トップページ | そう、チョイ右!(ガンダム最終回)ではなくて… »

装甲騎兵ボトムズ「幻影編」

過日、「装甲騎兵ボトムズ」のOVA新作「幻影編」の情報が飛び込んで参りました。
2007年10月に発表されたOVAシリーズ「ペールゼンファイルズ」そして劇場公開された「ペールゼンファイルズ劇場版」に続き、ボトムズフリークにとっては嬉しい次第。

ボトムズの魅力の一つであった主人公を取り巻く「危険な仲間」、ゴウト、バニラ、ココナの三人組が登場するそうです。

で、

誰もが疑問に思うのですが、1996年のOVAシリーズ「赫奕たる異端」で主人公、キリコが覚醒したのは当該三名と分かれてコールドスリープカプセルに入ってから32年後のこと。

WEBの三人組をみると、どうしても32年が経過したとは思えなません。

そこで邪推してしまうのが「夢落ち」というパターン。

32年…というほどの時間が経過していない世界で、三人組が語り部となって物語を繋いでいくのでは?そしてところどころに主人公であるキリコが「回想(幻影)」として現れるとか…

「ボトムズ」という言葉が、アニメ作品がこうして語り継がれるのは嬉しいのですが、キリコやヒロインであるフィアナの扱いについては物議を醸し出すことが多いです。

完結編を謳っていますがあまり力まず、楽しい作品を送り出して欲しいと思います。

|

トップページ | そう、チョイ右!(ガンダム最終回)ではなくて… »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

装甲騎兵ボトムズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288502/31974147

この記事へのトラックバック一覧です: 装甲騎兵ボトムズ「幻影編」:

トップページ | そう、チョイ右!(ガンダム最終回)ではなくて… »