« 【ペールゼン・ファイルズ公開一周年記念】お蔵だしその2 | トップページ | 歯医者に行きます »

訃報:ブリ・キデーラ死去

装甲騎兵ボトムズ、アッセンブルEX-10の凄腕死天王の一人、ブリ・キデーラを演じた郷里大輔氏、ご逝去

Photo



その日のメシにありつくために引き金を引く者。理想のために戦う者。
粗野な男でしたが、あなた…いえ、アンタにはキリコと違った頼もしさがありました。

「一蓮托生」
「お睦まじいこって」
などの地球人特有のボキャブラリィを異星系のアンタから教わりました。

「ネコババしよってのか?」
子供社会でもネコババという言葉を使っていましたが、アンタが使うととても重たく、子供の悪戯を咎めるときのフレーズとは桁違いの重さがありました。

劇中のアンタは27年前に独りよがりな「選ばれた戦士」によって落命させられていたんですよね。

でも、ご負担だったかもしれませんが、ヒーローや、ヒーローを支える人間には、長生きして欲しいと思うのがファン心理なんです。

アンタの死因について、憶測が飛び交っています。
豪放磊落なアンタとはいえ、人に言えない、心の不発弾に悩まされたんでしょう。

今夜は「たのまれグッバイ」でも聴きながら、ゆっくり休んでください。

Bottoms11




(アンタのマシーンはどれ…ですか?)


キデーラ「キリコ、無事か?」
キリコ「ああ、だが郷里さんが亡くなった」
キデーラ「なんと!俺の声がもう聞けねぇとぉ?」

ご冥福をお祈り申し上げます。

合掌

|

« 【ペールゼン・ファイルズ公開一周年記念】お蔵だしその2 | トップページ | 歯医者に行きます »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

装甲騎兵ボトムズ」カテゴリの記事

コメント

残念です。何があったのか知ることもないでしょうが……非常におしい……ご冥福をお祈りしたいと思います。

投稿: 朱鷺 | 2010年1月18日 (月) 21時01分

「わしが男塾塾長、江田島平八である!」

宇宙空間を褌一丁で「泳ぎ渡り」、生身で大気圏突入に耐える超人も、亡くなられました。

合掌。

投稿: ヌクヌク | 2010年1月18日 (月) 21時26分

朱鷺さん

自殺は卑怯、とはよく言われることですが、あれは偽善者の自己満足。
詮索は控えますが、これでボトムズ系の同窓会が開催しづらくなりますね。
57歳…郷田さんと4コしか違わないじゃないですか!

ヒーローには長生きして欲しいですね。

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年1月18日 (月) 21時58分

ヌクヌクさん

塾長が亡くなり、藤堂も鬼髭も飛行帽も嘆いていることでしょう。

実は私、ドキュメンタリー番組とかニュース報道で流れる郷里さんの声を真似ることができます。

代理声優で、巡礼を終わらせてもいいかな?

訃報続きで、寒い時代ですね。

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年1月18日 (月) 22時01分

前回「またカキコしますね」と言ったあと、まさかその「また」がこのようなお話になるなぞ思ってもいませんでした。

ただただ悲しくて辛いです。郷里さんにはゆっくり休んでほしいです。

投稿: HOSHI | 2010年1月20日 (水) 23時20分

HOSHIさん

声も、演じたキャラ達のスケールも、大きな方でした。

若すぎるご逝去。ゆっくり休んでもらいたいですね。

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年1月21日 (木) 08時12分

郷里氏のご冥福をお祈り致します。


この前、TVかビデオか何かで、ベトナム戦争関連のものを見ました。皆さんは、ティック・クアン・ドック師という人をご存知でしょうか。

彼は、
1963年6月11日に、当時南ベトナムのゴ・ディン・ジエム政権が行っていた仏教徒に対する高圧的な政策に対して抗議するため、サイゴン(現・ホーチミン)のアメリカ大使館前で自らガソリンをかぶって焼身自殺した(Wikipediaより)。

現在の日本は、斜陽化しており、貧困や格差が拡大し、将来への不安も拡大しています。
今一度、人間の尊厳について、ベトナム戦争や現代の国際紛争などを鑑みて、ボトムズで是非表現して戴けないでしょうか。
ご一考くださればと思います。

投稿: bbb | 2010年1月30日 (土) 18時42分

bbbさん

コメント、ありがとうございます。
落合信彦さんの著書の中で、焼身自殺なさった方についての記述があったため、記憶しております。

現代の社会問題を ボトムズを介していかに表現していくのか。そこが大きなテーマになると思います。

ボトムズのヘビーユーザーとして、主人公キリコ・キュービィの存在を欠かすことは出来ません。
キリコのキャラクターを歪めることなく、メッセージ性を込めるという手法を 作り手の方たちがいつか体現してくれることを祈りたいと思います。

投稿: 八重花桜瑠 | 2010年1月30日 (土) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288502/33033593

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報:ブリ・キデーラ死去:

« 【ペールゼン・ファイルズ公開一周年記念】お蔵だしその2 | トップページ | 歯医者に行きます »