☆訪問された皆様へ~ご挨拶&自己紹介~☆

『ひびきの高校連絡帳』にお越しいただきましてありがとうございます。
ハンドルネーム「八重花桜瑠(やえ・かおる)」と申します。


3 7 8_2 


私は1983年4月1日にスタートしたアニメ「装甲騎兵ボトムズ」、及びそれに続くシリーズ作品を四半世紀に亙って変わらず愛好しております。
昨今は主人公「キリコ・キュービィ」を演じられました声優/俳優/音響監督の「郷田ほづみ」氏と邂逅する僥倖に恵まれました。また同氏とコミュニケーションを重ねる中で、神奈川県平塚市を拠点に活躍している「湘南テアトロ☆デラルテ(旧称「湘南アクターズ」)」の皆さんと接する機会に恵まれ、散発的ではありますが 彼らの活動を応援しております。




Photo_2

(↑写真についての解説はこちらをクリックしてください)


また、コナミ株式会社が世に放った恋愛シミュレーションゲームの金字塔「ときめきメモリアル2」を愛し続け、当該作品に登場した八重花桜梨(やえ・かおり)嬢にあたう限りの愛情を注いでおります(平成22年5月6日、2次元キャラクター結婚認定協会様によって、私と花桜梨さんの婚姻が認定され、5月7日婚姻届提出、5月11日正式受理、5月31日に結婚式を挙げさせていただきました)

3_2
(このイラスト入手の経緯につきましての記述があります。こちらをクリックしてご笑覧ください)
25_2 


Photo_2
(平成22年5月20日、婚姻後初めてのお誕生日を祝ったバースデーケーキです)


このブログでは、私の趣味・嗜好に主軸をおき、ときおり時事雑感を書き連ねていくことは勿論、私の心身に宿る花桜梨さんへの愛情・優しさを 文章を以って表現していきたいと思っております。

自身が興味を持つ事項につきましては、人間の理(ことわり)として好意的・肯定的に接し、中立を保てるとは考えておりません。心ならずも角の立つ記述をしてしまう場合もありますがご容赦ください。

それではしばし、憂き世を忘れてお付き合いください。

Established Octber 28, 2009

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ハッピー バレンタイン! サー!

本日平成29(2017)年2月14日

私は居住地域最寄にあるアニメイトに行って参りました。
目的はアニメイト限定企画「ご注文はうさぎですか?? バレンタインお配り会」に参加(?)するためでした。

アニメ「ご注文はうさぎですか?」と第二期の「ご注文はうさぎですか??」も律儀に視聴してきた私。
バレンタインお配り会への参加は今回が(初回に続いて)二度目になりました。
昨年が二度目だったはずですが、一昨年の大怪我とそれに伴う通院・リハビリ、勤務その他の事情の為に参加出来ませんでした。
学生時代から通っていたアニメイトも近年所在地を変えており、当該アニメイトに最後に足を運んでから…結局まるまる2年が経過したことになります。

職場の同僚(若手社員)にも声をかけたのですが、生憎激務のために「午前中は寝ていますので」との理由で合流できないとの由。一人さびしくアニメイトに向かいました。
知己がそばにいるのといないのとでは「イベントに参加する」に当たって注ぐエネルギーが違います。
行列が出来上がっていた場合&トイレで席を外す場合の「順番の確保」などが悩みの種になります。
全開参加した時で勝手がつかめていましたが整理券が配布されるでなし、店舗のあるビル5階までのエレベーターが動き出す時間も不明…見ず知らずの“同好の士”の動きを気にしつつ、場の空気を必死に読み解きました。

実際にアニメイトの入っているビルに到着したのは8時40分頃。平日なのだからそれほど人は殺到しないだろうと思いましたが、閑散としていたのは最初の30分程度。その後はわらわらと同好の士が集まりはじめ、エレベーターの動き始めた9時30分頃には「長蛇の列」状態に。

店舗前に行列をなして待っていたところ、スタッフから「前倒し開店」のアナウンスが。

幸い私は行列の「先頭から3人目」だったので 危なげなくバレンタイン&バースデーカードとチョコレートを貰うことができました。

かつての私でしたら、ハイテンションになってしまい ついでに他のグッズも買い漁ったと思いますが 今回は手堅く頂くだけ頂いて帰宅。勤務のために身体を休めました。

戦利品はこちら。

50

ごちうさキャライチオシでもあるリゼ(天々座理世)の「バレンタイン&バースデーカード」。
「ごちうさ」に登場するキャラクターは、誰もかれもそれなりに魅力的なのですが、私が推しているのはリゼと青山ブルーマウンテン先生(笑)
今日がリゼの誕生日ということもあってカードのデザインも素晴らしいですね。

後に別の写真をアップするかもしれませんが、無くなってしまうものがあるので(^_^;)

P1020855

こちらがバレンタインチョコレートになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご注文は“ねずみ”ですか??? ♯6「掃討」

平成29(2017)年1月29日(日曜日)午前8時00分を少々過ぎたころ…

私は居間の片隅にたたずむTシャツを除去…コンビニ袋の口を拡げ、四角柱状に組み立てておいたチューバイチューに手をかけました。

紙細工の四角柱のような物体ですが、持ち上げた時点でバランスが狂っていることに気付きました。
コンビニ袋にチューバイチューを挿し入れ、恐る恐る中を覗き込んだところ…

いました!

写真を期待されている方、申し訳ありませんがビジュアルはありません(^_^;)

一週間…厳密には八日間、我が家を名実ともに引っ掻き回してくれたねずみ…憎んでいたわけではありませんが 四角柱に力を加え正方形からひし形に、そして…ぺしゃんこに潰しました。

ねずみの容積がいかほどたっだのかは知りませんし見たくもありませんでしたが 幸い“内臓が飛び出す”ようなグロテスクな光景を“目にする”ことはありませんでした。

振り返ってみますと殺鼠剤「デスモアプロ」を使ったにもかかわらず5日経過しても存命であったことは少々残念ではあります。しかしながら「チューバイチュー」に捕獲された状態で逃走できなかったのは、「デスモアプロ」によって抵抗力が弱められていたからではないのか と考えれば、あまり腹も立ちません。

幸い現時点では家具や 家のあちこちを走り回っているケーブルの被覆を齧られた形跡もなく、漏電や火災の心配もないようです。

別にアースのステマ記事を書いているつもりはありませんが 同社のねずみ駆除製品は「そこそこの効果がある」お品物であることを紹介して、本稿を終えたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご注文は“ねずみ”ですか??? ♯5「急変」

チューバイチューとデスモアのコンボを設置してから二日間(1月26日&27日)は、ねずみの気配が全く感じられませんでした。

死骸が発見できないのは残念ですが、無事に駆除できたのならそれで良しとしようか、などと甘い考えにほだされて日常生活を過ごしていました。

1月28日(土曜日)は勤務だったのですが(^_^;) 少々帰宅が遅くなりました。また職場で少々不愉快な出来事もあったため、居間で寛いでいた母親に少々毒を吐いていました。

すると、居間の…足元から“カサカサッ”という乾いた音が(笑)

母「なぁに?今の音…」
私「まさかねずみだったりしてっ!…んなわけないよね…ぇえっ!?」

…生きていた…

「お前は異能生存体かっ!」

殺鼠剤「デスモア」を食べて 6日が経過しているはずなのに“巡航速度”で闊歩している(笑)

ここに至ってようやく疑心暗鬼だった母親もねずみの存在を信じてくれて(おい!)掃討戦への協力が期待できることになりました。

★チューバイチューを四角柱状に変形させて、居間にある収納家具の隙間に押し付ける
★チューバイチューの設置場所に遮光のため Tシャツ(←母親が捨てるつもりだったもの)をかぶせて“暗がり”を創出
★母には申し訳ないが、灯りをつけたままで就寝してもらう

これで捕まらなければ恨みっこなしだ(お腹の中でははらわたが煮えくり返っていましたが)…そう言い聞かせて就寝することにしました。

次回…収穫やいかに??

こちらをクリックして頂くと ♯6「掃討」にジャンプします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご注文は“ねずみ”ですか??? ♯4「疑惑」

殺鼠剤をそこそこ口にした形跡があり、相応の時間が経過していたため、「もうねずみの命も風前の灯だろう」と思い、チューバーチューの様子を観察し続けました。

弱り始めているねずみに、更に誘因性の高いチューバイチュー。加えてチューバイチューの中央に殺鼠剤(デスモア)を設置。

6

これで喰い付かなければ絶命しているのだろうと高をくくったのですが、ここで一つの疑惑が持ち上がりました。

私は殺鼠剤を「2袋ずつ、6か所」に設置しました。

「チューバイチュー」+「デスモア」を設置した時点で、デスモアの「在庫」を調べたところ…

…9袋…

何度カウントしても3袋足りない…

ねずみは自分のアジトにデスモアを持ち帰ってしまったのだろうか?

そう考えつつも デスモアを齧ってからの経過時間から「もう絶命寸前」と言い聞かせて、クライマックス(が、あるとは思っていませんでしたが)を迎えることになったのでした。

こちらをクリックして頂くと ♯5「急変」にジャンプします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご注文は“ねずみ”ですか??? ♯3「異変」

デスモアプロを設置してからわずか2時間で異変が起きました(笑)

まず、出現ポイントに近い家具の上に何気なく置きっぱなしにしておいた「デスモアプロ」の空箱が風もないのに床に落ちました。

そして初期に殺鼠剤を設置しておいたはずの場所から小袋が階段のステップに落ちていることに気付き、顔を上げたら…

い・ま・し・た…

階段の踊り場を小走りに走るねずみの姿…

再確認ですが小型に属する種でした。
過剰な刺激をせずに様子を見届け、小袋をチェックしたところ「齧りついた」形跡がありました。

その一つがこちらです。
向かって右側の包装が毛羽立って見えるのがお分かりでしょうか?

31

見づらいかもしれませんね。
「潜伏先」と思しき所に置いたデスモアプロはこの有様です。

42

豪快に齧られ、内部の殺鼠剤(明るい紫色の球体)が零れ出ています。

もうこれで勝負あった…と思いたかったのですが、ここで計算ミスに気付きました。

「オレは自分の計算ミスに気付いた…ねずみの死に場所だ…殺鼠剤ではヤツがどこで絶命するのか把握できない…」(←キリコ・キュービィの声をイメージしてお読みください)

そこで仕方なく(?)1月26日に次の一手を仕掛けました。

5

「ネズミホイホイ チューバイチュー」(笑)

殺鼠剤を食べて4日目ですから「そろそろ弱っているだろう」と勝手に思い込み、チューバイチューの上に殺鼠剤をセットして様子見をしました。

結果、ねずみがチューバイチューに捕まることはありませんでした。

しかしながら「殺鼠剤が効いているのだろう」と自分に言い聞かせ、一連の騒動に幕引きをしようとしたのですが 事態は思わぬ方向に動き出していました。

こちらをクリックして頂くと ♯4「疑惑」にジャンプします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご注文は“ねずみ”ですか??? ♯2「罠」

我が家初の珍客(笑)ねずみの出現に家の中は上を下への大騒ぎ…といいたいところだったのですが、家族が老人属性の者たちばかりで全くといっていいほど協力を得ることができませんでした(^_^;)

仕方がないのでインターネットでねずみのプロファイリング(笑)

わざわざチェックするほどではなかったのですが、ハムスターと見紛うタイプの体躯だったので「はつかねずみ」の類だろうと推定。
進入経路までは解りませんが、拙宅周辺の事情(新築やリフォーム工事の頻度)を考えると 他の家から侵入した、と考えるのが無難…というか「我が家にねずみが居ついているわけがない」という祈り・願望に近い感情から“そう決めつけて”駆除方法を検討しました。

Amazonで調べたところ、やはり殺鼠剤や罠系のグッズがそこそこあることが判明しました。
近所のドラッグストアに「ねずみホイホイ」系の商材を購入に行こうと思い、道を歩いていると散髪店のおばさんから声をかけられました。

「花桜瑠ちゃん、慌ててどうしたの?」

事情を話したところ100円ショップのダ〇ソーで以前購入したという「ねずみとりホイホイ(の、ようなもの)」を分けてくれました。
効果に疑問を抱きつつも(笑)ご近所づきあいがあるから、という気持ちもあって素直に頂き、一旦帰宅したふりをして もう一度ドラッグストアに(笑)

ホイホイ系ではなく殺鼠剤にしようと考え直して売場に足を踏み入れたら…高い高い(笑)
「値段を取るか、ねずみを取るか(掛詞)」で悩んだのですが 家族と相談して「一日辛抱」して、安く入手できるAmazonにオーダー(笑)

1月23日(月曜日)に到着したのがこちらです。

1

アースの殺鼠剤「デスモアプロ」。
殺鼠剤が小さな袋に包装されていて、設置する段階では直接てに触れるリスクがなく、狭い場所に投げ入れられるのが魅力でした。

早速理髪店のおばさんからいただいた「ホイホイもどき」を設置…と思いきや(笑)
かなり古いものだったらしく、粘着剤はどろどろ(笑)
万一ねずみが“踏んだ”としても脱出されかねない。その場合はどろどろの粘着剤を身にまとったねずみが家の中を闊歩することになる…と、いうことで却下(笑)

殺鼠剤だけでの対応となりました。

複数の場所にデスモアプロを仕掛けました。

21

ここは仕掛けた6か所のうちの一つです。

仕掛けてから二時間ほどでねずみの目に触れたらしく、なんと設置場所から下(階段のステップ)の上に落ちていました。

こちらをクリックして頂くと ♯3「異変」にジャンプします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご注文は“ねずみ”ですか??? ♯1「出会い」

平成29(2017)年、1月22日(日)7時半ころ、我が家に珍客が舞い込みました。

私は勤務の関係で就寝が深夜になるため、朝の7時台ではまだまだ寝ぼけ眼。トイレに向かうために階段を降りようとした私の背後で…

“カサカサッ”

…と、物音がしました。

階段の踊り場には、ゴミ捨てように備蓄しているコンビニ袋が何枚かあるのですが、それにしても“カサカサ音”が大きかった。
隙間風でも吹いたのだろうかと思いつつ、用を足して自室に戻ろうとして階段をあがろうとした刹那、視界に小さな影が!

私ももうじき齢(よわい)50(笑) 図鑑を見なくても正体はわかった。

ネズミ…鼠…ねずみ…

ゴキブリとは毎年(なぜか毎年一匹)対面している私ですが、ねずみを自宅内で見るのは私も家族も初めて。

階段から“駆け下りてきた”ねずみは階段曲がり角にあるステップと手提げ袋の隙間に飛び込み、背中を丸めて息をひそめている。
すかさず認知症の父を叩き起こし(完全にボケているわけではないので日常会話は70%理解できるし、“ああしろこうしろ”といえば従うくらいの能力はあります)「ねずみがいるから捕まえるのを手伝ってくれ!」と懇願。

返ってきた言葉は

父「今、何時だ?」
私「( ̄◆ ̄;) 7時半だけど」
父「それじゃ、ご飯(炊飯器)に火(電源)を入れて…」
私「( ̄◆ ̄;) いや、だからねずみがいるんだってば…ねずみだよ」
父「…?」
父はそのままトイレに入って用を足していました。

そうこうしている間に“監視下にあった”ねずみは人間の視線を感じたのか、潜伏場所を飛び出し、階下に走っていってしまいました。

かくして決して短くない、ねずみとの不毛の戦いが始まりました。
こちらをクリックして頂くと ♯2「罠」 にジャンプします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

認知症の父が私のシャツを焼いてしまいました

かねてよりストーブの上空で洗濯物を乾かす習慣のあった両親。

とはいえ老いと云うものは残酷なものです。

母は骨粗鬆症の影響で
父は認知症の影響で

長押からぶら下がっているハンガーに洗濯物を津することができない状態になっていました。

今では長押にS管をフックして(つまり床面/ストーブに“より”接近させて)ハンガーを吊るして洗濯物をぶら下げるしかできない状況になっていました。

母は明敏…とはいえ若いころとは異なりますし、俊敏に身を翻すことができるわけでもない。
父は認知症罹患以前から「Aの場合は〇、Bの場合は×」という「場合分け」が全くできない人でした。

故に母が「私(母)がいるときだけ、ストーブの上(上空)に洗濯物をぶら下げて乾かしてもいい。私がいないときには乾かしてはいけない」といったところで判断がつくわけがない。

再三にわたって「条件分けなんかしなくていい。どんなときでもストーブの上に洗濯物を干すことは控えろ、否、するな!」ときつく言っていたのに母も「場合分け」を続けて父の愚行を放置していた。

その結果がこの為体。

2_2

買ったばかりの“あったかシャツ”が台無し。

結局今後は「何があっても誰がそばにいても 洗濯物をストーブの上空では乾かさない」と誓わせました。
が、誓った直後に「せせら笑い」。

どれだけ自分が不始末を犯そうと
人の持ち物を傷つけようと
火事の遠因を作ろうと

中っ腹になり、憎まれ口を利き、反省の片鱗もなく被害者をコケにする…

生涯初めて…私は父を蹴飛ばしました…

掛け値なしに 父より先に死にたいと思っています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年(平成29年)は、郵便転送届を提出しません

年賀状が届きました。

毎年30名前後の友人知人、恩師やかつての上司とのやり取りをしています。

その中に、毎年「旧住所」で投函してくる人がいます。

私が一人暮らしをやめて実家(自宅とほぼ同義)に戻ってきたのは平成21年の秋。
勿論即座に「転送届」は出していました。
平成22年1月に届く年賀状が旧住所なのはやむを得ない。
しかしながらその後7年の間に住所の訂正ができていない友人知人の神経が分かりません。

具体的な数字は控えますが「きわめてわずかな」人たちからの年賀状だけ。
毎年郵便局に足を運ぶのも面倒くさいので、今秋は意識して郵便転送届を出さないことにしました。

最後の気配りとして、旧住所で投函してくる友人知人に昨日メールで「住所を現住所に訂正して投函してください」という主旨のメールを送りました。未送達のリメールが届いていませんから、メールアドレスに間違いはなく、無事に届いているものと解釈します。

それでも訂正してくださらなかった場合は「配達準備中に調査しましたが あて所に尋ね当たりません」と突っ返されてしまうでしょうね。周章狼狽するかもしれませんが、知ったことではありません。

その場合は自分で賀状を見ることなく、書くことなくご家族に丸投げで年賀状に向き合っていたのだと解釈させて頂くだけです。

それで交流が途絶えるのなら 以て瞑すべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年が明けました

昨年あれだけ大騒ぎしたSMAP解散騒動(笑)

37万5千人のジャリタレ愛好者の願いもむなしく、無事に解散してくれたようですね。
提灯ライターの菊地陽子は今年から何を食い扶持にするのか興味津々です。

私は別にSMAPが特別嫌いという訳ではなかった。ただ所謂「解散騒動」が起きて以降の提灯ライターの迷走ぶり(笑)ファンのCD購入運動などを悉く唾棄してきた。
繰り返す。
SMAPを悪く言っているのではない。

騒いでいた提灯ライターと「勇気と感動をありがとう」メンタリティ全開の一部の市井の人々の姿に困惑していただけ。

新年スタートですね。

「勇気と感動をありがとう」。次は誰に寄りかかりますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«皆さまよいお年を