーズ)」のテーマ音楽。
曲名は「ルパン三世’78」…ん?77だか78だか解りませんが、あのアップテンポの曲に歌が付いてしまった。

「ルパンが好きです!熱唱したいんです!」という方にはよろしいのかもしれませんが、曲が先行して、こじつけで歌詞が誕生したと邪推する余地があり、秀逸とは思えませんでした。

他方、EDの「ルパン三世 愛のテーマ」も同じ出自ですが、こちらはしっとりと、いい感じで纏まっていたと思います。

さて、そういう「インスト プラス 後付の歌詞」…という出自なのに、心打たれたのが今回御紹介する「平和の戦士たち(歌:水木一郎)」です。

アニソンとしては、あまりにも平凡な題名ですよね。

「ゲッターロボ」劇中で、ゲッター2のパイロット、神隼人(じん・はやと)さんが吹いているハーモニカ。そう、あのハーモニカの曲に歌詞が加えられたものです。

今、聞き返して、秀逸とは言い切れないのですが 小学校2年生の洟垂れ小僧だった頃に耳にしたこの曲は、タイガーマスクの「みなし児のバラード」と並んで、木枯らしが吹く、寒々しい、寂寥感溢れる曲として心に刻まれています。

当時、幼稚園で使っていたハーモニカを投げつけて(劇中でそういう描写がありました)、親からは偉く叱られましたけど。

アニメの挿入歌にはこういう「こじつけ歌詞」的なものが生まれてしまいがちです。
とはいえ、多少いびつな歌の仕上がりだったとしても、ヒーローたちの活躍が瞼に浮かぶ、記憶の鍵として大切にしたいと思っています。

|

« どこだっ!どこだっ!どこだっ! | トップページ | かたどり »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

心に残る歌/音楽」カテゴリの記事

コメント

おいおい、そんな無理して歌詞つけなくても……というものは、確かにありますね。楽器をひけない人間にすれば(私もひけませんが)、「歌う」という行動がその曲をめでる手段なのかもしれません。
インストでも別に心に残る曲もいっぱいありますし、それを聞くと絵が浮かんでくる……確かに、「記憶の鍵」ですね。

投稿: 朱鷺 | 2010年1月24日 (日) 19時27分

朱鷺さん

なぜか、こういう「やや こじつけ的アニソン」を唄うのって、水木一郎さんが多いんですよね。
佐々木功さんは、結構かわして王道を唄う。

そういや、ゴジラのあの独特な音楽に歌詞をつけたり、グレン大佐(グレンダイザーではありません)に曲をつけた人が居ますよね。

前者は
ゴジラゴジラゴジラとメカゴジラ
ゴジラゴジラゴジラとメカゴジラ(地域によってはゴジラゴジラゴジラがやってくる…)

後者は
猿 ゴリラ チンパンジー 猿 ゴリラ チンパンジー…

また面白い「こじつけソング」を思い出したら紹介しますね♪

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年1月24日 (日) 20時53分

やさしく問いかける、金のありか~♪(笑)
ヌクヌクは、この歌結構好きですね。

そうそう、スパロボαはやりましたね。

最初は龍虎王を次からはヒュッケバインMk-3を使っていました。
一番メインで活躍してくれたのは、やはりマジンガーZ(強化型)です。必中をかけた甲児くんを雑魚の真ん中に放置!
反撃でボコボコと倒してくれました。

投稿: ヌクヌク | 2010年1月25日 (月) 22時00分

ヌクヌクさん

私は龍虎王、マジンカイザー、コンVがメインでしたね。
ビルバインにショウ・ザマとベル・アールを乗せて使ってました。
チャムの声がうるさかったので(^^ゞ

チャム「いっけえぇぇ!ハイパーオーラ斬りだあぁぁっ!」
ショウ「耳元で怒鳴るな!」
花桜瑠「ゲーム中に怒鳴るな!」

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年1月25日 (月) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平和の戦士たち:

« どこだっ!どこだっ!どこだっ! | トップページ | かたどり »