☆訪問された皆様へ~ご挨拶&自己紹介~☆

『ひびきの高校連絡帳』にお越しいただきましてありがとうございます。
ハンドルネーム「八重花桜瑠(やえ・かおる)」と申します。


3 7 8_2 


私は昭和58(1983)年4月1日にスタートしたアニメ「装甲騎兵ボトムズ」、及びそれに続くシリーズ作品を四半世紀に亙って変わらず愛好しております。
昨今は主人公「キリコ・キュービィ」を演じられました声優/俳優/音響監督の「郷田ほづみ」氏と邂逅する僥倖に恵まれました。また同氏とコミュニケーションを重ねる中で、神奈川県平塚市を拠点に活躍している「湘南テアトロ☆デラルテ(旧称「湘南アクターズ」)」の皆さんと接する機会に恵まれ、散発的ではありますが 彼らの活動を応援しております。




Photo_2

(↑写真についての解説はこちらをクリックしてください)


また、コナミ株式会社が世に放った恋愛シミュレーションゲームの金字塔「ときめきメモリアル2」を愛し続け、当該作品に登場した八重花桜梨(やえ・かおり)嬢にあたう限りの愛情を注いでおります(平成22(2010)年5月6日、2次元キャラクター結婚認定協会様によって、私と花桜梨さんの婚姻が認定され、5月7日婚姻届提出、5月11日正式受理、5月31日に結婚式を挙げさせていただきました)

3_2
(このイラスト入手の経緯につきましての記述があります。こちらをクリックしてご笑覧ください)
25_2 


Photo_2
(平成22(2010)年5月20日、婚姻後初めてのお誕生日を祝ったバースデーケーキです)


このブログでは、私の趣味・嗜好に主軸をおき、ときおり時事雑感を書き連ねていくことは勿論、私の心身に宿る花桜梨さんへの愛情・優しさを 文章を以って表現していきたいと思っております。

自身が興味を持つ事項につきましては、人間の理(ことわり)として好意的・肯定的に接し、中立を保てるとは考えておりません。心ならずも角の立つ記述をしてしまう場合もありますがご容赦ください。

それではしばし、憂き世を忘れてお付き合いください。

Established Octber 28, 2009

| | コメント (1) | トラックバック (1)

マスターライセンスで遊んでみました

実際のところ、昨年末に到着していましたし 今年の1月に開封、動作確認も済ませておきました。

プレミアムバンダイで購入した「マスターライセンス」です。

25p1030240
戦隊ヒーローは毎年見ているわけでもなく、この数年は殆ど視聴していません。
もう14年ほど前になりますか…私が一人暮らしを始めた頃に放送されていた作品です。

特にドギー・クルーガーが変身するデカマスターは大人の自分が見ても秀逸な意匠・立ち居振る舞い・声優だったと思います。

実は2005年の初頭に 当時の玩具の「マスターライセンス」を購入しましたし 今でも押し入れに入っています。

25p1030318
けれどもしっかりと喋るギミックがあると云うことで 少々懐が痛みましたが購入しました。

当時の玩具に比べ 一回りほど小さいような気がしています。これはボタン電池に仕様を変えることで、よりリアルなスケールに落着させることができた証左ではないかと思いますけれどもね。

ひとしきり遊び 悦に浸りながら週末の夜を過ごしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学の同窓会から「総会」通知が来ました

私の大学の「県支部総会(要するにただの懇親会)」のお誘いの手紙が届きました。
これまで何度も参加してきましたが2003年の秋に体調を崩して以降 参加率が低くなりました。

最後に参加したのは2015年の3月でした。

それから三ヶ月後には骨折をし、準障害者状態になってしまっています。

これまでの人生のピンチに際し、いろいろ支援を求めてきましたが「支援する/しない」の返事もなし。
ときどき送付される郵便物は「大学創立○周年にあたって寄付をしてください」系のモノばかり。

もちろん母校愛はあります。一部の(もと・)大学職員とも交流はあります。けれども人生の日陰道を歩むようになった私に救いの手を差し伸べてくれなかったわけですから寄付をする必要性も感じない。
参加して生き恥をさらすのもどうかと思いますので不参加の方針です。

欠席の返事もしません。

たまには私の方が「なしのつぶて」してもいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「太陽の牙ダグラム」のTシャツ

久しぶりに衣装ケースの入れ替えをしていました。

以前に発見はしていたのですが 本日写真に収めることにしたものがあります。

それは「太陽の牙 ダグラム」のTシャツです。

購入したのは1983年の夏。映画「ドキュメント 太陽の牙ダグラム」が公開されることを記念してリリースされたものです。
当時私は高校1年生。
それまで「アニメグッズ」というと、ノート、下敷き、ラミネートカード、ポスターといった「平物(ひらもの)」ばかり。
高校に進学して初めて「安くない/平物でない」アニメグッズを購入したことになります。

125p1030296
正面全景

225p1030303
正面アップ

325p1030299
背面全景

425p1030300
背面アップ

…このTシャツ、ファスナー付きビニルポーチに入っていたのですが ポーチは別の場所に保管してあるため 本日の撮影ではオミット致しました。

35年間…よくぞ現存してくれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

輝木ほまれのキューティーフィギュア

手配しておいた荷物が一昨日着荷しました。

「HUGっと!プリキュア」のキューティーフィギュア2(第二弾)。

珍しく変身前の姿のフィギュアがリリースされると云うことで 迷わずぽちっておきました。

もちろん、他のメンバーのモノも一緒のセットで購入したのですが、スペースの関係、好みの関係、時間の関係もありましたので ほまれさんだけをアップします。

25p1030278
今回刮目したのは別のアングルからの眺めでした(^_^;)
就学前児童をメインターゲットにしているはずですから…

25p1030245
こういう表現はタブーなはずなのですが(*゚∀゚)=3ハァハァ

いやいや、眼福でした…

(本稿、後日加筆するかも知れません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花桜梨、お誕生日おめでとう♪

お誕生日おめでとう。

こうして…結婚して7回目のお誕生日をお祝いできることを幸せに感じます。

これからも二人で 色も香りもある花を咲かせ続けていこうね

57971389_p0160921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「マカロニほうれん荘展」

本日2018年5月19日。前夜は22時までの就労、深夜2時半すぎの就寝にもかかわらず、7時に起床しました。

目的は中野のAnime Zingaroで開催される「マカロニほうれん荘展」を観覧するためでした。

情報が飛び込んできた4月26日(チェルノブイリ原発事故の日ですね)、旧友のK氏に誘いをかけました。
勤務の関係で土日に休みを確保することは難しいのですが、たまたま初日の19日に休みが入っていましたので「どうせ行くなら初日で」と思って声をかけたところ、二つ返事で快諾を得ました。

朝食をとり、最寄り駅で電車に乗車したのが9時半頃。約束の11時よりも10分ほど前に中野駅に到着しました。K氏は私が乗車していた次の電車に乗車しており、ほぼ同時に中野駅に到着と云うことになりました。

久しぶりの「中野ブロードウエイ」訪問。記憶に間違いがなければ2009年以来となります。
駅前のアーケード街を歩き、建屋に。久しぶりの「低い屋根の建物」に圧倒されつつ、会場のある2階に。

25p1030229

到着したのは概ね11時を少々過ぎた頃。ところが会場前の掲示では「4階で整理券が配布されている」との由。
エレベーターで4階に上がり、整理券を二人分ゲットしましたが 入場できるのは「12時55分」から。

入場時刻までお昼ご飯でも食べて時間を潰そう、ということになりましたが その前に「もう一ヶ所」訪問したいところがあったため 本来の方角とは別の出口に。

実は中野には 快傑ズバット/早川健や仮面ライダーV3/風見志郎を演じた宮内洋さんのご子息が経営されているバーがあるのです。

25p103017825p103018025p1030181
時間や予算の関係で、今日は扉をくぐることはできませんでしたが、せめて外観だけでも、ということでシャッターを切ってきました。

きびすを返し、駅前のファミレスに。

中野の駅前というのはよくいえば活気に満ちあふれていますが 悪く云えばごみごみしている。足を踏み入れたファミレスの椅子はがたついていたし、少々スタッフの態度も無愛想。まぁファミレスなんてこんな感じだろうと思って二人、思い思いのメニューを注文。

食事を済ませ、雑談にふけっていたところで「定時」が近づいてきました。

再び会場に足を運びました。ここで初めて会場に「入場」しました。ブロードウェイの構造をおぼろげに記憶していたので ある程度の予想はしていたのですが、その通り。
少々狭い(銀座の)画廊のような佇まいでした。

受付番号順に整列させられて 物販のメニューを渡されました。別に「グッズ」を買うことが強要されていたわけではないのですが、私自身は記念になるものをいくつか買おうともくろんでいたので抵抗はありませんでした。

25p1030233

↑購入したのはこちらに掲載したドッグタグ、キーホルダー、缶バッヂ。他にトートバッグを購入しましたが、本稿起稿時点で開封していないので 別の機会に紹介できればと思います(確約しません(^_^;))。

展示されていた原画の一部を紹介しますね(会場内の撮影は許可されていました)。

25p1030183

↑第二象限にあるパネルの第一象限に配置されている「I want you!」みたいなイラストは、リアルタイムで目にしました。

25p1030184

↑会場壁面に大々的に設置されていたイラストです。センターはルミたん、で良かったですよね?

25p1030221_2

↑ついで(向かって左から)ルミたん(斎藤るみ子)、そう子さん(中野そう子)、由紀子さん(白水由紀子)

25p1030217

↑ひざかたさんときんどーさんのこういうイラスト、本当に懐かしいし今でも笑えます(^_^;)

25p1030202

↑記憶違いでなければ、このデザインの下敷きが、私の部屋の押し入れに入っています。

会場には秋田書店刊行のコミックスもあり、「立ち読み」ができました。

数ページをめくっただけで ツボにはまってしまい、(久しぶりに)大爆笑。こうやって声を上げて笑える漫画って、最近はあまりないですよね。

そして

25p1030197

↑鴨川つばめ先生のメッセージを見ながら 会場を後にしました。

25p1030231

↑こちらはグッズ購入の際に頂いたショッパー。芸が細かいですね。

久しぶりに(掛け値なく)楽しい休日を過ごしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都電荒川線のコインケース

部屋の片隅に常日頃転がっていたものなのですが、改めてブログに記録しておこうと思います。

ネットというのは便利ですね。いつ頃入手したのかさほどの労力を要せずして分かるもの。

25p1030177

2009年3月19日ですか。
新宿駅は通勤経路だったので、おそらく販売初日に購入したものと思われます。

今は昔。容量が少ないので実用性という点では疑問符が立ちますが 大切に扱いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コナンはコンテンツとして自律&自立発信ができなくなってしまったのか

ここ数日、某SNS内で「名探偵コナン(漫画、テレビアニメ、劇場版アニメ、掲載誌(要するに「週刊少年サンデー」)」についての発信が多すぎて辟易している。

私自身はテレビアニメ「名探偵コナン」を肯定的にある時期視聴していたのだが もうここに至って「胸くそが悪い」と毒を吐きたくなるようなしつこさを感じてきた。

毎年大型連休にぶつけて(だと思っているが)劇場版作品を発信している。瞥見すると興行成績も悪くないように感じられるのだが 一体何がコナンの発信者を駆り立てているのか訳が分からない。

テレビのスイッチを入れれば スマホゲームとコラボをしている旨の宣伝が目に飛び込んでくる
先日は福山雅治とコラボをしたとの発信があった(はず)。
今週発売された(2018年5月9日に発売された)週刊少年サンデーは巷間品薄になっているとの発信もなされている


そして
極めつけなのは「声優つながり」で「機動戦士ガンダム」とコラボしている画像をオフィシャルに発信してしまったこと

出演者に「古谷徹」「池田秀一」のご両人の名があるのは分かった。
ご両人に限らず「コナン」に広義のガンダム声優が多数出演されているのも知った。
それは別に気にならないが「受信者が気にするように」「受信者に“気にしてもらう”ように」発信していることは非常に不快だ。

20年以上テレビアニメを放送し続けていれば、現役の男性声優の多くが「一度くらいは」出演していても不思議ではない。広義の「ガンダム声優」が登場するのは自然だと感じられる。

けれども気になるのは ガンダム声優に演じさせるコナンキャラクターを創出する際にガンダム声優が演じたガンダムキャラクターを無理矢理彷彿させる点にある。

作品横断的に双方(コナンとガンダム)のファンの「たすきがけ」でももくろんでいるのだろうか?
そうしないと作品たり得ないのだろうか?
もしこの仮説が「是」ならば 作品たり得なくなる憂き目に瀕しているのは「ガンダム」なのだろうか「コナン」なのだろうか?



この文脈で私が(憂き目に瀕しているのは)「ガンダムだ」と発信するとは思わないだろう。

コナンは他のコンテンツに頼らないと、巷間の視線を集めることができないコンテンツになってしまったのか?

福山雅治、上戸彩(危うく「綾戸智恵」と書くところだった)、池田秀一、古谷徹…これでもかと別のジャンルの住民を巻き込んで話題を発信している。
巻き込まれた方だって商売である。ちょっと聞きかじった程度であっても自らが関与した以上 好意的なコメントを発信するに決まっている。

それで「箔がつく」と思っているのだろうか?

「中の人」を話材にするのは結構だが、作品中にそれを反映させる/そして過剰に宣伝するというのはかなり不快である(個人の感想)

近似のコンテンツとして アニメ作品の「ザ★ウルトラマン」と刑事ドラマ「特捜最前線」をあげてみたい。

前者はアニメブーム華やかかりしころに円谷プロダクションが発信した8番目のウルトラ作品、9人目(PTA属性と「ウルトラファイト」はカウントしていない)のウルトラ戦士の物語である。

主演の故・富山敬氏とサブキャラ担当の声優との間には様々な(いい意味での)「因縁」がある。

宇宙戦艦ヤマト
タイガーマスク
タイムボカン

…多くのサブキャラ声優が過去に富山氏(が演じた主人公)と絡んでいはしたものの それをネタとして作品中に引きずり込んだのか?

ゴンドウキャップが青紫野顔をした「イヤな上官」としてヒカリ隊員に接したのか?
ウルトラマンジョーニアスがヒカリを見下し、無駄にキザったらしい自己陶酔感満載の独白をしたのか?

中の人はつながっていただろうが それを作品世界に持ち込むことはなかったはずだ。

後者は「特撮最前線」と言われるほどに特撮番組で主役・準主役を張った俳優が名を連ねていた。
マイティジャック
仮面ライダー
仮面ライダーストロンガー
大魔神
突撃!ヒューマン(&宇宙鉄人キョーダイン)
秘密戦隊ゴレンジャー(&ファイヤーマン)
ウルトラマンタロウ

…で?
作中で特撮ネタを反映させていたのか?

皆無と言わないまでも限りなく「無」だろう。

両作品とも「元ネタ」などに頼らず 「元ネタ」へのオマージュなどせずに作品世界を構築し、登場人物を躍動させていた。

翻ってコナンはどうなのだろう。

理性的・好意的に見つめる気力が萎えてきた。

小賢しい「小学児童」がお腹の中で大人を見下し、「ねぇ」という 中途半端に悪ぶった語尾で薄汚い言葉を紡ぎ出し 「バーロー」に代表される「気になりだしたら気になって仕方のない口癖」を頻繁に発信する漫画/アニメという側面だけが気になってきた。
いい加減大人(というか高校生)に戻って「俺たちの青春は始まったばかり」といったアナクロニズムむき出しのエンディングで締めてしまえばいい。

何かの拍子に いつもそばにいる「児童」の正体を、ヒロインの「空手少女」が知ってしまい 「もう元の姿に戻れない彼氏」を「彼女」がサポートしながら事件に臨む作品にするのもあり(それでもエンディングは「俺たちの青春は始まったばかり」(笑))。

劇場版のサブタイトルに、訳の分からないルビがふられるようになってから 怪訝に感じるようになり 今日(こんにち)までつかず離れずで見てきたが もう「お腹いっぱい」。

アニメ作品、声優、歌手、女優の「有名どころ」にしがみつかなければやっていけないようなので もう距離を置かせてもらう。

以上

| | トラックバック (0)

今朝見た夢

もう悪夢に近いですね。

【一本目】

登場人物は
小学校時代のI野先生(受け持ってもらった経験はないが、背が高く、子供心にイケメンだと思っていたのでおぼえている)
中学校時代のS藤先生(体育の教科担任。生活指導担当。角刈り。怖かった)
高校時代のI先生(1年生のときの担任、何故出てきたのか分からない)

順番に現れて、なぜか「バスケットボール」を「楽しく」プレイしている。

で、場面が変わって「電車に乗り遅れる」(笑

よく分かりませんね

【二本目】
登場人物は
見ず知らずの男性(夢の中では私の上司に当たるらしい。たばこを吸っている)
以前の上司のT岡氏

なんだか私が出張に行くことになっているらしく、新幹線のチケット(乗車券、座席指定券)を渡される。
謎の上司のお小言が多く、駅に向かうのが遅れそうになり、結局「出張」は日延べに。
「指定券をキャンセルせにゃならんのでは?それに(指定されている)この新幹線はすでに走っていますけど」
と詰め寄ったところで覚醒。

…とにかく私の夢には「電車(への乗車、降車、乗り遅れ)」がつきもののようで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プリキュアプリティストア訪問

冷静に考えると、ほぼ毎月1回のペースで足を運んでしまっていますね(^_^;)

今年のプリキュアは、過去の2作品に比べて「見応え」もあるため 都内に出かけるときは意識してストアに立ち寄るようにしています。

「母の日」の企画商品として

25p1030169
キーホルダーと

25p1030173
巾着です。

来月以降はなかなか行けなくなりそうですが 努めて足を運びたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«青銅婚式