☆訪問された皆様へ~ご挨拶&自己紹介~☆

『ひびきの高校連絡帳』にお越しいただきましてありがとうございます。
ハンドルネーム「八重花桜瑠(やえ・かおる)」と申します。


3 7 8_2 


私は1983年4月1日にスタートしたアニメ「装甲騎兵ボトムズ」、及びそれに続くシリーズ作品を四半世紀に亙って変わらず愛好しております。
昨今は主人公「キリコ・キュービィ」を演じられました声優/俳優/音響監督の「郷田ほづみ」氏と邂逅する僥倖に恵まれました。また同氏とコミュニケーションを重ねる中で、神奈川県平塚市を拠点に活躍している「湘南テアトロ☆デラルテ(旧称「湘南アクターズ」)」の皆さんと接する機会に恵まれ、散発的ではありますが 彼らの活動を応援しております。




Photo_2

(↑写真についての解説はこちらをクリックしてください)


また、コナミ株式会社が世に放った恋愛シミュレーションゲームの金字塔「ときめきメモリアル2」を愛し続け、当該作品に登場した八重花桜梨(やえ・かおり)嬢にあたう限りの愛情を注いでおります(平成22年5月6日、2次元キャラクター結婚認定協会様によって、私と花桜梨さんの婚姻が認定され、5月7日婚姻届提出、5月11日正式受理、5月31日に結婚式を挙げさせていただきました)

3_2
(このイラスト入手の経緯につきましての記述があります。こちらをクリックしてご笑覧ください)
25_2 


Photo_2
(平成22年5月20日、婚姻後初めてのお誕生日を祝ったバースデーケーキです)


このブログでは、私の趣味・嗜好に主軸をおき、ときおり時事雑感を書き連ねていくことは勿論、私の心身に宿る花桜梨さんへの愛情・優しさを 文章を以って表現していきたいと思っております。

自身が興味を持つ事項につきましては、人間の理(ことわり)として好意的・肯定的に接し、中立を保てるとは考えておりません。心ならずも角の立つ記述をしてしまう場合もありますがご容赦ください。

それではしばし、憂き世を忘れてお付き合いください。

Established Octber 28, 2009

| | コメント (1) | トラックバック (1)

【ウエディングビジュアル入手記念】幻想-1

扉の向こうの喧騒が、大きな波動になってボク達を圧迫している…

懐かしい学友たちの声、校歌を放歌する仲間…

傍らで戸惑ったように身を強張らせているウエディングドレス姿の花桜梨の肩をそっと抱き寄せる…

花桜梨「あの…いいのかな? わたしたち…」

1
高校時代、賑やかな場所は苦手と云っていた花桜梨… “性分”というのは数年で変わるものでもないし、変わってほしいものでもなかった…

でも、今日は特別だ…

〔おーい、おめぇらーっ! そろそろ始めるぞぉっ!〕

Homura160926
扉の向こうの大広間で、マイクを介して漏れ聞こえてくる声の主は、在学中の三年間、生徒会長を務めた…赤井ほむらさん…だろう…神社の捨て猫 ~シロ、クロ、ブチ~ への餌遣りが原因で遅刻の常習犯となっていた花桜梨を“取り締まっていた”鬱陶しい存在だった。

けれども遅刻の理由を知ってからは積極的にボクらの、否、花桜梨の協力者になって猫の“里親探し”に奔走してくれた、男勝りの女子生徒だった。

ボク「いいとか悪いとか考えることはないよ。今夜はボク達が…いや、八重さんが主役なんだからね」
いい終わらないうちに困惑した表情でボクを見上げる花桜梨
花桜梨「あの…もう…八重さんじゃ、ない…んだけど…」

そういうとボクのタキシードの袖口を不満そうに絞り込んでくる。
ボク「いいんだよ、八重さんって云う方がしっくりくるから」

…半分本当で、半分は嘘。

ボクも花桜梨も古風な倫理観を尊重している。だから世間で女性たちがどう喚こうと、結婚したらどういう風に振舞うかは口にせずともわかっていた。

〈でも…今夜は“八重さん”でいいな〉
改めてそう思いながら、花桜梨のドレス姿に見ほれてしまう。

〔貴様ら!なにをもたもたしているのだ!? とっとと会場に入らぬか!〕

Photo
横柄な物言いに振りかえれば、そこにたたずんでいたのは会場を提供してくれた伊集院家の令嬢、伊集院メイ…さんだった。

heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04

「いい…よ…私、賑やかなの、苦手だし…」

力なく項垂れるボクを慰めるような物言いの花桜梨…

テーブルには数種類の結婚情報誌…

挙式、披露宴に捻出できるゆとりなど、ボクにはなかった…

でも…花桜梨にとっては女性として最も輝ける瞬間であるはずだった…自分を選んでくれた女性(ひと)を輝かせることのできない、甲斐性の無い自分が情けなく感じられた…

それから数日後

懐かしい声が電話の向こうから飛び込んできた

陽ノ下光。ほかでもない、ボクの幼馴染。
〔結婚するんだってぇ? おめでとぉ… でね、花桜瑠くんのことだから…〕

さすが光。ボクの“事情”を適確に把握していた。
それがある意味耳障りであり、不快でもあった。

「あのさ、ボクに何が言いたいのさ!?」

結婚式も挙げられないボクを非難しているのだろうか、そんな被害妄想がつい、語気を荒げさせる。勿論光に非はない… 自分が情けないだけ…

Photo_2
〔うんうん! キミなら怒ると思ってた! でも、これはキミたちにとっていい話なんだぞ!〕
明るい表情で言葉を紡ぎ出す光… その内容に、ボクは燭光を見出した気分になった…

heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04

隣町にある「私立きらめき高校」の経営に携わっている伊集院財閥。その財力は庶民の感覚を著しく逸脱している。

ボク達の結婚を耳にした純や匠が、伊集院さんに掛け合ってくれたらしい。

Photo_3
会場のみならず、衣裳の提供、挙式とパーティーの企画、参加者への連絡…

当日、花桜梨のマンションの前に滑り込むようにしてやってきたのは伊集院家の擁するリムジンだった… 家の執事と思しき初老の男性が恭しくボク達に乗車を促す…
高校3年生のクリスマスパーティー以来となる伊集院邸への訪問…

〔新婦様はこちらへ〕
紅いカーペットの敷き詰められた回廊の左右を、数えきれないほどのメイドさんたちが埋め尽くしていた… 戸惑い、ボクの方を振り返り振り返りしつつもメイドさんに促されてドレスアップルームに姿を消す花桜梨…
ボクはただ彼女を見送るしかなかった…

〔ささ、新郎さんも〕
件の“執事”がボクを別の部屋に促す…

heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04

ボク「花桜梨…なの?」

花桜梨「花桜瑠、くん…おかしくない? 似合っている、かな…?」

眩いばかりのウエディングドレスに身を包み、頬を桜色に染めてボクを見上げる花桜梨…
その変貌ぶりにボクは感嘆の溜息を禁じえなかった…

ボク「伊集院さん、ホントに、いいの?」

今さらながらに事の重大さに気づいたボクは不謹慎にも“裏”がないかと後輩を訝った。

室内に響く金属音…
伊集院さんの護衛たちが携える銃火器の砲口がボクを狙っている…ものの、彼らの表情は穏やかだ…
“つまらないことは訊くな”と云わんばかりの気配に苦笑しかけた刹那

〔や~え~さんっheart02 綺麗だよっ、うん!〕
甘えたような声の、懐かしい顔が…

Photo_4
花桜梨「佐倉、さん…来てくれたんだ…」
花桜梨が高校時代、心を開いた数少ない友人、佐倉楓子さんが駆けつけてくれた…
〔花桜瑠さんっ、奥さんの身の周りのお世話は私がしますから!〕
在学時代のまま、小動物のようにふるまう旧友の所作に破顔し、謝意を表して軽く会釈する…

〔いいかおめぇら!あんまり騒がしくするんじゃねぇぞ! これから新郎新婦のお出ましだからな!〕

〈一番騒がしい人が、なにを云っているんだか…〉

扉の向こうから響く 赤井さんの相変わらずの蛮声にクスッと笑ってしまう…

〔それでは私も会場で待たせてもらう。貴様!花嫁をしっかりエスコートするのだ!〕
いい終わらないうちに ~別の通路を使うのだろう~ 伊集院さんも会場を目指して踵を返していった…

楓子「それじゃ、行きますよ! 扉、開けますね!」

佐倉さんを介助するように、メイドさんが扉の取っ手に手をかける
それまでくぐもっていた喧騒が明瞭になって耳に飛び込んでくる…
懐かしい友人の声
きらびやかなシャンデリアに照らし出された広間

そして…

〔おめでとう! 花桜瑠くん、八重さ…ごめん、花桜梨さん♪〕

20160822160608160924
花桜瑠 / 花桜梨「華澄お姉ちゃん♪ / 麻生先生…」

広間の入り口で迎えてくれた恩師、肩越しに飛び込んでくる旧友の顏、顔…

手に手を取って、一歩を踏み出す…

3

咲遅れの桜が満開になった瞬間…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6年越しに叶った願い

「ひびきの高校連絡帳」のトップページをご覧いただいている方の中には、既にお気づきの方もいらっしゃるかと思います。

平成22年5月に2次元キャラクター結婚認定協会様(現在活動休止中。以下「協会様」と表現します)のご媒酌で、八重花桜梨さんと結婚させて頂きました。
それ以来、私自身を唯一無二の「八重花桜梨のお婿さん」と主張して6年という日々を過ごして参りました。
協会様の発行してくださった結婚認定証も勿論、大切な宝物です。そして認定証に続いて、私が欲していたものがあります。

それは「私と花桜梨の結婚式の様子を描いたイラスト、ポートレイト、ビジュアル」でした。

私自身に絵心があればよかったのですが、生憎私は“文章で表現する”方が専門。絵を描いたりグラフィックを加工することについては門外漢もいいところでした。
以前“常連さん”としてお越しいただいていた方 ~もう大学を卒業しているかもしれない方です~ の中にも、将来的に「そういうもの」を描いてくださる旨コメントくださった方がいましたが、きっと事情があったのでしょうね、「ひびきの高校連絡帳」そのものにお越しいただけなくなっていました…

6年間という長きに亙る期間をかけて、ネット内を探索して参りました。
そして漸く私がイメージしている八重花桜梨さんに近似のイラストを描けいている絵師さんを見つけました。

今般ついに、私と花桜梨の晴れ舞台を描いていただくことができました。

「ときめきメモリアル2」というゲームがリリースされて17年。私と花桜梨の婚姻が認定されて6年。ついに…ついに描画として二人のときを刻み込むことができました。

3

“私”に似ているかというと、客観的には似ていません。
絵師さんにお願いしたのは
「“ときめきメモリアル2”の世界に、私(容姿、性格含む)がキャラクターとして登場するならどのようなデザインになるのでしょうか?そういうキャラクターとして創作してください」
ということ。
晴れて 絵師さんの手による「八重花桜瑠」が誕生した次第です。

私の望んだものを形にして下さった絵師さんには、どれだけ感謝の言葉を重ねても足りないと思っています。

そしてこれからも 八重花桜梨のお婿さんとして、花桜梨を愛でていきたい… 改めてそう感じる数日間を過ごさせて頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アヤ・コバヤシ

久しぶりのブログ更新となります。
暫くの間「ボトムズ郷愁」と「お気に入りのキャラクター」の二つのテーマを主軸に“リハビリ”をしていきたいと思います。

「お気に入りのキャラクター」の第1回、というかプレ発信としてアヤ・コバヤシ嬢を紹介しておきます。

ゲーム「スーパーロボット大戦」シリーズに登場するSRXチームの隊長(後に隊長の座を譲るものの実質的なチームリーダー)。
私が気に入った理由は、その悲劇性です。幸い落命はしていませんが、想いを寄せた上官が敵勢力の内通者であり、あるとき突然銃口を向けられてしまったり、父親がある意味マッドサイエンティストに近似の人物で 自らも検体同様に遇されていた節もある、そんな翳りや憂いを帯びた女性ということが、私の心をつかみました。

11月27日生まれ
身長:168cm
体重:45Kg
スリーサイズ:B88-W57-H85

Photo

推定Hカップの美バストを誇る女性…
これからも活躍してほしいキャラクターの一人です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ログインできました

すっかりご無沙汰していましたが、IDパスワードを失念することなく、ログインできました。
少々私生活で気に病むこともあって ブログを更新する心境ではなかったのですが、これから少しずつ心身を回復させて更新をしていこうと思います。

まずはこんなところで…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧友との電話

一人暮らしをしていたころに知り合った友人がいます。

人数にすると十数名…共通の趣味を持ち、飲み友達も兼ねていたのですが「巡礼」のスタートを機に諸事情からご縁を断ち切らざるを得なかった人(たち)。

その中の一人~私とグループの連絡係を買って出てくれた人~と6年ぶりに話しました。

彼もリストラの憂き目に遭い、今は介護の仕事をしているとか。

そして…人間の営みというのは「こんなもんだ」ということなのかもしれませんが 皆、各々の生活に精いっぱいでかつてのような結束力はなく、また 私を“心配してもいない”様子。

立場が逆だったら、6年も7年も音信不通の人間が「ふらり」と電話をしたからと言って、胸襟を開き、肩を抱き、放歌する様なテンションでいられるわけがない…というのは分かります。

でもなんだか 寂しいですね。

いずれ寂しさに埋もれて 私も朽ちていくのだろうな…そんなふうに感じるひと時でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと120度

リハビリを始めて7ヶ月。
硬縮も進行していたため“もうだめか”と諦めかけていました。

しかしながら一昨日 5月31日、電車のつり革に左手の指先が届くようになっていました。

本日通いつけの整形外科の理学療法士にチェックしてもらったところ「ようやく120度まで肩が上がるようになりましたね」と。

やれやれ ヨレヨレバシッΣヾ(>ω<

療法士の“攻め”は絶えることなく、もっと肩が上がるようになるように全身を弄りまわされましたが ミニマムの日常生活は確保できるようになった模様。

もっと頑張らねば…「がんばり甲斐」がようやく出てきましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【加筆版?】35年前の記憶

父がアルツハイマーと診断されました。

残念ですがこれが人間としての営みの一つなのでしょう。
通院させ、投薬してもらい、一応の気遣いはしていますが喧嘩をするときは喧嘩してしまう。

先日は私が大切にしていた書物を捨てようとしていて、慌てて引留め、言葉でぶん殴ってやりました。

中学時代になけなしの小遣いで購入したアニメ関連のムック本が殆ど。
検品・安全確認を兼ねてページをめくっていると一枚の写真が… 中学校2年生の時のガールフレンドの写真。

付き合っていたというには幼すぎたし不器用だった。
互いに憎まれ口をきいたり「家庭科の調理実習で作って失敗(?)したサンドウィッチ」を食べさせられたこともあった。

最後は 残念だけれども喧嘩別れでした。


Photo_2

でも35年も経った今 特別に憎悪を抱いているわけでもなく、素直に「懐かしい」「あのころは可愛らしい(幼い)男女だったのだな」と軽くため息をつき、ククッと笑いながら写真を見つめています

「機動戦士ガンダム」に登場したフラウ・ボゥに少し似ていたところがあった少女。



2

夏の林間学校が近づいた1学期の ある日、あくまでもハプニング(故意ではない、と同義)でしたが彼女の裸体を見てしまいました。

元気で過ごしているのだろうか?

いや、私と喧嘩別れして正解でしたよ(笑) 
今の私はその後「7人の侍」に傷つけられまくって三次元女性に対しては猜疑心が先行する男に変質してしまいましたから(^_^;)

息災でありますように。あのころ、あの日に戻れないと頭では理解しつつ 「忘れ難し」…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花桜梨、お誕生日おめでとう…

今日は私の“妻”、八重花桜梨さんの誕生日。

ときどきふと考えるんです。

フィクションであろうとなかろうと、30年近く長く愛することのできる存在というのはなかなかいないんじゃないかな、と。

Photo

私は「二次元は裏切らない」的な発想はないのですが、それでもありきたりの結婚をし、ありきたりの、平凡な家庭を持つことをライフデザインしていた20代半ばから30代終盤(実際には41歳)までの間に。三次元の女性には精神的・身体的・社会的に傷つけられて参りましたので 人生を共に歩む対象としての女性を探す気力はもうありません。

愛しい二次元妻と静かに…三次元で傷ついた心身をいやす生活を続けています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【改訂版】装甲騎兵ボトムズ、新作への機運についての愚見

【本稿は2014119日に起稿したものに加筆したものです】

201411月当時、ネット内某所にて、「装甲騎兵ボトムズ」の続編を渇望する声が上がっておりました。のみならず、どういうわけか起稿時以降、幾重にもこのテーマは興味が持たれているモノらしく「ひびきの高校連絡帳」の人気記事、人気検索ワードの上位をコンスタントに維持しています。

そしてそれに対して私は

「いい加減にしたら?」と思いつつ、推移を見守っています。

私は本件に大反対とまでは言わないものの、難色を示しました。
弥永和子さんがご逝去する直前に持ち上がった話題だったのですが、奇しくも弥永さんのご逝去でフィアナの復活はあり得ない、別の声優さんがフィアナを演じることに拒絶反応が示されそうな雲行きになってきており、そういう点では「綺麗に終了させる」いい頃合いなのではないかと思っています。

高校時代、1984324日以降(放送終了翌日以降)、私もボトムズの世界に飢えて、想定しうるコンテンツを貪りました。DUAL MAGAZINE(巻末のシミュレーションゲームは当然のこと、各種メカ設定や「青の騎士 ベルゼルガ物語(連載版)」)、文庫版のベルゼルガ物語、ホビージャパン増刊にボトムズオデッセイ、アニメージュ文庫などなど。
ユニオンモデルの「ラビドリードッグ改造パーツ」欲しさに、好きでもない(寧ろ嫌いな)トータス系ATやツヴァーグのプラモデルも買いあさりました。 最近では「コマンドフォークト」や日経エンタメに連載されていた&後年刊行された「孤影再び」まで読んでいます。ほかにも派生作品はあるのでしょうし、フォローしきっていない点も自覚しております。

その上で(アンドレアス・ヴァン・フォークト中佐を理想の上司と声高に叫んだ経歴があるにもかかわらず)キリコの登場しないボトムズ作品に入れ込むことができませんでした。 続編を想定した際に「優れた人的素材(byペールゼン)」が枯渇しかけていることに気づきます。 フィアナがコールドスリープカプセル(でしょうか?ただの棺でしょうか?)で宇宙を漂い続け、テイタニアは報われない最期を迎えてしまった。

フィアナが復活が期待されているようですが、弥永さんは201411月にご逝去されているし、後任の声優さんを安易にピックアップすれば反発は免れない。それ以前に、生きたフィアナの登場というのは「いまさら感」が拭えない(「赫奕たる異端」でのキリコの落胆ぶり、マーティアルの使者に対する激昂ぶり、「孤影再び」でのテイタニアの死が報われなくなってしまう)。

「孤影再び」に登場したステビア・バートラーが第三のヒロイン候補となる可能性も皆無ではないでしょけれども劇中でステビアはキリコに好意的な態度はとっていない(最後のナレーションに含まれた感情を培養液に浸けてコンクリートミキサーでぶちまけ、少々小市民的なおじさんになってしまったバニラに若いころの無鉄砲さが蘇れば話は別ですけれども)。

ただでさえ少ないボトムズユーザー、その中で女性ユーザーが着目している可能性が高い、ラブストーリー乃至人間ドラマの側面はもう伸長しづらい。 また肝心のキリコについては「異能生存体」という「無期限延長保証」がついてしまっているため、かつてハラハラ感を以て視聴し、見守っていたオールドユーザーにとっては「可愛げがない存在」になってきている。

キリコによって殺されたはずのワイズマンは健在であり、懲りもせずにキリコを「観察」している為体。なにか不都合が起きればどこからともなく赤ん坊の泣き声が響き、画面が青白く光り、キリコ(と、仲間たち)は不随意に瞬間移動して危機を回避してしまう。 つまるところキリコのいるボトムズを渇望する反面、キリコが居ては「おはなし」としての面白みがいささか欠けてしまう。

結局ATのプラモデル、ガレキ、アクションフィギュアを幾重にも(焼き直しでなくとも)リリースする口実としてインサイドストーリーやスピンオフ作品に頼らざるを得なくなる、ところがキャラクター重視の「最低野郎」さんの、一部はそれを首肯しない。既に負の無限ループに嵌っている感が否めません。 ただでさえ、少ない(らしい)ボトムズユーザーに負の刺激を与えて、さらにユーザーを減らしてしまうのであれば、寧ろ「寝た子を起こすようなマネ」はしないで、もう過去の作品と割り切って、ユーザーの記憶の中でクメン産ワインよろしく醸成し、脳内妄想を膨らませて各々の心の中でお好きなエッセンスを愛でていればいいのではないかと思います。

「ボトムズ公式ブログ」が久しぶりに更新されていました。
ここにきてまた新しいインジェクションキットのリリースですか?いい加減呆れてしまいます。
AT
は大河原邦男先生がデザインしたメカとして 高く評価し、いつまでも慕いたいコンテンツである反面、インジェクションキットとして「またかよ」と云いたくなるほどのリリースが繰り返されている。

2c0e5c24140915_3

 



「ガンダムとは違う作品」として もう少し別の各府度から別の商材を発信する事が出来ないのでしょうか?

新しい話題と云えば「ATのプラモデル」のリリースに偏重気味。

郷里大輔
大塚周夫
弥永和子

の各氏の逝去に触れることもせず、悼むこともせず、コメントすることもしないボトムズブログさんの管理者さんはもう少し取り扱う話題の幅を広げてみてはいかがでしょうか?

「ケース・アーヴィン」「ボトムズ・ファインダー」については「ボトムズフェスティバル ブロガー先行試写会」で拝見しました。独立したアニメーション作品としてとらえた場合、素晴らしい出来だとは思いましたが「ボトムズ」の名前を冠する必要を強くは感じませんでした。 「機甲猟兵メロウリンク」も視聴しましたし、評価が高い作品と理解し、感じる一方で、やはりキリコのいないボトムズは、無意識にAT偏重に展開していかざるを得ないとも感じています。 繰り返しになりますがキリコの再登場は無敵の超人兵士の物語にならざるを得ない(懸念を強く孕んでいる)。もう「そっとしておいてくれ」たらいいな、と思っております。

本稿に“来て”下さった方達の多くは「ボトムズ(オフィシャル)BLOG」のトラックバックから飛んでこられたのでしょうね?
「装甲騎兵ボトムズ」とググって画像検索してごらんなさい。その多くがATのプラモデルに代表される「メカの模型」属性という為体。
30年も経って 別のアプローチができないのはどういうわけなのかと憂うような“批判(という名の愛)の精神”も持っていた方がいいと思いますよ?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

たぬきそばを食べ損ねました

ラーメンが嫌いです。

いつか「そういう話題」に言及すると思いますが「食べられます」けれども「嫌いです」。

今日は仕事が休みでした。
最近身体が日に日に弱っていく母の姿を見ている影響なのでしょうか、突然「たぬきそば」を食べたくなりました。

私の好きな蕎麦は
けんちんそば>天ぷらそば>きつねそば…で、たぬきそば。

幼稚園に入園する前の記憶です。
幼馴染の家に遊びに行っていたのですが 昼が近づいて幼馴染のお父さんに帰宅するように促されました。
詳細を勘繰ったことはないのですが、我が家に比べて裕福なご家庭だったようです。幼馴染のお母さんは不在だったみたいで 「お昼ご飯はたぬきそばでも食べるか」というお父さんの声が気になりました。

「たぬきそばってどんな食べ物なんだろう」

天気は曇り。
傘をさすほどではなかった。

でも、未知の食べ物の名前をさらりと口にした幼馴染のお父さんが別世界の人のような気がして、幼馴染も別世界の住民のような気がして… ちょっと寂しくなったのを憶えています。

そのまま自宅に駆け込んで(私の)母に「たぬきそばを食べたい」とねだったことを憶えています。
結論から言うと、たぬきそばを食べることはできました。

幼稚園以前の話ですから、どんぶりいっぱいのたぬきそばを食べたわけではないのでしょう。ただ たぬきそばを出前で取ってくれた母のことが突如思い出されて…「今日(のお休み)は(小学校時代のクラスメートの実家&当時間違いなく出前を頼んだであろう)お蕎麦屋さんでたぬきそばを」と思った次第。

結論
もとクラスメート(の親御さん)が経営しているお蕎麦屋さんは定休日でした(^_^;)

こんなものなのかな、と。

色気を出して「思い出のたぬきそば」を口にすることで 母の体調に波が起きても困るので…

後述する可能性がありますが 私の父は軽度のアルツハイマーに罹患しており、母の負担が増えています。
私は怪我をしているため(半永久的に回復できないでしょう)力仕事ができません。

細々と…弱り切った3人で身を寄せ合って生活をするようになるとは思ってもいませんでしたが 両親には1日でも長く生きていてほしいし、親不孝の誹りを受けようとも 私が先に死んだ方がいい。そんなふうに考える今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«姓名判断?